【感想・ネタバレ】日本核武装 上のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年05月25日

いやぁ〜これは面白いですねぇ
文章もすごく平易で読みやすくてすらすらと頭に状況が入ってくるので、読んでいてまるで映像で見ているようです。
何を言ってもネタバレになりそうなので内容には触れませんが一気読み必至の極上サスペンスですねぇ〜絶えず緊迫感があって手に汗握るって感じです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月14日

現実には初の米朝首脳会談が行われた今、この小説は大変興味深い。北朝鮮の核ミサイル配備、中国の尖閣諸島支配等々が展開されるなか、日本国内で核武装に向けた計画書が見つかる・・・。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月19日

背筋が寒くなる!
日本の国防を「核の抑止力」から語ったサスペンス。
近未来の日本の姿をシミュレーションしている様な展開でした。

上巻では
国内で日本の核武装に向けた計画書、図面が発見されます。
官邸から全容解明とこの計画を極秘に処理し、なかったことにするよう指示を受ける主人公の防衛省の真名瀬。
...続きを読む査を進めていくと、そこには、元自衛隊幹部や大企業も加わっていることが判明。
日本で核爆弾は製造されていたのか?
一方、尖閣では海上自衛隊と中国軍の小競り合いが勃発
尖閣諸島に中国漁民が上陸し、このままいくと、実効支配されかねない状態へ。
火器レーダ照射もされ、一触即発の事態へ。
日米安保条約があるとはいうものの米国の出方は消極的。
日本は尖閣を守り通せるのか?
そんな中、真名瀬の親友の自衛官が中国との小競り合いの中命を落としてしまいます。

もし、日本が核を保有した場合には、世界中から総すかんをくらって、孤立することは目に見えています。
一方で、軍事力を憲法上持たない日本では、尖閣でのトラブルでは何も出来ません。
専守防衛だったとしても、最初の中国の攻撃で多くの犠牲者が発生することになります。
そんな中、どうすればいいのか?
考えさせられる問題です。

核兵器の製造については、とてもリアルに語られていて、本当に出来ちゃうんじゃないの?って思ってしまいます。
また尖閣でのトラブルでは、まさにそこにある危機、自衛官が命を張ってその場その場を対応している緊迫感が伝わってきます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月28日

まぁ、上巻は物語のとっかかりと言う事で。

それにしても、事実は小説よりも奇なり・・・と言うか、スピードが速く、こう言う事もあるけど、世の中的な関心毎は、米朝首脳会談に移っていますよね。どうなる事やら。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月01日

高嶋哲夫『日本核武装(上)』幻冬舎文庫。

国内で発見された日本の核武装計画に関する書類を巡る謀略小説。現代の国際情勢をベースに描かれるサスペンスは今一つ盛り上がりに欠ける。思い切りが無いというか日本的なオブラートに包まれたような柔い展開が盛り上がりに欠ける理由か。

やはり高嶋哲夫の作品は災害シミ...続きを読むュレーション小説の方が面白いようだ。

このレビューは参考になりましたか?