【感想・ネタバレ】期限切れの初恋【イラスト入り】 のレビュー

ユーザーレビュー

BL界の直木賞受賞でもOK!

モウ子。 2015年05月12日

愛する人は他にいるけど生きるために必要な心の支えは目の前の男、そんな身勝手で打算的である意味リアルな恋愛のあり方に途中何度も胸がもやつく。そして身勝手な男の心情が状況の変化と共に切実に移り変わる度、胸のもやつきは濃霧となり、何とも切なくやるせなく、時にヒリヒリと胸に痛い。ああ、もう勘弁してくれよ、と...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年01月09日

もう何度も読み返してる1冊。
木原先生は、BLにある萌えを追及するんではなく、ひたすらリアル。
もはやこれはBLなのか?といつも思います。

前半は宇野視点で、拗らせまくった初恋を忘れたくて、ホームレスになってボロボロに様変わりした村上を拾って来るとこから始まります。
結局、立直り始める村上に再度恋...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月26日

周囲から叱られそうですが、木原先生は初読みです。で、BLよりも一般小説に近い気がしました。
中身はもちろん面白かったです!ただ、私にはリアリティがあり過ぎて、
ファンのかたは、そうした部分も含めて好きなのだろうと思いつつ、
本編に関係が浅い部分は斜め読みしました;スミマセンっ。
あと、続編のほうがハ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年07月23日

「泣けるBL」にて印象強烈だった、最強嗅覚爆死BL。
既読だし、コミカライズと小説とどっちを先に読もうかとかなり迷ったけど、やっぱり書き下ろし100ページ超、というところでこちらから読むことにしました。
書き下ろしも強烈な腐臭が…!!

不潔でだらしなくて生ゴミ並みの悪臭を放つ男。宇野はなぜそんな男...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年07月22日

コミカライズの方を読んでからこちらの小説のほうを読みました。
前半はコミカライズの内容とほぼ同じで、後半の人でなしの恋がその続きといった内容です。

人でなしの恋は自分をどん底の淵から救ってくれた人間に対する恩義(?)の気持ちとそれでも相手が望むように心から愛してあげることはできないという村上の葛藤...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月22日

攻め様が受けに恋してる!!!
と気づいたあたりの展開が予定調和だとしても手放しで受けに良かったね!!!!!と心から思えるから、何がすごいのかわかんないけどすごい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月11日

前回がアラブだったのに対して
非常に温和な作品でございました。
ビックリするようなシーンもなく。
なので安心して読めた…とも言えないか。
まったりとはしてるんだけど
片思いってなんつーか、ツライ。
更にいうと、この本の場合は攻めクンがワタシ的には非常にズルい男にしか思えなくて。
悪い奴ではないんです...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月21日

そうか、泣けるBLに載ってたやつか。ということで表題作は漫画で読んで、小説は書き下ろしを読んだ。木原先生の書くキャラはズルイ攻めが多いよな~~受けに感情移入しがちだから、イタタタタタ…ってなるw
でも最近あんまりBL読んでなかったけど、木原先生の文章はほんと引き込まれるみたいに読んじゃう

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月25日

私が耽美が好きではない、と言うのは『ヴェニスに死す』を読んでいた時にも思っていたことだ。年寄と少年と言う対比と共に美醜の対比が残酷に突きつけられる時に、見ていた自分はアッシェンバッハに少しも同情心を持っていなかった。、老いて醜くなってしまった自分を恥じてじいさんの癖に化粧したりする様が無様である様を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月29日

同級生再会モノ
みんなの中心にいた村上。大学時代にはキャンプサークルを主催し、誰からも好かれ、美人の彼女がいて。
地味な宇野はサークルの中でもあまり目立たず、村上の事が好きだから参加していた。
そのまま社会人になり、縁も途切れたある日、大学の同級生の結婚式で村上の近況を知る。
どうやら村上は以前とは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月14日

臭い、汚い、狡猾、の3K攻と、鈍い、ぬるい、流される、の3N受の話。
木原節炸裂とまではいかないものの、いつもの嫌~な奴が
登場のお話です。泣けるBLで読んだときには、これから心の距離を
つめていって……と期待していましたが。

いやぁ……期待通りにしてくれるわけないですよね、木原さんだし。

後半...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?