【感想・ネタバレ】ハプスブルク帝国 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年01月18日

『「ハプスブルク史には、手頃な通史がない」……一般の人々に伝わる形でもっと紹介する必要があるのではないか。』その著者の思いが結実した格別の一冊。ハプスブルクの始まりから君主国の成立、展開、君主国崩壊後のハプスブルク家の動向を現代に至るまで、その千年を最新の研究成果を反映して描く。政治史に留まらず社会...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月04日

 ハプスブルクの歴史はヨーロッパの特徴を実に分かりやすく示してくれる。特に中世から近代に至るまでの欧州のあり方を知る上では不可欠の知識であることが本書を読むことによって確認できた。
 多民族国家、多宗教他宗派、立場の異なる権力者たちの連合と敵対、それらに折り合いをつけるための巧妙なシステムとその制度...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月21日

これはおもしろい。ハプスブルク家というと、美術史に名を連ねるパトロンという拙い知識しかなかったが、1000年もの長きにわたって帝国を統治してきたヨーロッパ史そのもの。啓蒙主義や市民革命後もなお国家としてあるポジションを取り続け、世界大戦前後のナショナリズム、ソーシャリズムの台頭なるべくしての現状とも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年12月31日

ハプスブルク帝国の歴史について世界史を縦の切り口で切り取った本。国立西洋美術館で開催されているハプスブルク展に行く前に読んでおけばよかったと後悔。

分厚い本だが、流石ハプスブルク帝国。ヨーロッパの主要な出来事にほとんど関わっており、人名などを除けば専門的な知識なしでも読める内容になっている。
むし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月06日

20171128〜20180104 一千年以上に渡る一族の興亡を新書にまとめるのは大変な作業だったろうな、と感嘆します。自分もハプスブルク家と言うと華やかな女帝や王妃のイメージが強いのだけど、それだけではない本質を分析している好著だと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月25日

 ハプスブルク家に関する本は既に数多あり、そこに新たに切り込むには何らかの新奇性が必要なのだろう。本書にも「新たなハプスブルク家」像を描き出す様々な試みが散見される。例えば、王国の支配には中世ヨーロッパ封建制を支えた「諸身分」の支持が不可欠であったことを根拠に、当家が政略結婚で伸長した勢力であるとの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月21日

高校時代は日本史選択。
世界史の基礎が無いもんで知識を得ようと
”ローマ帝国”・”ハプスブルク家”といったような
新書本が本棚に何冊も・・・

・・・読まねばw

追記:読み終わりました。かなり読みやすかったのですが
如何せんハマダの世界史知識がなさ過ぎて辛いw

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月14日

気になっていたハプスブルク家について知っておこうと思い手に取った一冊。研究者が一般向けに書いた新書なので、多少堅い感じもしますが、それなりに読みやすかった。ハプスブルク家の1000年を通じて、馴染みの薄い中欧・西欧の歴史と地理が少し身近に感じられ、機会があれば訪問したい気分になります。高校時代、現代...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月25日

良いも悪いもない。ハプスブルク家の歴史を知る書物なので星3,。
学校の勉強ではわからなかった詳細がわかったことかよかった。

このレビューは参考になりましたか?