【感想・ネタバレ】木曜組曲 〈新装版〉のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年09月09日



大好きな恩田さんの小説✨
やっぱり頁にずっしり詰まった文体が堪らなく素敵です✨✨✨
ザ・作家!と言いたくなる程言葉の選び方や起承転結が素晴らしい!
しかも、ジャンルの幅が広いので、恩田さんの本はSF系とミステリー系が一番好き。

結構読んでるけど、木曜組曲は手を付けてなかったので楽しめました。
...続きを読む
え!え!え!あの人が犯人なの?と何度も思う場面がありつつ、結末は。。。 何となく、昔読んで大好きだった『蛇行する川のほとり』のような登場人物感が嬉しかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月03日

全員悪くて悪くないような、もやっとするようなすっきりするような話にのめり込んでしまって、あっさりと読めてしまった。
ページ数も少ないので読みやすかったです。

恩田陸って夜のピクニックしか読んだことなくて、
心温まる青春のイメージしかなかったのでギャップにも驚いた。
なんでもっと読んでこなかったんだ...続きを読むろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月02日

5人の女性たちの舞台を見ているようだった。
頭の中にリアルに映像が浮かんでくるような描写で、引き込まれていく。謎があるのかないのか、あったとしてそれを解明することが正解なのか、そしてその先にあるものは…。一気読み必須の物語だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月24日

うぐいす館。物語の舞台は限られたスペースだけど、中身は濃厚。女たちの語りに翻弄され騙され見事にワタシも彼女たちの思う壺。あー、おもしろかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月05日

「うぐいす館」に集まる女5人。過去の「死」について、美味しいものを食べながら、呑みながら「告白」していくお話。真相が分かった!と思えば次の瞬間、また違う真相が分かり、、、エピローグでも気が抜けなくて、ずっと面白かったです!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年06月30日

女性5人で回想しながら、時に話が脱線しながら
過去の出来事を明らかにしていく。
予想もしなかった結末でおもしろかった。
ただ、登場人物が頭でごちゃごちゃになってしまい
所々で読み返しながら・・・でした。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月15日

「木曜組曲:〈新装版〉」
ある有名な小説家の死に纏わる話。


★あらすじ★
耽美派小説の巨匠、重松時子が薬物死を遂げてから、四年。時子に縁の深い女たちが今年もうぐいす館に集まり、彼女を偲ぶ宴が催された。ライター絵里子、流行作家尚美、純文学作家つかさ、編集者えい子、出版プロダクション経営の静子。なご...続きを読むやかな会話は、謎のメッセージをきっかけに、告発と告白の嵐に飲み込まれてしまう。はたして時子の死は、自殺か、他殺か。


耽美派小説の巨匠、重松時子が好きだった木曜日に行われる集いの話。絵里子、尚美、つかさ、えい子、そして静子という重松時子が死んだその日に同じ場所にいた面々が、時子の小説の登場人物の名で届いた花束とメッセージを目にした事から、各々が隠していた秘密を告白していく。


彼女達の独白から描かれるのは物書きとしての苦悩。そして、時子という天才が如何に大きな影響を彼女達に与えていたのかということ。特に、後者を利用して、時子を誰が殺したのか、本当に自殺だったのかというテーマに隠れて、仕掛けられた企みが爽快。してやったり感が凄い。


自殺か他殺かという重い議論が繰り広げられながらも、爽快さを残す終わりに導いた仕掛け人はお見事。とは言え、この企みさえも時子の掌の上で成り立つという所が、時子の引力の凄い所。

このレビューは参考になりましたか?