【感想・ネタバレ】直感を裏切る数学 「思い込み」にだまされない数学的思考法 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年07月31日

「確率」は、よく人の直感を裏切るよなぁ。

内容は具体例もあり分かりやすく、酒場での小ネタにも使えそうでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月19日

最初の方の不景気時にあがる平均所得については騙されることはなかったが、それ以外は騙されまくった。
ベイズの定理が迷惑メールで使われている話、4色問題も面白かったが、一番直感を裏切られたのはやはり、モンティ・ホールの穴は面白かった。数学者すら騙されたこの問題。解説を聞いても最初はしっくり来なかったが、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月03日

数学の面白い部分を凝縮したような本で、確かにいろいろ裏切られました。最後の数ページはかなり概念的な話だったのですっ飛ばしましたが。

つい最近読んだ暗号化の本と全く同じエピソードが出てきてびっくり。著者は暗号化技術のエンジニアだったそうな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月28日

面白い。
こういう感じの本は確率を扱ったものが多いんだが、確率論だけではなく、図形や、無限などにも話が及んでいる。
面白いのだが、数式が出てくるあたりになると頭がついていけなくなるのが難。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月01日

大学数学の面白さを堪能できる。論理を積み重ねることの大切さ。そこから「直感」の落とし穴が見つかる。全て理解できる説明のうまさと文章量、深みにはまらないような配慮があり、息抜きにはちょうど良い。ここから本格的な数学に進む入門書ではない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年12月15日

高校生以来、久しぶりに数字と親しんでみたいと思って買った。忘れてたけど自分は数学が一番得意だった。面白い実例が沢山で楽しい一冊

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月06日

統計に関心があり、手にしたが、図形(2次元・3次元)や無限とは何かなど、普段気にしない数学の世界に引き込まれた。過去の成功体験や直感に頼らず、数学的に思考する重要性を実感させてくれる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月18日

サブタイトルは「思い込みにだまされない数学的思考法」とありますが、思考法を指南する本ではなく、私たちの日常生活の中に数学の法則に従う現象や数学的な考え方で処理されている事例がたくさんあり、それらの事象の裏付けとなる数学的側面をきわめて簡潔に説明するという趣旨の本です。例えば、都市の人口とランキングの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月20日

知らないトピックもあるし、知っているトピックも具体例が丁寧で著者が自分の言葉で解説しているため、読みがいがある。各章を膨らませて一冊ずつにしても良いかとも思う。

このレビューは参考になりましたか?