【感想・ネタバレ】鈍感な世界に生きる 敏感な人たちのレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2021年05月11日

HSPな自分を知る為に読みました。HSPへの理解を深めるのに良い本で、セラピストのセラピーを受けているような感覚になります。HSPのパートナーを持つ方にもオススメです。
ひとつ気になったのは、HSPじゃない人=「鈍感な人」っていう表現がちょっと乱暴だなと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月31日

HSPの特徴、抱えやすい問題、他人と、また自分もの付き合い方についてもとてもわかりやすく描かれていた。
落ち込んだ時、自分に悩んだ時にまた読み返したいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年08月14日

自己診断をしてみてわずかながらだが、HSPの可能性があるようだ。昔から自分は敏感(神経質)な人間だと思っていた。店やパートナーがかける好みでない音楽に過剰に拒絶したり、自分の発言が嫌な思いをさせてしまったのではと深く考えたり。
本書ではHSPとは何かに始まり、日常で苦労しそうな場面、鈍感な人との付き...続きを読む合い方、自分自信との付き合い方について書かれている。
自分自身へ愛情を向けて、自分を守る。自分自身に思いやりを持つ。この2点について、以前は甘えだと考えていたが、そうではない、大事な事なんだ、と強く感じた。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

HSP。

kkkkd 2020年06月03日

小さい時から生きにくい自分。
でも、厳しい母の下、泣き言は許されず55までずっと人知れず悩んでいました。
それが!
これだ!これだから生きにくかったんだ、と納得。
心の整理がつき、生きる気力がでてきました。

状況はかわらないけど、気持ちは別人になりました。
340人のお客様がこれが役...続きを読むに立ったと考えています

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月30日

自己診断によると私はHSP。これまで生きづらいと意識したことは無かったけれど、読み進めるにつれ、無意識の生きづらさを回避する方法を自分なりに見つけて今があるのだと確認。また、自分では気付いていなかったHSPの特性に気付かされた部分も多く、癒され緊張がほぐれていく感覚を覚えた。繊細さや敏感さは、自分の...続きを読む長所でありチャームポイントだと自覚できるようになってからの私の人生は以前より明らかに楽しいものになった。もし繊細さ故に生きづらいと感じている人がいればぜひ読んでほしい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年04月17日

■ひとことで言うと?
 受容される経験を積んで、自分を縛るルールを壊す

■キーポイント
 ・自尊感情の低さ
  →社会的評価の低さに起因(ポジティブで活発な人が評価される社会)
  →高い評価基準(自分ルール)の設定によって自尊感情の低さをカバーしようとする
   →「達成できない→自己否定→自尊...続きを読む感情の低下→より高い基準の設定」のループ
 ・自分ルールを壊す
  →がんばらないと他人に好かれない?
   →ルールを破っても他人に「受容」される経験を積むことで、自尊感情を高める
 ・非HSPとの付き合い
  →自分の限界を伝える
   →過剰な刺激を抑止する、疲れたら休憩を取る
 ・HSPの能力を楽しむ
  →高い感受性:自然に触れる、おいしいものを食べる、芸術鑑賞をする
  →豊かな想像力:絵を描く、日記を書く、歌う
  →深い思考:哲学的なことを考える、空想する

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年07月29日

なぜこんなに音・におい・相手の表情が“気になってしかたがない”のか?「交友関係は狭いけれど深い」「競争や諍いは苦手だからしない」「ゆっくりだけど深く考える」…5人に1人が該当するHSP(とても敏感な人)が生きづらい世の中を“敏感さを武器”に強く生き抜くヒント。

HSPの人が自尊心を高めるために有効...続きを読むとされる方法に、「自分を認めてあげること」というのがあるが、何をすれば良いのか、ぼんやりとしていた。本書では、実際にHSPの人たちが「具体的にどうしたら、何が変わっていったのか」という体験談が随所に紹介されているので、とてもイメージしやすかった。
最後に紹介されていた「HSPのためのアイデアリスト」(喜びや心身の健康をもたらすもの)も、ぜひメモして、憂鬱になったときに読み返したい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年07月23日

HSP関連の本は初めて読んだけれど、まさに自分だった。

人にはうまく伝えられない、もはや自分でも理解しきれていないこれまでの悩みや苦しみを言語化してくれ、なんだか心が軽くなった。

一方で、まだ自分が直面していない事象に関して、「HSPは〇〇ができない」との記述があり、少し悲観的になってしまった。...続きを読む
全員に当てはまるわけではないし、必ずしも自分がそうなるとは限らないと思えれば良いのだけれど…。

でも総じて、すごく寄り添ってくれて、共感するところが多く、とてもよかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年07月06日

こんな自分でもいいんだと初めて考えることができた。

この本でインタビューされている人の話が
すごく共感できて、こんな想いを抱えている人は
たくさんいるんだと気づいた。

自分を責め続けた人生だったけど、これからの人生はそんな自分も含めて少しずつ愛してあげたいと思った。

こんな性格の自分にも良いと...続きを読むころは想像以上に多いことを知った。

そして、そんな自分を知ったからこそ、これからは塞ぎ込むよりも、今までよりも豊かな人生、そして人間関係を作っていこうとワクワクしている自分がいる!

