【感想・ネタバレ】小説 中江藤樹〈上〉 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年08月02日

読むべし。人物伝ではあるが、そこここに関連する四書五経の文章が載せられているので、活学の勉強にもなる。いきなり四書五経や陽明学は敷居が高いと感じている人にお勧めの本。たのしく始められます。これからすすんで、大学、中庸、孟子、論語や孝経、翁問答などに進むと良いです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月11日

中江藤樹の思想・行動を通じて読者自身の日常社会とのかかわりを考えさせる書き方をしている。

戦国武士達の換骨奪胎をはかるために権力者が指定する学問・林羅山の朱子学。これにより権力者にとって聞き分けのいい武士を育成をすすめた。世渡り術としての学問が盛んになり、その結果士風が低下した。
それに対し、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月09日

日本の陽明学の祖,中江藤樹の話.学問とは何か?とか人間のあるべき姿勢について,いろいろ考えさせられる

このレビューは参考になりましたか?