【感想・ネタバレ】進む、書籍PR! たくさんの人に読んでほしい本がありますのレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月18日

テレビや雑誌等でよく目にする本の紹介、作中で言うところの書籍PRは、こうした人々の手で、このような流れで行われていたのか。興味津々で読み進める。

本を売り込むために著者が駆使するスキルや次々と湧き出すアイデアを聞くと、なんだかとても楽しそう。どんな物事だろうとPRすることが大の苦手な自分にとって、...続きを読むその気持ちはとても大切な気がする。「楽しい」と感じられれば、苦しいことやイヤなことにも立ち向かっていけるんじゃないか。

楽しいことを探そう。そうでないと、きっと、どこでもやっていけない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月13日

「書籍PR」しかも、フリーランスでそういう仕事をしている人がいることを知らなかったので、興味深く読みました。
ひとことで言うと、本は、作ることがゴールじゃないんだなという、ごく当たり前のこと。よく「普段本を手に取らない人が買う本がベストセラーになる」などと言うが、それも人に周知されるからこそ。知られ...続きを読むてない本は売れないし、話題にもならない。それは自明の理。
本書は、PRする本を紹介する「絵」が浮かんでくる場合に仕事を引き受けるとも書かれていました。それはほかの仕事でも同じこと。本のPRについて書かれていますが、いろいろな仕事に通じることだと思った。
個人的には、一読するだけではわかりにくい文章というのが何か所かあって(雰囲気では通じるけど)、担当者は気づかなかったのかな…と思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月28日

本のPRをされてる、奥村さんのエッセイ。
書籍のPRをこういう立場でされてる方はあまり聞かないので、気になって読んでみました。

エッセイの形式をとっているので、ご自身視点ての本のPRというお仕事語りが多く、俯瞰した形ではとくにかかれてなかったのですが、最後に具体例がかかれてて、それは参考になりまし...続きを読むた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月01日

 フリーランスの書籍広報の方のお仕事本。具体的なタイトルが出てきて、日常的に書店に通っている人からしたら、それだけで面白いから、ちょっとズルい。

 さて、この本から学ぶべきは、一人の力ではベストセラーは生まれないということだと思う。宣伝して、商品を作って、商品をお店に並べて、また宣伝して、というル...続きを読むープは一人じゃできないからね。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年07月16日

朝、出勤途中の車の中で聞いていたFM クロノスに著者が出演されていて、興味を持っていた。だが、お名前も書名も覚えておらずそのままに。それが、今日、「書籍PR」という単語が目に飛び込んできて、手にとってみたら、間違いなくあの時の本だった。
書籍PR(パブリシスト)という仕事があるとは、あの放送を聞くま...続きを読むで知らずにいた。そして、この書籍で、その仕事の内容がはっきりとわかった。
著者・出版社側とメディアの橋渡し役でもあり、PR企画のまとめ役であり、営業でもあり、いわば本に関しての一人広告代理店のような仕事といえるだろう。
ここに書かれている著者の代表的な仕事に関しては、御本人は表にはでないけれど、仕事の成果は目にしたり耳にしたりしていたもの。「あのテレビ番組であの本がとりあげられたのは、こういう過程があってのことか!」と、興味深く読むことができた。
やさしく丁寧な語り口の文章で、読みやすく、あっという間に読んでしまった。
自分なりのポリシーを持ち、依頼を受ける作品を決めることや、メディアとの交渉のすすめ方、チームを機能させる術など、どんな仕事をしていく上でも参考になると思う。

このレビューは参考になりましたか?