【感想・ネタバレ】ヒルズ 挑戦する都市のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年11月12日

森ビル社長による都市開発物語。虎ノ門・六本木地区で極めて存在感のある森ビルではあるが、その成功の裏には並々ならぬ苦労があったことがよくわかった。特に、身近な存在であるアークヒルズ付近の谷間地地区が、バラックだらけの取り残された陸の孤島であり、自らの理念に忠実に、反対者の多い500戸にものぼる住民を説...続きを読む得し、近代的空間を作り上げた熱意はすごい。森ビルの総帥なんだから、タダ者ではないとは思っていたが。私も普段から都心を散歩し、今でも小さな木造家屋の多い地区を見てはガッカリさせられるが、都心を快適空間に変える森社長の理念には、完全に同意である。街の姿を一変させる都市開発の力に驚嘆した。六本木地区の変遷がわかり、とても興味深く読めた。
「日本は「土地こそ資産」という考えが強く、都心でさえ未だに一戸建てが数多く建てられている。これでは、建て詰まって都市環境は悪化するばかりである」p31
「(アークヒルズの)ケヤキ並木の中には6本の楠木が交じっている。「風よけに常緑樹を植えなさい」という指導があったからだ。ケヤキ並木のなかに、居心地悪そうな楠を見上げるたびに「まったく不思議な国、不思議なルールだ」とため息が出る」p70
「「田舎の3年、江戸の昼寝」という喩えがあるそうだ。田舎で3年勉強するより、江戸で半時昼寝をしているほうが勉強になるという意味らしい」p83
「(ヒルズは)「災害時に逃げ込める街」」p95
「日本では、リスクをとって新しいことに挑戦する人は少ない。前例のないことを認める人も少ない。実績と信用がつき、まわりの評判を聞いて初めて賛同する人が増える。よくいえば慎重。悪くいえば臆病。日本はベンチャー企業が育ちにくい国である」p122
「当時この一帯は「陸の孤島」だった。(谷間地地区は)土地が不整形で高低差が大きい、勾配がきつく、道路も曲がりくねっていた。しかも、崖下は老朽化した棟割長屋や木賃アパートが密集する下町、丘の上はお屋敷町と、全く性格の違う街だった」p135
「「できるはずがない」この言葉をこれまで何度聞かされただろう。そのたびに「そんなことはない、前例は自分たちでつくる」と奮い立った」p146
「(欧米人の)豊かなプライベートタイムが斬新なアイデアや、思いがけないビジネスチャンスを生み出しているように思われた」p196
「「法律で決まっているから仕方がない」と諦めるのではなく、法が制定された本来の目的を読み取り、その主旨に沿う最もいい方法を研究し、協議していくべき」p217
「中国には「井戸を掘った人を大切にする」ということわざがある」(皆のために良いことをしてくれた人を敬う)p256
「アジアのライバル都市に比べると、日本は意思決定も、許認可手続きも、工事も、供用開始もすべてにおいて遅い。このままでは、十年もたたないうちに追い越されてしまうだろう」p260

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月25日

垂直の庭園都市と文化・アートのコンパクトシティ構想、長期戦の土地確保、そらをやりきる信念。
#ヒルズ挑戦する都市 #森稔 #読書記録 #読書記録2018

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月09日

核都市をつくり、その衛星として住宅地をつくる
→都市機能を縦に集約し、徒歩で用が足りるコンパクトシティ

遠くない将来、文化は経済活動に匹敵する産業になる。

森タワーの地下には巨大な発電所(コジェネレーション+地域冷暖房)があり、ヒルズ内の施設の電気や冷暖房を賄っている。災害でライフラインが途絶え...続きを読むても、都市機能か停止することはない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月16日

森ビル社長の著書
これまで都市や建築についてあまり深く考えたことがなかった。
ディベロッパーの仕事にも興味があった。
六本木ヒルズなどのヒルズシリーズ、森ビルナンバーシリーズなどを手がけた森ビルの
都市開発のコンセプトが記されている。

森氏は工業化社会時に根付いた働く場所と住む場所が分離...続きを読むされている状態から
職住近接をテーマとして最近のヒルズシリーズ作りをしているようだ。
その実現の手段が垂直の庭園都市だ。また職住遊の一体化を提案している。
(これまでの東京である平面過密、垂直過疎状態を脱する。)

