【感想・ネタバレ】うめ婆行状記のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月16日

もっともっと宇江佐真理の市井人情小説を読みたかった。どうしようもない事だけど、ほんまそう思う。

朝日新聞夕刊に連載していた作品の文庫化、未完がつくづく惜しい。それにしても闘病で命を削りながら、このレベルの作品を書けるのだから凄いものである。

同じく未完の小説を書きつつお亡くなりになられた某先生に...続きを読むは、シリーズを書き繋ぐ作家が現れて今に至っている。勿論宇江佐作品はそういうものではないのは分かっているが、こういう宇江佐的人情を引き継いだ後継作家が出てきてほしい。

あと1作で書籍化した彼女の作品は全て読み終わってしまうけど、何度も何度も再読するのは間違いないと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月26日

宇江佐先生の遺作。未完なのが悲しくて悔しいけれど、うめは今日も頑張ってお江戸を生きているだろうと思えるのがせめてもの救いか。未亡人になったうめは同心の妻だったが元はといえば醤油問屋のお嬢様育ち。夫亡き後思い立って一人暮らしを始め隣人や実家の兄弟や甥との交流を経て、成長しきれなかったお嬢様のままの自ら...続きを読むの心や思い至らなかった亡くなった夫のさりげなさ過ぎて分からなかった優しさにようやく気付く所などはちょっと我が身も顧みて反省をした(笑)。こんなに江戸の市井を楽しむ事が出来る宇江佐先生の新作をもう読む事がないと思うと残念でならない。先生のご冥福を改めてお祈りいたします。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月05日

内容(「BOOK」データベースより)
北町奉行同心の夫を亡くしたうめは、堅苦しい武家の生活から抜け出して独り暮らしを始める。気ままな独身生活を楽しもうと考えていた矢先、甥っ子の隠し子騒動に巻き込まれ、ひと肌脱ぐことを決意決意するが…。遺作にして最後の長篇時代小説。

令和2年8月3日~5日

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月20日

息子も一人前になり夫も見送った。一人になりたい梅の夢を叶えるべくしもた屋に住むことに。近所の人々とのふれあいで、新しい自分を発見する。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月24日

やっぱり宇江佐真理は巧い❗
読みやすい文章と、リーダビリティはさすが。
大店の箱入り娘だったうめは武家に嫁ぐが心底馴染めず、夫が亡くなり子供達も独り立ちしてから、念願の町屋で一人暮らしを始める。
捕物帖どころか、なぁんの事件も起きない。ホント、日常と親戚のゴタゴタがあるだけ。なのに、おもしろい。する...続きを読むする次を読んでしまう。次々に登場人物が増えるけれど、書き分けもすばらしく上手くて、きちんと全員人となりが分かるし、それぞれに愛着がわく。
最後、未完とは言え、「うめ再起する」で終わっているところもよかった。
もっと宇江佐作品を読みたかったけれど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月23日

良かったー。
宇江佐さんの作品は登場人物の言葉はスカッとして心地良く、そしてあたたかくてホッとしつつハッとさせられる。
女性として生きにく時代だったのに、連れ合いが亡くなり自分の思うように生きていき、色んなことを感じ日々を過ごす過程がとても良かった。
ただ、どうしても宇江佐さんの描く子供は可愛げがな...続きを読むく好きになれない笑

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月20日

2015年に亡くなられた宇江佐真理さんの遺作にして最後の長編時代小説。
人生に同じ日はない。楽しいこと嬉しいこと、悲しいこと悔しいこと、全部含めて人生である。家族とは、良いことは共有して悪いことは分散できる有難いもの。うめは家族を捨てたのではなく、堅苦しい武家社会に反抗したかったのだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月28日

201710/作者の人柄をほうふつとさせるようなうめ婆のキャラ、他の女性陣も生き生きとしてて、面白かった。残念ながら未完の作品だけど、もやもやが残る中途半端な終わり方ではないので、気にならなかった。もっと宇江佐作品を読んでいたかったとは思うけども。

このレビューは参考になりましたか?