【感想・ネタバレ】ブッダ 手塚治虫文庫全集(1) のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年07月10日

『ブッダ』。3000ページにも及ぶ、ブッダの一生を描いた長編。仏教に対する手塚治虫流の解釈が散りばめられ、「苦悩するひとりの弱い人間」としてのブッダが鮮やかに、かつ大胆に描かれています。仏教やブッダに対する思想入門書としても最適でしょう。僕にとっては、本書は人生訓としても成り立っています。

「い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年05月20日

『バラモン』

『浮浪児タッタ』

『ブダイ将軍』

『告知』

『チャプラ』

『王杯』

『生誕』

『技くらべ』

『秘薬を求めて』

『予言』

『裁きの日』

『死の壁』

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月09日

『ブッダ』第1巻

奴隷から武士へと上り詰めたチャプラ。
身分を超えられず、母とともに命を全うする。

動物と心を通わせることができるバリアの子タッタ。
兄と慕うチャプラを亡き者にしたコーサラ国へ復讐を誓う。

タッタとチャプラの母を見守り、歩んできたナラダッタ。
チャプラを助けたい一心から行ったこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月03日

人間がトコトンどん底まで苦しんで、あー、おいらはケダモノとおんなじだと思いこまなきゃだめだと思うな、と言えるような心の平穏を、幼くして手に入れているはずのタッタ。
戦火にも、飢えにあっても、逞しさと優しさの中で死ぬことなくあって、それでも生きてゆく限り、儘ならなさは斯くも残酷にひとつの生を絡め取る。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月23日

肝心のブッダは活躍しない。この巻では、おもにタッタや、その周辺の人物が登場する。ブッダが登場する以前の、階級差別に悩み苦しむインドの民衆の姿が多く描かれている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月14日

何気なく漫画喫茶に入って手にした一冊 やっぱり自分の環境から
この手のものに目がいくのか 

悟りを開くまでのシッダルダ王子の苦難 離別 葛藤が描かれていて
やはり悟りの境地には行かずとも人間はある程度苦難を経なければ
他者に対する本当の慈悲の心を持つことはできないのではないか と
考えてしまう 
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月12日

ブッダの一生を描いた手塚漫画。全14巻を読んだ。登場人物は多いが、最後はつながりが重なって、壮大なストーリーとなる。ブッダが悟りを開く過程はややわかりにくいが、話す内容は興味深い。今回は電子書籍で購入し、iPadで読んだが、目が疲れやすいように感じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月25日

聖おにいさんのブッダのことが知ろうと思って読み始めた。全8巻を読んで、ブッダの教えを知ることができた。
登場人物は創作が多いが、物語として面白かった。

このレビューは参考になりましたか?