この本に出会えてよかった。

(DaiGo先生おすすめ本)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年04月16日

9割くらい「自分のことじゃん…」って思いながら読んだ。違うのは創造性がなくて共感性も高くないところなので、HSPの悪い特性だけ持っていて世知辛い。
ただ、特に後半の解説策パートに外国風の言い回しが多いためあまりスッと頭の中に入っていかない。ふわっとした理解で終わってしまう。翻訳本だから仕方ないのだけ...続きを読むれど。
HSPの人生の道しるべとして読むには少し難解である。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年02月27日

近頃よく耳にするHSPについて知ってみたく、一番まとまっていそうだったので読んでみた。毛頭自分が「敏感な人」であるとは思っていなかったが、まさに自分に当てはまることが沢山書いてあり驚いた。少々偏った書き方には感じたが、生きるのがしんどい理由や、幼い頃からの悩みや違和感について少し理解できた気がする。...続きを読むあとは自分との付き合い方を考えていくのみです。当てはまらない方にはこういう人もいるんだな、と思って頂けると幸いです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月11日

HSPを個性として捉え、HSPであるつらさを軽減、HSPの長所を楽しむことを伝える内容。HSPが制約だけでないことを示唆する。

HSPの特徴
・ 悪い情報だけではなく良い情報も容量が少ない。 マイナスだけでなく、ポジティブなことにも 反応 する。(楽しみも大きい)
・ 過度に刺激を受ける→ ...続きを読む適切な対応が取れず、衝動的な行動を起こしてしまう。
・ 事前にあらゆる結果を想定し予防策を考える。 失敗するリスクを減らす。( 実際に助けられる場面もあった)→ 考えすぎて疲れる。常に不安を抱えてしまうデメリットも。リラクゼーションと瞑想で対応。
・ 感度の良いアンテナを備えている。(ミラーニューロン) 悪い雰囲気を感じ、何でも自分のせいと感じてしまう。
・ 全ての物事の責任を取ろうとする傾向。 自分のせいで人に迷惑をかけることが怖いため、 人と接するとき気が張る。
・ 他の人も自分と同じように、配慮するものと思っている。→ 『実際他の人たちはそんなことをしていない!』
・ 自分自身に高度な要求をする。 だが、自分がどんなルールを課しているか必ずしも把握していない。 過去に刷り込まれた 古い無意識のルールに自動的にしたがってる可能性がある。

・ 自尊心が低いから高い基準を設ける。 できる人間(子供)でいないといけないと思い込んでいる。
→ できない自分への恐れ=できない自分は価値がない。
・ 高い基準(今までの)を下げる勇気が必要。怖いこと。 いきなり下げるのではなくスモールステップで下げる。 下げても大丈夫と言う経験を重ねる。 また、新しいことを始めるという経験が恐怖の解毒剤になる。
・ 罪悪感と羞恥心を感じやすい。
・ 罪悪感と力は表裏一体。 罪悪感を負う人=そのことに対して力を持っている人。
現実を直視するよりも、自分のせいだと思うほうが楽だから罪悪感を感じる。( 自分に力がないことを認めるのが恐ろしいという面も)
・ 罪悪感=自分がやってしまったこと。
・ 羞恥心 =自分が間違っているのではないかという言語化できない予感と漠然とした恐怖。
・ネガティブに考えると疲れ→ 疲れるからネガティブに考えるという悪循環。
※疲れは悲しみが形を変えたもの。 眠りよりも小さな成功体験が必要。 楽しい活動は活力になる。
【対応】
① 物事をできる限り現実的に考える。
② 考えうる最悪の事態に備える。覚悟をもつ。

・ 自分自身の怒りに振り回される。 自分自身の感情+ 相手の感情まで察知する。
・ 争いに変わることは NG。 一緒にいない方がいい人もいる。 怒ってる人は苦しんでいる人。
・ ネガティブな感情を表に出さず、何の問題もないふり=良くない。 自分の価値と向き合う。
・ 怒りの根底には期待や要求、悲しみが潜んでいる。 自分や相手の望みや要求を認識→自らの怒りと距離を置く。
・怒りを悲しみに変化させる。 怒りを胸に抱いている限り戦い続けないといけない。
・ 怒りには現実を変えようとする希望が隠れている。
怒りに希望を見出し 希望を現実のものにできるなら現実を変える。できないなら 、希望を捨てて悲しみにする。
・自分の限界点がわからない。 刺激がどれほどストレスになっているか気づいていない →知る、気づくことから始める。
自分の限界を受け入れられない 、他の人と同じように自分もできるはずという気持ちを捨てきれない。 怖い認めたくない。→ 事実を受け入れた時怒りは悲しみになる。 繊細な自分に合った人生設計ができる。辛いかもしれないが 、気づくことが メリットになる。
今まで言い訳を求めていたことが、率直に堂々と伝えることができる。

