【感想・ネタバレ】ゲルニカ1984年のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年06月25日

オーウェルの1984を読み、これを読んだのが高校生の時。ピカソのゲルニカを見たくてスペインに留学し、改めていろいろ考えた本。何が狂気で何が正常なのか。ベクトルは違うが伊藤計劃の作品と通じる気もする。
結局自分は正常や普通という言葉に違和感を感じるんだろう、それを表現している本に会うのが好きなのだろう...続きを読むと、初めに考えた本。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月22日

ゲルニカ,エグゾゼ,1984年(オーウェル)という要素が、どう重なっているかよくわからなかった。

1960年代に「1984年」という作品を読んで、将来が不安になったことがあるので、栗本薫の書いていることには思い当たることもある。

ゲルニカには行った事がないことと、現物をゆっくりみたことがないので...続きを読む、安田修平の不安がまだピンと来ていない。

最期に安田美穂が、子供とお腹の中の子供を思う気持ちは、栗本薫らしい女性として生きて行く前向きの姿勢が見えたところはほっとした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年04月01日

ヨーゼフ・ゲッベルスの思想的末裔たる
現代マスメディアに奉仕する主人公は
くだらないイメージの切り貼りに終始するTV屋の仕事に
内心疑問を抱き、誇りを失ってしまったのか
なんの脈絡も持たず最終戦争の開幕に怯えはじめ
恐怖を共有することでのみ人々の心はひとつになると信じる
寂しさ
それゆえにどこかで待...続きを読むち望んでもいるわけだ
だからこそ、コスプレでそれを茶化すオタクが許せない
アトラクションの戦争でマジになるバカオタクはもっと許せん
おのれオタク死すべし、というわけで
自分がテロリストになってしまうんですね
クソバカやろうである
ソドムの町のロトにしたって、みずから人を裁いたわけじゃないのに

80年代のSF純文学路線において
作者の暗黒面が露骨に映し出された、裏の代表作と言ってよいだろう
後に来る、オウム真理教をはじめとした新宗教ブームはもちろん
見方を変えれば
2008年の秋葉原通り魔事件を予見したものと言うこともできる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

うーん、あぶない。知的な主人公、けっきょくはあっちの世界の人になってしまうのね。でもやつらは実在する?戦争はひとときも終わったことはない。栗本さんはテーマをびしばし登場人物に言わせてもさほどうっとーしくないね。語らせる部分が多い。『1984年』を先に読んどいてよかった。'92

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月10日

1984年に書かれた本…だったはず。
多分、この本のハードカバーを1984年に見た覚えがあるような気がする。
今から、30年前ですよ。

でも、この小説のなかで語られるこの閉塞感は、今の方がリアルで近くにあると感じます。
30年たって、この小説は、いまなお「今」です。

未来視、栗本 薫。恐るべし。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月30日

かれこれ20年ぶりの再読。
このころの栗本薫はすごく好きで、かたっぱしから読んでた。この話は、なにかの拍子にふと思い出しては、なんだかすごく怖くなる。

このレビューは参考になりましたか?