【感想・ネタバレ】お供え のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年04月15日

どれも不穏な作品。どれも設定が似てるように思うのは同じ頃に書かれたものだからか。気に入ったのは『迷蕨』『門』『お供え』。『迷蕨』と『門』はどちらも死者と生者が同じ場所にいて時間と空間が歪められ閉じる。どこへも逃れられない。こうやって百年歩いている。階段はもう決してみつからないだろうということだけだっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?