【感想・ネタバレ】鈍感な世界に生きる 敏感な人たちのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年08月14日

自己診断をしてみてわずかながらだが、HSPの可能性があるようだ。昔から自分は敏感(神経質)な人間だと思っていた。店やパートナーがかける好みでない音楽に過剰に拒絶したり、自分の発言が嫌な思いをさせてしまったのではと深く考えたり。
本書ではHSPとは何かに始まり、日常で苦労しそうな場面、鈍感な人との付き...続きを読む合い方、自分自信との付き合い方について書かれている。
自分自身へ愛情を向けて、自分を守る。自分自身に思いやりを持つ。この2点について、以前は甘えだと考えていたが、そうではない、大事な事なんだ、と強く感じた。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

HSP。

kkkkd 2020年06月03日

小さい時から生きにくい自分。
でも、厳しい母の下、泣き言は許されず55までずっと人知れず悩んでいました。
それが!
これだ!これだから生きにくかったんだ、と納得。
心の整理がつき、生きる気力がでてきました。

状況はかわらないけど、気持ちは別人になりました。
340人のお客様がこれが役...続きを読むに立ったと考えています

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月30日

自己診断によると私はHSP。これまで生きづらいと意識したことは無かったけれど、読み進めるにつれ、無意識の生きづらさを回避する方法を自分なりに見つけて今があるのだと確認。また、自分では気付いていなかったHSPの特性に気付かされた部分も多く、癒され緊張がほぐれていく感覚を覚えた。繊細さや敏感さは、自分の...続きを読む長所でありチャームポイントだと自覚できるようになってからの私の人生は以前より明らかに楽しいものになった。もし繊細さ故に生きづらいと感じている人がいればぜひ読んでほしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月01日

HSPの人は自分をHSPと判断するのも難しいと思うので、冒頭に診断があるのがとてもいいと思った。この本を読んで人生観が変わった気がする。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月12日

自分が憂鬱になりやすい原因(+発達障害の可能性)を探していて、セロトニントランスポーター遺伝子SS型の存在を知り、そこから辿りついた本です。なのでHSP・HSSの予備知識がある上で探して読みました。

私は一人が好きだし、人から感受性が強いと言われ、新しい環境だとまず人を観察して自分の立ち位置を探す...続きを読むところから入るし、集団の中では神経張り巡らせて疲れるし、スーパーのレジのお姉さんに「ありがとう」と言えたら自分を褒めるレベルのコミュ障です。

おっかなびっくりと開き直りを繰り返して生きてきて、本書巻頭のセルフチェックも当たり前のように100点超え。
ですが、おそらく自分はHSPではないのだろうなと思います(先天性のものだと思えないので。もしかしたらHSSではあるのかもしれませんが)。

けれど、本書に書かれていることは自分が後天的に(いわゆる処世術として)身につけながら自然に生きてきて至った「今」のことだと思えるので、とても為になりました。

HSPというのは病名や病気ではありません。性質です。
理屈ではどうすることもできず、コントロールがきかないからつらくて、自動的であるからどうしようもないと苦しんだり、悩むことにも悩むような繊細な感性をもっている人たちのことです。

本書はその性質や傾向についてと、デメリットよりもメリットへ目を向ける主旨で丁寧に書かれていて、クライアントの短いエピソードに「ああー!わかる!」と頷きながら、少しずつ浄化されていく感覚で読むことができました。

個人的に、巻末にあるリストに自然環境にふれる内容が多いことにものすごく納得したのですが、何の衒いもなく飾られていない「そのまま」の中で、自分も「ありのまま」に過ごす時間はとても重要だと思います。
(もちろん、自然を愛する人にHSPかどうかなんて垣根はないでしょうが)HSPであるからこそ、そうでない人よりも良さを感じることができるのかもしれないなぁと思います。ちゃんと喜んだり嬉しいことにも使えたら、きっと楽しい。