本書を読んで、HSPの特徴が自分に当てはまることが多いと改めて感じた。特に高い基準やルール、何でも自分のせいと考えてしまうことは、あてはまる。いい子でいないといけないという幼少期の気持ちが今も自分のルールになっているかもしれない。幸いなことに、できる人間でなくても、(失敗しても)側にいてくれる家族や友人がいた経験が、実績じゃなく、ありのままの自分を受け入れてくれる人がいることを感じられた。
HSPのマイナス面にとらわれず、プラス面を生かして楽しんでいきたいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年10月02日

【読んだ目的・理由】HSPについて勉強しようと思って
【入手経路】買った
【詳細評価】☆3.5
【一番好きな表現】気分が重いとき、本当に必要なのは、睡眠よりも成功体験です。目標を低く設定するなら、ベッドから出て、郵便ポストの郵便物をとりにいくだけでもいいかもしれません。これは成功体験となりやすいでし...続きを読むょう。自分が何をしたいのかわからなくても、とりあえず何かしてみてください。(本文から引用)

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年08月12日

HSPについて。目次に要点がまとめられている。
特徴について、誰でも何かは当てはまるのか、もしくはHSP独特なものなのか。今後詳細がわかってくるのかな。

・ハードディスクがすぐいっぱいになり、過度に刺激を受けたと感じる
・寒さや空腹、喉の渇きに左右されやすいので避けるべき
・HSPは刺激を受けすぎ...続きを読むると、心に余裕がなくなって配慮を欠き、一緒にいづらい人になってしまう
・HSPの多くが水に惹かれる
・横になってうつらうつらするのではなく、静かに座って、できる限り何もしないことで、自分のなかに
入ってくる情報を選別することができる

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

心が軽くなった

2020年05月14日

自分は周りよりも敏感なのだ、ということに気づくことができたように思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年05月12日

自身がHSPであることが判明した。
今後はそのことを念頭に置きつつ、身の振り方を具体的に考えていきたい
→具体的な方法論については、「繊細さんの本」のほうがわかりやすかった

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月09日

HSPは敏感な神経の持ち主のこと。

HSPであることでうまくいかないこと、生きにくいと思うこともある。

HSPの能力の1つに刺激に敏感であることは他の人よりも大きな喜びを手に入れられることもある!
ex 芸術鑑賞 音楽、鳥のさえずりを聞く、花の匂いをかぐ、美味しいものを食べる、壮大な自然を感じる...続きを読む

←このような刺激がHSPの人の奥深くに染み入り心を喜びで満たしてくれる。

・HSPは共感能力が高く、他人に感情移入できる

・刺激を求めるHSPも。
 飽きやすく、素晴らしい体験を探す。
 旅とか行ったことないところ
 
気分が重たい時、本当に必要なのは睡眠よりも成功体験。


自分は刺激に敏感だと思ってたけど世の中には意外とそういう人たくさんいるのかなぁと思った。
HSPもいいとこあるんだよって気付かされる本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月01日

HSPとは、Highly Sensitive Personの頭文字を取ったもので、繊細な心を持った人々のことへの理解を深めるための本である。と同時に、実際にHSPと自覚した人がどう対処していけばよいかを述べた本である。100%そうだ、ぴったり自分のことだと思うことは稀だろうが、こういう繊細な要素を持...続きを読むっている人は多くいるのでなないだろうか。
①鈍感な世界に生きる「敏感な人」とは②「敏感な人」が抱えやすい心の問題③「鈍感な人たち」とうまく付きあうには④「敏感な自分」とうまく付きあうには
以上の4章からなっていて、HSPへの理解が深まることと思う。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2021年08月23日

・交友関係は狭いけれど深い
・競争や諍いは苦手だからしない
・ゆっくりだけど深く考える

帯の言葉を見て「これって私のこと?」と思い手に取った。本書巻頭のチェックテストをするとやはりHSP(とても敏感な人)の可能性があるらしい。自身もHSPだという著者の言葉が、ゆっくりと染み込んでいくのを読んでいて...続きを読む感じた。

まずは自分を知ることから。必要以上に自分を責めず、自分を知り、受け止めてあげる。
私は人に注意するのが苦手で、怒りが生まれてもどう怒っていいのか分からなくなるときがある。受け止めて流したり、相手に何も言わずに見捨てたり、距離を置いたりしてきた。本当は伝えたい。思いを言葉にしたい。
自分の持ち味をいかすために、自分はこういう人なんだと周りに伝えて今ある場所を整えていくのも手だなと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年08月01日

When we find someone who loses his or her mind, we should think that he/she felt frustrated because he/she can’t make others as he/she wishes. We don’...続きを読むt have to ask myself if we do something wrong to them.

このレビューは参考になりましたか?