【感想・ネタバレ】暗く聖なる夜(上) のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年06月11日

マイクル・コナリー小説は素晴らしい。謎解きやサスペンスの筆はもちろん一流だが、もう、主人公ハリー・ボッシュが最高!この作品の最期でとっても泣ける出来事が起きます。
マイクル・コナリーのHBものはこの小説から読んでも大丈夫です。次作『エコー・パーク』は信じられない位の大傑作!!早くHB物の新作がよみた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月27日

“現代ハードボイルドの最高峰”というフレコミに納得。イントロ、プロセス、巧みな人物造形に主人公を取巻くジレンマと企み、冷静で非情なクライマックスを経ての心揺さぶられるラストまで、クールで隙のないプロットにただただ酔いしれた。

ミステリらしい視点から紐解く真相もよかったが、やはり特筆すべきは、事件...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

地道に一つ一つ調査する序盤から、尻上がりに話が盛り上がっていくスピード感は毎度ながら見事。FBIの横槍(というか、彼らから見ればボッシュが横槍を入れているのだろうが)と、それに絡むやりとりが読んでいて最高に楽しい。面白くて読み終わるまで止まらなかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

ハードボイルドの頂点に立つ、といっても過言ではないハリー・ボッシュシリーズ。私の中では主人公のボッシュは、歌手のスティングが本の中で語りかけています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月29日

ロス市警を退職して、私立探偵になったボッシュ。それでも事件が彼を離さないんですね。

上巻では、話のホンのさわり。解決編は、下巻に期待です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月09日

「夜より暗き闇」の後の「シティーオブボーン」を読まずに「暗く聖なる夜」に取り掛かったので、ボッシュがロサンジェルス市警を辞めて私立探偵になったことを知らず、戸惑った。
やはりシリーズものは順に読むべきと反省。

それでも、私立探偵となったボッシュの信条、「この世におけるわたしの使命は、バッジがあろう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年04月21日

前作の終わりが衝撃的だったので、
どうしたかと思っていたら、刑事を引退していたので、
ちょっとがっかり。
できれば、刑事を続けてほしかった。

でもバッジがなくても、相変わらずストーリー展開は面白くて、
懐かしいFBI捜査官リンデルが出てきたりして面白かった。
(下巻に続く)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月14日

「夜より暗き闇」の後に読みました。
「シティーオブボーン」が間に入るのね。
だいぶ前に。「シティー 」を読んだので、
忘れてしまったわ。今度読み直そうっと。
「夜より」が、なんとなく暗さを残した終わり方
だったので、これは、すごく、救われました。
へへ、やっぱり気になる、エレノアウィッシュ。
以下、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月07日

コナリーのシリーズ本の9作目。IN Pocket 2005年総合ランキング第1位、このミス2006年代2位という帯に惹かれて購入。しかし、最初からとっても読みやすく、ぐいぐい引き込まれる。上下巻を一気に読める。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

冒頭の文章「心に刻まれたものはけっして消えない。」に
わたしもまたやられてしまったのでした!
シリーズ9作目

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月14日

ボッシュのシリーズ9作目。
ロス市警を辞めて1年になるハリー・ボッシュが心残りのある事件を追って活躍します。
映画会社に勤めていた若い女性が殺された事件を捜査していた時、映画撮影の場で200万ドル強奪事件に遭遇、銃撃にも加わったボッシュ。
ところが強奪事件が大きすぎたために管轄が変わり、目撃したにも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

登場人物が次々と出てきて、沢山の事件が絡んでくるので、最初はかなりややこしいですが、まだまだ先がどうなるか分からないドキドキ感があります

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月09日

長い間積んでいた一冊。久し振りに読むと、ハリー・ボッシュは読み易い。上巻は長い前振りだな。引退警官がコールドケースを手がけるなんて、殆どファンタジーに思える。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月04日

初の"マイクル・コナリー"作品読み。

引退した元警察官が、過去に迷宮入りとなった気になる事件を掘り起こして調査を開始したところ、
テロに関わるかもしれないということでFBIから圧力がかかる流れ。

上巻を読み終えた時点で下巻を所持していないので購入せねば。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月13日

マイクル・コナリーは最初はなじめなかったけど、何作か読んできてだんだんおもしろいと感じるようになってきた。

事件の性質や展開は毎回似たようではあるけれど、ストレスなく読める。

■このミス2006海外2位

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

この本は、「このミステリーがすごい!」の2006年版の第2位で、さらに、エドガー賞にノミネートされているということで、おもしろいかな?と思って読んでみました。

エドガー賞といえば、桐野夏生さんが「OUT」でノミネートされて話題になりましたね。また「OUT」は、「このミステリーがすごい!」で1998...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?