メンタルヘルスの重要性が注目されているご時世、当事者としてだけでなく出産・育児~部下を持つ人まで幅広く、自分の周りに10分の2人以上はいる身近な性質として本書を読んでみるのもいいかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月08日

もっと若い時にこの本に出会えていたら、もっと楽に、肩の力を抜いて生きて来れたのかも。
でも今読めてよかったなって思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月28日

自分の症状に呼び名があることに驚いた。そして自分と同じような症状の人が5人に1人いるとわかったことが嬉しかった。

自分は少し頭がイカれてるのかな?みんなのようには出来ないなと前々から思っていましたがこれはこれで正常なのだとわかりびっくり!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月27日

 HSPに関する本を片っ端から読んでいますが、この本は具体的な例を項目毎に挙げてくれているのでわかりやすいです。たくさんの人が読んで互いに歩み寄れたなら生きやすい世になるんだろうな……と思いました。
 実用集はかなり役に立ちます。心のまま自然体でいいのだと肩の力を抜く時間を見つければ自分らしさに逢え...続きを読むる、きっと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月23日

繊細な1人として、生き方の英知が詰まった一冊。自らを責めずに、重荷を背負い過ぎずに生きる方法がある。Noと言える勇気を持って明日から一歩を踏み出したい。
巻末のアイディア集が実用的でオススメ

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年08月12日

HSPについて。目次に要点がまとめられている。
特徴について、誰でも何かは当てはまるのか、もしくはHSP独特なものなのか。今後詳細がわかってくるのかな。

・ハードディスクがすぐいっぱいになり、過度に刺激を受けたと感じる
・寒さや空腹、喉の渇きに左右されやすいので避けるべき
・HSPは刺激を受けすぎ...続きを読むると、心に余裕がなくなって配慮を欠き、一緒にいづらい人になってしまう
・HSPの多くが水に惹かれる
・横になってうつらうつらするのではなく、静かに座って、できる限り何もしないことで、自分のなかに
入ってくる情報を選別することができる

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

心が軽くなった

2020年05月14日

自分は周りよりも敏感なのだ、ということに気づくことができたように思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月12日

自身がHSPであることが判明した。
今後はそのことを念頭に置きつつ、身の振り方を具体的に考えていきたい
→具体的な方法論については、「繊細さんの本」のほうがわかりやすかった

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月09日

HSPは敏感な神経の持ち主のこと。

HSPであることでうまくいかないこと、生きにくいと思うこともある。

HSPの能力の1つに刺激に敏感であることは他の人よりも大きな喜びを手に入れられることもある!
ex 芸術鑑賞 音楽、鳥のさえずりを聞く、花の匂いをかぐ、美味しいものを食べる、壮大な自然を感じる...続きを読む

←このような刺激がHSPの人の奥深くに染み入り心を喜びで満たしてくれる。

・HSPは共感能力が高く、他人に感情移入できる

・刺激を求めるHSPも。
 飽きやすく、素晴らしい体験を探す。
 旅とか行ったことないところ
 
気分が重たい時、本当に必要なのは睡眠よりも成功体験。


自分は刺激に敏感だと思ってたけど世の中には意外とそういう人たくさんいるのかなぁと思った。
HSPもいいとこあるんだよって気付かされる本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月01日

HSPとは、Highly Sensitive Personの頭文字を取ったもので、繊細な心を持った人々のことへの理解を深めるための本である。と同時に、実際にHSPと自覚した人がどう対処していけばよいかを述べた本である。100%そうだ、ぴったり自分のことだと思うことは稀だろうが、こういう繊細な要素を持...続きを読むっている人は多くいるのでなないだろうか。
①鈍感な世界に生きる「敏感な人」とは②「敏感な人」が抱えやすい心の問題③「鈍感な人たち」とうまく付きあうには④「敏感な自分」とうまく付きあうには
以上の4章からなっていて、HSPへの理解が深まることと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月18日

