【感想・ネタバレ】サイコパス・インサイド ある神経科学者の脳の謎への旅 のレビュー

価格 2,640円 (税込)
3.6
8件
  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年08月25日

神経科学者でありサイコパスである著者の自伝です。
著者がサイコパスと判断した脳スキャン画像は、なんと自分でした。
家系や環境や遺伝的特徴の調査、友人・家族へのインタビューによって自らを科学的に研究していきます。
サイコパスにも健常者と同様に個人差があり、全てが犯罪者となるわけではありません。
著者も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月12日

翻訳がとても難しかったり誤字脱字が多いのが難点、言葉の意味を調べて見たらそもそも日本語ではなく中国語だったりとかもありましたが、それを差し置いても内容は面白いです。
当初は著者の自慢話の羅列のように感じられますが、後半に進んでいくと面白い。
2章が脳科学の用語が多く、難解なのでその辺の知識がない方に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月05日

雑談が6割強

・脳の部位ごとに機能が異なり、どの部分が強く働くかということが、その人の性格に大きく影響する。
・これらの脳の成長は個人差があり、20代後半〜30代で成熟するのが一般的だが、60代などになる場合もある。
・性格は、遺伝による先天的な脳が、環境による後天的な刺激を受けることで形成される...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月16日

ひとりの神経科学者が、研究のために撮った自分及び家族のMRI写真の中に、サイコパスの特徴的所見を持つものを見つける。てっきりどこかから紛れ込んだものだと思ったのだが、調べてみるとそれは自分の脳写真だった。
これはかなり衝撃的な出来事で、人によっては立ち直れないくらいのダメージを受けると思う。
しかし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月21日

脳科学者がひょんなことから自身がサイコパス(精神病質者)だとわかったことをきっかけに脳の機能と精神病との関係を自分を症例として考察したことに関するエッセイ。
この本自体が読者のレベルを全く省みず専門用語のオンパレードで、まさにそのことが著者自身の精神病質を物語っている。研究結果に基づく考察は説得力が...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年03月12日

研究者が典型的なサイコパスのPET画像を見つけたら、実は自分だった。。。というわけで、自分の半生を振り返りながら、サイコパス的な行動があったか、何故凶悪な犯罪者にならないだけでなく社会的に成功したかを分析する本。遺伝的、エピジェネティック的、環境的要素の解説も分かりやすい。が、読み進めるとご本人はサ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月04日

世の中科学で、論理的に証明しょうとするけど…でもやっぱり人間ってそれだけしゃ説明できないところが多い。だから面白く、難しい。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

翻訳が

チーム天王寺(≧∇≦) 2017年10月03日

読書好きで色んな本をたくさん読んできましたが、これほど酷い翻訳は初めてです。おかげで内容がサッパリ入ってきません(>_<)評価の星を入れないと投稿出来ないので仕方なしで入れますが、一つでも多いくらいです

このレビューは参考になりましたか?