それを具現化したひとつが六本木ヒルズだ。
詳しくは本書を参照。

ビルというハードを作るのではなく、その街が社会に何を提供できるのかというソフトに非常に力を入れていることが伺わる。
さらにソフトから情報を発信するメディアとしての都市というのが非常に面白いと思った。(ヒルズ内の電光掲示板やディスプレイに流す映像などはヒルズ内で一元管理されており、その場所その場所で効果的な演出をしている。、またヒルズジャックと呼ばれるすべての場所で単一の情報を流すということも可能となっている。)
また人が魅力を感じる街として経済だけなく文化の中心地であることも目指している(現に、六本木ヒルズの最上階には美術館を設置している。)

ディベロッパーの仕事は10~20年近くかかる大仕事であり、このような未来を見据えた事業をするところに森ビルのオリジナルがあるのだと感じた。
クールなイメージのディベロッパーであるが土地の接収といった非常にドロドロした部分もあり現実の厳しさもよく分かる。


建築、デザイン、都市論といったものに興味がある方は楽しめると思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月01日

都市論に興味があって、垂直都市のことを知りたくて、森ビルの考えを知りたくて読んでみた本。予想外に良かった。
都市開発がリアルに感じた瞬間。関わりたいな~

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月14日

六本木ヒルズというのは、ヒルズ族というのがあって、
あぶく銭の館だと思っていたが、
この本を読んで、全く違っていたことを知った。
ワーカー2万人、住民2000人、訪問者4000万人。
森稔の「都市の中に、都市を建設する」という執念。
住みかつ働く、職住近接。用途限定から用途複合へ。
巨大フロアー(5...続きを読む400平米)をスペースとする。

「垂直の庭園都市」というコンセプトで、
「緑で覆われた超高層都市」そして「天空美術館」がある。
文化は経済活動に匹敵する産業になると森稔は思っていた。
クオリティオブライフを追求しながら、住み、暮らし、遊び、文化を創造する。
都市に小自然を作り出す。緑被率をあげる。四季を味わう。
自然が街を成熟させる。意外性や偶発性がある。
ワンテイストの街などあり得ない、異質なテイストが
高い次元で混じり合う街をつくる。

人口減少や少子高齢化になると都市に人口が集中する。
「田舎の三年、江戸の昼寝」と言われ、
情報が多くなればなるほど、都市にひかれ、集まる。
この指摘は、なるほどと思った。
中国から戻って、東京に住んで、もはや3年になるが、
やはり、東京の利便性と様々な文化的なイベントに参加できる。
やはり、東京に住むことを覚えたら、やめられない。

森ビル映像配信室、タウンマネジメント事業室が、
ヒルズジャックする。街がメディアになる。
この仕組みは、すごいなぁ。今後これが発展するだろうね。

既成概念に挑戦し、街の価値で勝負する。
そして、街の主役は人間であるという。
アークヒルズを作るときの、粘り強い取り組みには、
感心させられた。目標に向かって進む姿は、素晴らしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月15日

日本人は広葉樹の方を好む。
前例は自分たちでつくる。
再開発の過程で多くの人に接し、色々な側面を見る。
六本木ヒルズだけでなく、上海の上海環球金融中心の話もあり興味深かった。
上海環球金融中心はアジア金融危機で中断していた。その時に撤退をする共同事業者もいたが、それをあきらめず株を引きとった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月17日

森ビルの森稔社長の都市開発への理論、思いが詰まっている。日本をリードする都市開発構想とともに、再開発における地権者との泥臭くも、人間味のあるデベロッパーの仕事が鮮明に映し出されるような内容だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月18日

地縁、血縁、電縁というのは、今まさにその通りで、その中でも新しい電縁というネットを介したつながりをしていて凄い。
会社自体の成長は、実際はもっとエグいこと多かったんだろうな、と想像できるような。
割と読みやすいので、オススメです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月27日

読んでよかった。感銘を受けた。
本来公共セクターが持つべき「まちづくり」や「タウンマネジメント」の意識を大変強く持ち、それに根気強く向き合うことで、アークヒルズや六本木ヒルズを形にしてきた――そんなプロセスがよくわかる。地域の人々との接点を大切にし、入り込み、ひとりひとりの人生を巻き込みながら、信念...続きを読むを形にしていく様子は、読んでいて気持ちよくもある。
アークヒルズのヒルズマルシェや六本木ヒルズのHills Breckfastはもとより、例えば毎週末森ビル社員がパトロールしていることを知る人はあまり多くないだろう。知らないまま「食わず嫌い」せず、森ビルの考え方をまず知ってみること。森ビルの再開発の好き嫌いを決めるのは、そのあとでよい(学生のころは食わず嫌いしていたなぁ)。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月01日

