【感想・ネタバレ】シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官 のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月13日

2020/1/11
また読みたいともったいないのせめぎ合いの本が来た。
このシリーズ大好き。
なので人に勧めたら虫が無理ですとのお答えが来て膝を打つ。
なるほど虫が無理な人がいるのか。
そして虫が無理な人には小説も無理な場合があるのね。
気付かなかった。
でももったいない。
この二人最高なのに。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月03日

法医昆虫捜査官シリーズ第2弾
今回は2センチにも満たないトンボがキーマン。
2つの舞台がどう繋がっていくのかなってワクワクしながら読めた。
法医昆虫学者の信念と刑事の執念が合わさり都会でおきた事件は山の奥へ。
話にグイグイ引き込まれてページをめくる手が止まらない。
このシリーズ好き。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月21日

虫、虫、虫‥‥ からこんなことが分かるの!! 驚きの連続。岩楯刑事タイプは好きですね。相棒の月縞や赤堀先生にかける言葉に優しさを感じます。クモが苦手なのはご愛敬ですね。前作も読みたくなりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月21日

シリーズ第2弾。待望の文庫化。シリーズ第1弾は噂通りの面白さで、待ちに待った文庫化である。

葛西のトランクルームから発見された女性の全裸腐乱死体。法医学昆虫学者の赤堀涼子は再びの捜査要請を受け、岩楯警部補と月縞巡査と共に事件の真相と犯人に迫る。

相変わらず赤堀と岩楯のキャラクターが光っている。ま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月29日

読み友さんがウジやらちょっと気持ち悪いけど…とおすすめくださり、母は1巻目途中でおもしろいんだけどちょっと気持ち悪いと現在停止中。虫は苦手だしどうしようかと思いながら母が1巻を持ってるので私は2巻から読むことに。確かに最初げっ!となるところはあったんですが、昆虫がこんなに法医学の世界で有益なものだと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月02日

腰を入れて、よし読むぞ。と読み始める。
やっぱり面白い。読者に犯人探しをさせるようなミステリーではないが、ドラマになったら面白い。絶対面白い。
腐乱死体から端を発する話だから、地上波は難しそうだけど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月11日

法医昆虫学捜査官シリーズ2作目。
虫が苦手だ。
当然生態系にも興味がなく、幼虫だろうが蛹だろうが嫌なものは嫌だ。
なのに、虫嫌いにとってはこの物語はかなり過激だ。
何しろ、いきなり赤堀は「お茶碗、なん杯分ぐらい?」とウジの数を聞くのだから。
優秀だけれど、こと虫に関しては変人の上をいくほどの変人・赤...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月26日

昆虫の生態はホントに面白い!

虫のメッセージには小細工も深読みもなく 真実と説得力がある。
翻弄されているのは人間。だから 人間であるのに虫側にいる赤星目線に ある種の憧れすら湧く。

にも関わらず 敏腕刑事モノに通じるカリスマ性をキャラで和らげ さらに読者をハラハラさせる行動もあり 続編も楽しま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月14日

法医昆虫学シリーズ第二段。
出来映えは、乱歩賞の一作目と変わっていない。進歩がないというより、維持できているという好意的な意味で。
ただし、本格ミステリというより、メイン人物たちのキャラクターと特異スキルで読ませる冒険小説の色合いが強い。
クライマックスが緊張感あるアクションものと化すのも、あんまり...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年09月09日

法医昆虫学捜査官シリーズ第2弾。

東京・葛西のトランクルームで女性の全裸腐乱死体が発見された。死体に群がる夥しい蠅と蛆。前作で事件解決に貢献し今回も捜査を依頼された法医昆虫学者・赤堀涼子は、捜索の過程で場違いな植物の種子を発見したことに着目し、コンテナ周辺にあるアリの巣を掘り返した結果、珍しい脱皮...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年04月24日

今回はちょっと伝奇ものっぽいノリがあって、最初はそこに良い意味で違和感を覚えて興味を惹かれました。ただ、読後の印象としては前作とあまり変わらない感じで……

やはりキャラクターは面白くて、特に今回岩楯の相棒となる月縞は前作の鰐川よりも個性的かつ印象的に感じられ、好印象。ただ、その登場以降はコレといっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

物足りない。。。。

Keicco 2017年03月22日

ミステリーとしては先が読めない展開がとても面白い

でも!
今回はロマンス的な事がなくて
残念。。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月01日

トランクルームから発見された腐乱死体。
現場に残された蠅とウジから、捜査本部は法医昆虫学者の赤堀涼子に捜査協力を仰ぎ、再び岩楯刑事は赤堀と共に事件の真相に迫る。

法医昆虫学捜査官シリーズ第二弾。
今回も冒頭から虫がうじゃうじゃ登場します。
昆虫たちの生態から真実へと徐々に近づいていくという話の流れ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?