【感想・ネタバレ】細胞の中の分子生物学 最新・生命科学入門 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年06月03日

【献本企画・レビュー】一般向けに高校生物の内容を噛み砕いた、分かりやすい記述に、著者自身の最新研究を加えた良本。初めの数章は高校生物の振り返りなので、生物履修者・医学系学部にとっては少し冗長かもしれない。生物未履修でも、この章を読めば高校生物の分子生物学分野はしっかり理解できる。

小胞体ストレスに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月22日

久々のブルーバックス。基礎的な内容を楽しみながら読めた。終盤の小胞体ストレス応答について先端分野の内容に触れることができとても満足!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年11月03日

第4章の頭、ミトコンドリアのATP生成辺りまでは高校生物の復習で懐かしく読み進んだ(とは言え、この30年で新規発見された内容ももちろんあり、隔世の感)。けど、話が小胞体に及ぶと、流石に著者の専門分野だけあって(小胞体ストレス応答の研究者)、がぜん熱を帯びる!でも説明が丁寧かつ分かりやすく、基礎知識が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月08日

最近ウイルスとかファージとかそこらへんを耳にするにつけ、いまいちよぅと解らん、、と思っていたのでとっかかりに良いかと読んでみました。が、存外懐かしい話も多くてうれしくなりました。ま、解りやすいが、私にはいまひとつ双手をあげて面白ーいとはおもえないがそれなりに楽しかった。専門外の話てほんま読むのに基礎...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月04日

献本企画により。

高校で生物を履修していないとちょっと読むのがたいへん。けれども履修者にとっては、「コラム」などでより詳しく解説してくれているためほどよく掘り下げて読める。テキストとして、すごくていねいに書かれている。

解説をしながら、この成果でだれそれがノーベル賞を受賞したという情報が逐一書か...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月14日

今まで読んだ中では、最もわかりやすい雰囲気だったが、それでも、生物学の基礎知識(高校レベル)が十分以上でなければ、読み通すのはキツイ。なんとかナーぜというのが多すぎて迷子になってしまいそう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月09日

物質から生命へ。遺伝子からゲノムへ。DNAからタンパク質へ。細胞から細胞内小器官へ。タンパク室の形成と分解。小胞体ストレス応答の発見と研究の最前線。

細胞の中の世界。すごい仕組みで出来ている、というのはぼんやりとながらわかりました。

このレビューは参考になりましたか?