HSPなる症状について学ぶために読んでみた。どちらかといえば昔の自分に当てはまる。家内にも当てはまる。そして、今の娘には、かなり当てはまる。大きな音、トラウマ的な事象が普通の人よりも大きな刺激になっているようだ。味覚や匂いもかなり影響していると思う。私自身は、上手く行かないことに嘆くのではなく、上手...続きを読むく行かなくてもその結果を受け入れるようになってからだいぶ改善したように思う。まだ未成年の娘にどこまで助言できるか甚だ疑問であるが、乗り越えられるよう見守っていこうと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月02日

世の中の5人に1人はHSPと言われる敏感な人だといいます。疲れやすく、怒ることを嫌い、競争社会に向いていないと思っているような人たちですね、簡単にいうと。そんなHSPの人であり、牧師やセラピストなどとして活動する著者による、敏感な人の味方になる本です。HSPの人は、自分は間違っているんじゃないか、な...続きを読むどと自身をせめてしまいがち。そうじゃないこと、そしてもっと気楽に生きる術を教えてくれます。自尊心が低いと自分に過度な要求を課して努力をするようになるという。だけどそうやっている間、満たされることはなく、延々と努力は続く。一方で、自尊心が高ければ努力なんてしない。ありのままの自分でいいからだ。どちらにせよ、人からの評価や人から愛されるか否かが基準なんだ。幸せでいたいなら、バカでいろということになりますかねえ。人生ってそういう裏腹なものの両方をいったりきたりあくせくするのがほんとうみたいなところがあるように思っています。割り切りたいし、「割り切った方がいい」と苦しみから逃れることを説いたような本書には出てくるけれど、苦しみはあって当然なんじゃないのかな。そこのところは、ちょっとまだ異を唱えたいところです。まあ、人によりけりなんでしょうけども。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月16日

最近初めてHSPなる性質を知り、それが私に多少当てはまる可能性がある事を友人から教えてもらい興味を持ったので読んでみる。
典型的なHSPというわけではなく、この本でいう外向的あるいは刺激を求めるHSPなのと、専業主婦になってから自分のペースが掴めるようになってしまってこの本にあるような「辛さ」を感じ...続きを読むることが少ないため、「そういや昔はそうだったなぁ…」という感覚(笑)

残念なのは、HSPである事を受け入れ、あるいはそこから日常生活で不便を感じない対策などは書かれていたものの、そこから先…HSPである事をポジティブに利用、活用する術はほとんどなかった事かな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月02日

書き留めておきたいと思った箇所は以下。

誰かと深い関係を築く方法について。最終段階では自分のことをどう思っているか聞くと書いてある。これは自己肯定感を高めるのに最も良い方法の一つだと思った。なぜなら自分に対する自己評価と現実的評価を近づければ近づけるほど自己肯定感は増すからだ。

「すべき」から「...続きを読むだったらいいのに」
自分の限界点を把握する。また、可能であればそれを相手に伝える。

五感から過度に刺激を受けないように対処する。つまり視覚や聴覚、嗅覚などの刺激に対して人一倍気を使う必要がある。

五感を喜ばせる。たとえば、アロマを焚いたり砂の上や土の上を素足で歩くなど。

インスピレーションを信じる。

** デンマーク語の翻訳だからか自分が疲れてたからかわからないけれど少し読みづらかった

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月27日

自分がHSPであることを知った。読み終えて肩の緊張がすとんと取れた気もするし、なんだか目の前がすーっと開けた気もする。これからはもう少し楽な気持ちで生きていける気がする。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月25日

聞き慣れないHSPの話。 人より敏感に反応してしまう5人に1人がかかる病気だとの事。 この本を読んで、自分にも思い当たる節があり共感出来た。 とにもかくにも、人に左右されず、あまり頑張り過ぎない事。人に良く思われようとするのが自分を苦しめる。なので自然体で居るのが1番だと思った。 

このレビューは参考になりましたか?