大学2年の夏、たぶん六本木ヒルズができて1年以内の頃、初一人旅で行った。
建物自体の大きさ、キレイさ、斬新さに目を奪われて「街」として捉えるまではできなかった。でもその時の衝撃ははっきり覚えてる。森美術館の模型も、景色も。
この本読んだ上でもう一度行きたい。
そこにはかつて普通に暮らしてた住民がいて...続きを読む、家があって。当時こんな広い敷地にバカでかい建物たてるなんて、前列ないし大変だったに違いない。それを何十年もかけて実現した。すごい。

新しいことに挑戦するときいろーんな壁に阻まれるけど、乗り越えたものだけが成功する。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年02月26日

Vartical GardenCity
垂直な庭園都市、これは是非是非日本の東京大阪クラスの都市では進めてほしい。
狭い上に平べったく土地を使うからどうしても広くなってしまい、それが原因で職場と住居が遠くなっている。
工業経済が中心であれば生活空間と産業空間は明確に分離すべきだが、知識産業化が進ん...続きを読むでおりそれが逆効果になっている。
往復2時間なんて、正気の沙汰ではない。
大阪のグランフロントの住居部分の売れ行きが好調なことも、それを示していると思う。

さらに高齢化、人口減少が進むのであればより一層効率を高めるべきだし、環境の回復には人間の住まない土地を増やしていくことも重要だと思う。実際、この人の提唱する土地活用ができれば地上の9割程度が空く、ということだし。

ただ、これをやるのは東京大阪クラスの都市である必要もある。作ったは人がいないはだと大変なことになる。中国なんかだとほんと実現しやすそう。

とまぁ都市論でもいろいろと考えたが、それよりも再開発空間に居住する人たちとのやり取りが興味深い。膝を詰めて話すことがいかに大切か、再開発に遭遇するなんてディベロッパーでない限り、人生に一度あるかないか。それにあたって反対派が出てくることは当然であって、それを保守的であると批判してはダメだし、とはいえ再開発するべきである土地もたくさんある。伝統とかではなく、災害の観点も重要である。そういった折衝の一部がかいまみれて、面白かった

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月02日

帯に「デフレ脱却の切り札」とあるが、その意味は非常に限定的、または間接的だと思う。
地方在住の身としては、駅前再開発の参加メンバー全員がこれくらいのビジョンと責任感を持っていてくれたらなぁ、と思ってしまった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月10日

森ビル、森稔氏のこれまでの調整を記した一冊。

会社に入って、社内調整、社外調整にかかる労力、株主等からの要求といったハードルを少しづつわかってきたからこそ、森ビルのやってきたことがほとんどの会社では実現不可能な事業であることが体感できる。

アークヒルズ、六本木ヒルズ、上海ワールドフィナンシャルシ...続きを読むティ。どれも20年近い歳月をかけて竣工、開業を迎えているが、上場企業ではとても通らない話だろう。
端から見れば偉大で成し遂げがたい事業は内部から見た採算、経済合理性においては他社がやっている何気ないPJにも劣るかもしれない。

難しい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年11月06日

 森ビルは六本木の再開発でなにを実現しようとしていたのか。六本木ヒルズのコンセプト、共同建築、再開発の困難とその克服、上海での挑戦、そして今後森ビルが目指すものについて。
 話題としてはすでに少し古くなってしまったか。六本木ヒルズの好き嫌いはそれとして、新しいことに挑戦し、自らの過去を否定することも...続きを読む厭わない森ビルの都市づくりに対する姿勢はすばらしい。新しい都市づくりに向けた示唆に富む一冊。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月20日

六本木ヒルズがアークヒルズの経験の上に成り立っていること。それには数十年かかっていること。当時、地上げ屋と区別が付けにくい行動をせざるを得なかったわけですが、ちゃんとした街づくりの信念を持っていたこと、理解しました。貸しビルの企業から、街づくりに進むことになった経緯も分かりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月18日

森ビルの説明会より、この本一冊読んだほう森ビルについてよく分かる。
森ビルの提唱する垂直田園都市は、都市としての東京の未来を変える可能性のある理念だと思う。
都市に関するあらゆる批判に対し、森ビルはひとつの答えを提示出来ている。
そして、六本木ヒルズのようなインパクトの大きい事業を手がけている森ビル...続きを読むが、何故「中堅」ディベロッパーであるのか、読めば分かる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月25日

森ビルに行くのが楽しみになる一冊。

地下の有効活用って、近未来なイメージだったけど、

今後もどんどん進んで行くんだろーな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月24日

2010.10.24
Point
1。高層階による居住環境の向上
通勤時間の短縮
2。ビルの上に田園
3。美術館を入れビルの資産価値の向上
4。逃げ出す街から逃げ込む街の整備

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月31日

400人もの地権者をまとめるという行為はもはや想像できない。
中国の行政のスペクタクル感も羨ましい。
満足度7

このレビューは参考になりましたか?