【感想・ネタバレ】イヤミス短篇集 のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年03月22日

真梨さんのイヤミスの短編集

短編集はあまり好きじゃない私ですが、真梨さんの短編集は好きです。
短くても長くても面白いってすごいなーと。
オチもちゃんとしててきちんとイヤミス(笑)
書き方が上手ですっかり騙され。

もちろん長編で読む方がドキドキが続いて面白いので早く読みたいです!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年11月06日

旅のお供として借りる。読んだことあるやつかと思ったけど違った。相変わらずのイヤミス。「いつまでも、仲良く。」の女友達同士の足の引っ張り合いはともかく、母が娘の足を引っ張るってのも毒親って感じでぞっとした。ダイエット問題は無意識にやってそうだけど。それが毒親なのだ。「小田原市ランタン町の惨劇」はあほす...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月20日

2017年、27冊目は、真梨幸子、初の短編集。その名もズバリ『イヤミス短編集』。

今回は各々、一言、レビューを……。

一九九九年の同窓会:ライト・イヤミス。「反省とか、懲りるとかないんかい」のツッコミ入れたくなる。愚鈍なモノが生み出し、狡猾なモノが搾取する。

いつまでも、仲良く。:ある程度、造...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月10日

タイトルどおりイヤミス短編6つ。
どれも面白かった。

「小田原市ランタン町の惨劇」すっかり騙された。

ちなみに「ばか」を「ぱか」など濁点と半濁点の入力ミスは「かな入力」の特徴なんだ。
私も「かな入力」なのでよく間違える。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月19日

イヤミス好き。いいわ〜。ヘヘヘ。
急に有名になったら親戚やらが増えるというけど、同級生も急に連絡してくるのね。そりゃそうか。
その他、人の不幸は蜜の味ってことかね、やはり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月10日

前に「プライベートフィクション」で読んだことのあるお話がいくつか。
はじめて読むお話がいくつか。
イヤミス・・・というよりも、グロ系のものもあって、そこは苦手だな。
真梨さん好きだけどね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月20日

真梨幸子らしいイヤミス6編を収録した短編集。いずれも、まるで計算されたかのような嫌な後味を残すミステリー短編ばかり。ハマるとやめられない。

『一九九九年の同窓会』『いつまでも、仲良く』『シークレットロマンス』『初恋』『小田原市ランタン町の悲劇』『ネイルアート』を収録。

『一九九九年の同窓会』。い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年05月02日

イヤミスばかりを集めた全6編の短篇集。

思ったよりも後味の悪いエグさは控えめでしたが、血なまぐさいグロい話も入っていたので苦手は方は注意。

印象に残った短編の感想をいくつか。

「小田原市ランタン町の惨劇」
ユタカの元を、別れた彼女の弁護士が訪ねて来る。
彼女は自宅でユタカとの子どもを産み、殺し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月11日

連作短編集。(2012年9月)ほかの連作短編集よりはちょっと落ちる。
収録作品:一九九九年の同窓会 / いつまでも、仲良く。 / シークレットロマンス / 初恋 / 小田原市ランタン町の惨劇 / ネイルアート

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月04日

あ~、真梨さん、面白かったわ~。イヤミスっていうよりサイコホラーな感じ。どれも秀作だったけど、ネイルアートが怖かった。金山さん、それは分からんでしょ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月02日

題名の通り、確かに嫌ーな気分になる短編集です。ミステリーというより、ホラーじみている作品も。ただどの主人公も元からどこか異常性を感じる人々で、残念ななオチも身から出た錆。元は常識的な人が壊れていく姿の方が怖さを感じると思います。最近女の業に関する話題が周囲にあったことから、「いつまでも、仲良く。」が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月11日

まあタイトルからして当然ですけど実にイヤミスだった。
一番やだったのはラストの育児サイトの「ネイルアート」かなあ…「小田原市ランタン町の惨劇」も嫌だけどイヤミス的な嫌さというよりは気持ち悪さが勝った。
「いつまでも、仲良く。」も予想はできるものの非常にいやでした。いやなことが分かっていてそのままそこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月28日

時々こんなイヤミスを読みたくなる。
かなりグロい系のイヤミスだ。
本当に読後感の悪さったらない。でも、また読みたくなるのだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月01日

後味の良いものだけが人生を形作るわけではない。
苦いこと、苦しいこと、悲しいことこそ人生の彩り、なのかもしれない。
だが、実際に自分がその当事者になるとしたら?
そんなのまっぴらごめん、そう思うのは人間皆が持つ当たり前のエゴイズム。
自分は嫌だけれど、他人が味わうなら、それは甘い蜜になる。
自らは手...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月27日

タイトルどおりのイヤミス短編集。
「ネイルアート」の、炎上している掲示板が実はたった2人の自演だったというのにゾッとした。本当にこういうことありそう。そして、自分の情報もこういう風に筒抜けなのかな?と思うとちょっと怖くなった。これはイヤミスというよりも、ホラーサスペンスものという感じ。
「いつまでも...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月16日

文字通り、真梨さんらしいイヤミスの短編集でした。真梨さんといえば、グロテスクな表現が多いのでそこが少し苦手ですが、他のイヤミス系よりも最後まで救われない感じがたまらず、今回の6篇も然りです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年02月07日

*小学生の頃のクラスメイトからかかってきた一本の電話。「覚えている?会おうって約束したこと」。その声から蘇る、憧れだった美少女の顔。それはノストラダムスが人類滅亡を予言した一九九九年七月の出来事だった(「一九九九年の同窓会」より)。他人の不幸は蜜の味。甘い六篇が詰まった著者初の短篇集*
イヤミスと言...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月27日

6作品が収録されたイヤミス短編集。身近にいたらイヤだなぁと思う人がたくさん出てくる。「いつまでも仲良く」は、友達、母親の「自分より幸せになるのは許さない」的なストリーでラストがみえるけど、やっぱり面白い。全体的にありがちなテーマの作品が多い印象ですが、ラストの「ネイルアート」だけはネットの世界がテー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?