【感想・ネタバレ】歴史・時代小説ファン必携 【絵解き】戦国武士の合戦心得 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年10月05日

何よりも文庫なのでおてがるで、そのくせ記述がしっかりしている一冊。資料として重宝します。こちらは侍側の記述で合戦時にどのように動いたかを絵つきで記述しているので読みやすくなっています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月13日

戦国時代の合戦の要素を、「刀」「合戦形式」「槍と弓」「大砲と火縄銃」「旗と太鼓」「斬首と切腹」「女武者と船上戦」などの章にわけて、マニアックな図解と一緒に解説した本。学校で習う日本史や時代劇の演出にも、ときどきツッコミが入る。

例えば、一般に銃はポルトガル人によって種子島を通じて日本に伝来された(...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月23日

刀・弓・槍などの武装に始まり、
古典組討ちの作法や、切腹や女武者など、
内容は浅く広くで雑多な印象だが、
とにかく読みやすくて、
途中でとりあげられている武将の逸話も面白い。良書。

読みクチはライトだがそんな中にも、
古代の戦の「洗練された精神世界」と「様式美」があった
ということを感じられる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

本文はわかりやすくあんまりつっこんでないけど、とにかく挿絵が素晴らしすぎる。暇があったら眺めてる本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

イラストが多く、読みやすい文章なのでとても判りやすい本。
組討の仕方、切腹の仕方、槍や刀での戦い方等々詳しく載ってます。面白かったのが槍の使い方で荷物運びや梯子はともかく、物干しに使われていたことに衝撃を受けました。それと素人の槍は突いて戦う武器ではなかったということにも驚きました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月21日

もし、戦(いくさ)に出陣する予定があるなら読んでおいた方がいいです。
戦は命がけ、時代劇でみる「わー」と叫んで、走っていく
その後、馬武者が突撃!
そんなイメージがあるかもしれませんが
実際はそんなもんじゃありません。
敵味方、双方、命がけです。
そんな息詰る状況が丁寧に解説されています。
挿絵もな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

戦国時代に詳しくなれる。例えば切腹にも一文字腹、十文字腹、南部腹など様々なやり方がある。こういった知識を合コンで使えば一目おかれることも間違いない。とても便利な本だと思う。

このレビューは参考になりましたか?