【感想・ネタバレ】ひねくれ一茶 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年11月27日

雀や蛙のような小さな生き物を詠んだ親しみやすい俳句で知られる一方、親の遺産をめぐって争ったことや、「七つ下がりの雨は止まない」を地で行くようなヒヒ爺いぶりについてのエピソードで有名な小林一茶を主人公にした物語です。

一茶の人間くささが田辺聖子の筆によって生き生きと描き出されていて、おもしろく読めま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月14日

小林一茶の壮年期から晩年を描いた田辺聖子の力作。
壮年期との一茶と言えば、江戸俳壇で頭角を表し、上総・ 下総で
支援者を集めたころだが、次の飛躍のためにも経済的な基盤を
必要とした。彼には当てがあった。
亡父の遺産の半分は彼のものという遺書もある。
所が事は簡単には運ばない。
やっと一茶が遺産を相続...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月14日

1995年初版なのに、今風に入ってくるので、読みやすかったです。
「お話句集」みたいな感じで、読み進められて、気がついたら、私も日々を五七五にして俳人気分でした。
群馬もでてきたし、小林一茶が身近になりました。
面白かったです。
学生時代、もっとよく勉強したり、修学旅行も身をいれとけばよかったなぁ〜...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年06月26日

おもしろうて、やがてかなしき‥‥

これまでそれほど興味を示さなかったことに、ひょんなことからどうしても知りたくなったり、強い関心が惹き起こされる場合がときにあるものだ。
ひとつきほど前か、「これがまあ終の栖か雪五尺」と詠んだごとく、五十路になってから、義母や義弟とさんざ遺産相続で争った挙句、江戸か...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月25日

優しく語られる俳人、小林一茶の生涯。作中にも沢山俳句が出てくるけど、ひとりで20,000首も作ってるらしく圧巻。

このレビューは参考になりましたか?