【感想・ネタバレ】ふたり狂いのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2016年10月14日

真梨幸子が描く異常な世界、サイコな人びと。8編の連作短編小説。

タイトルを見て、読んだことがあるかも知れないと思いながら読んでみると、案の定、既読。ハヤカワ文庫から2011年に刊行されたのを読んでいた。やられた!大失敗!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年08月17日

短編が、絡み合って最後には繋がってくのが面白いです。人間の思い込みによる怖さが、本当に怖いです。メンチカツ店の店長も、何故?、、。残念。
マンションの事件は、色々な事件が絡み合って、最後こうきたか。って解決してスッキリしました。
小説家の事件の方は、もやもやが残りました。
ミサキとマイコ、熱狂的はフ...続きを読むァンによる事件が絡み、最後は?と、結局どうなった?って、思った。
でも、どちらも怖い、周りも怖い。
人間って怖い、、。
孝一が意識戻して、ちゃんと解決してくれることを願います。
でも、やっぱり真梨さんの作品は面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月11日

連作短編集。(2009年3月)
収録作品:エロトマニア / クレーマー / カリギュラ / デジャヴュ / ゴールデンアップル / ホットリーディング / ギャングストーキング / フォリ・ア・デュ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月02日

連作短編集。
連作短編集という手法を活かしきった物語だった。
脇役として登場していた人物が、次の物語では主人公として登場する。
あちらこちらにすでに見知った人たちが配置されていて、それぞれの物語の微妙な関係性を教えてくれる。
脇役しか与えられていないときには見えていなかった部分、壊れていたり歪んでい...続きを読むたりする部分が、主人公となった物語では前面に押し出されてくる。
真梨さんの物語はいつもどこかグロテスクだ。
歪んだ感情に支配された人たちが織りなしていく物語。
誰もが心当たりがあるけれど、自分にはないと思いたい・・・そんな負一色に染められた感情があからさまに物語の中心にある。
好き嫌いが分かれる物語なのかもしれない。
けっして嫌いではないけれど、「好きか?」と聞かれると答えに詰まってしまいそうだ。
それでも「ちょっと読んでみようかな」と思わせる何かがある。
何かのきっかけで「狂気」の側へ行ってしまうかもしれない怖さ。
隣にいる人がもしかしたら「狂気」の側にいるかもしれない怖さ。
そして、周りにいるとても「狂気」の人たちに似ている部分のあるあの人。
「狂気」は特別な誰かだけのものではない。
普通に暮らしている人たちの中にも、そして自分の中にも、眠っているものなのだ。
それを突きつけてくる真梨さんの物語は、だからこそ「ちょっと読んでみようかな」的な位置にいるのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年02月23日

自分の読解力が足りないせいか、よく分からない部分もありますが、真梨幸子らしい感じで楽しめました。
ただ、人物相関がよく分からないかも・・・
ジャパン光の部長は、後に奥さん尊厳死にでてくる夫で、
ジャパン光の派遣嬢は、後に派遣先でマイコとイジメ問題起こす山口さん・・・であってる?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年08月03日

最後が個人的には残念。。

狂った人間の起こすミステリ短編集。
短編集だけれどそれぞれの話が微妙に繋がっていて、前回のスピンオフ的な話が続く感じ。
そして狂った人間の起こす物語はミステリというより、もはやホラー。

内容は本当に狂気だしグロテスクな感じもあるのだけれど、口調や書きっぷりのおかげで何故...続きを読むかポップに感じられて、さくさく読めました。

最終章までは、ある事件の全容が明らかになったりですごく面白くて。
これは最終章で、この物語の全てが明らかになる感じね!と勢いよく読んだので、正直終わり方にはちょっとがっかり。
結局……?って感じで、はっきりしないからこそ恐怖が胸に残って読後気持ち悪いっていうのが良いことなんだろうけれど、ここまできたらすっきり終わって欲しかったなあ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月08日

小説の主人公と同姓同名の男が妄想に囚われ、著者を刺してしまう。
それに端を発し起こるデパ地下総菜売場での異物混入事件、企業中傷ネット祭り、郊外マンション殺人。
クレーマー、ストーカー、ヒステリーなど、日常に潜む狂気を描いた短編集。

一つ一つは独立した話ですが、各エピソードや登場人物が繋がっている連...続きを読む作短編集となっています。
それぞれの話がうまくリンクされ、時系列もシャッフルされており、複雑に凝った構成です。
どの話にも狂気と正気のはざまを行き来する誇大妄想に囚われた人たちが出てきて、読み進めるうちに気持ちがイガイガしてきます。

タイトルの「ふたり狂い」は作中の説明によると、妄想を持つ人の近くにいるうちに正常な人まで妄想を共有してしまう感応精神病のことをいうらしいのですが、まさに読み手までにも伝染するような狂気のほとばしりに、こちらの精神もやられそうになります。

永遠に続くような狂気の万華鏡を見せられているようで、気分が悪くなるほど面白かったです。

ちょっと凝りすぎてて、ラストがわかりにくかった・・・。

このレビューは参考になりましたか?

「小説」ランキング