【感想・ネタバレ】平将門と天慶の乱 のレビュー

値引き価格 748円 (税込) 2月20日まで
通常価格 935円 (税込)
3.8
5件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年07月02日

天命により一介の「兵(つわもの)」から「皇(おう)」となった将門。彼が「侍(武士)」の原型となったわけでなく、逆に朝廷の命を受け将門を討伐した「兵」が、その武功により「軍事貴族」である「侍(武士)」の時代を築くこととなる。辺境であった関東の乱が、その後の日本に「武士の誕生」と「皇室の永続」を運命づけ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月26日

将門について、これほどまで分かりやすく書かれた本を読んだことがない。その後の日本を決定付けた乱であったこと、そして、我が国における武士の成り立ちを理解できた。もしあの時、将門が京に赴き、弁明に成功していたら、ボタンのかけ違いがなければ、日本はどうなっていたか、想像せざるを得ない。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年02月11日

将門は蔭子だったのか (´・ω・`)
長屋王の時に蔭位は21歳自動的に官位が下されるやに書いてあった
一方、21歳以降時々の事情で下される場合もあるので長屋王の年齢比定の疑義を言う先生もいた
将門は21歳過ぎても無位無官、仕えたのは政界の有力者の藤原忠平なので条件は良い
故に931年父の良持(従四位...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月06日

平将門について、当時の状況を整理し、その乱の背景を分かりやすく整理しています。また、神田明神や首塚の伝説についても言及しています。
残念だったのは、先行研究についてあれこれ言及しているにも関わらず、自説については言って終わりになってしまっており、自説についての検討が全く行われていないので、説得力に欠...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月04日

皇室の永続を運命づけた日本史の転換点、いかに坂東を制し「新皇」として君臨したのか、という帯に釣られて読んでしまった。結局はこの一戦で皇室を守るのが武士という建て付けになってしまったとの論。彼がもっと長く治世していれば、良いか悪いか分からないけど、日本は違う形になっていたのかも。信長は将門の蒔いた種を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?