鈍感な世界に生きる 敏感な人たち
  • 値引き

鈍感な世界に生きる 敏感な人たち

作者名 :
値引き価格 1,155円 (1,050円+税) 9月30日まで
通常価格 1,650円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

HSPは、愛すべき「能力」です。
□多角的な思考    □気配り上手
□誠実で責任感がある □想像力が豊か

世界的ベストセラー 世界24言語に翻訳!
自身もHSPの心理療法士によるHSP入門書
★「HSPチェックリスト」「HSPのためのアイデアリスト」付き


┏━━━━━━━━━━━━━━┓
 もしかしたら、あなたもHSP?
┗━━━━━━━━━━━━━━┛
□毎日、1人でいる時間が必要
□勘が良く、嘘を見破るのが得意
□テレビで暴力シーンを観ると、何日も影響されてしまう
□空腹や寒さを感じると、そのことが頭から離れなくなる
□仕事中、監視されているとストレスを感じる
□美しい自然や芸術作品をみると、喜びで胸がいっぱいになる
※書籍内チェックリストより一部抜粋


●目次(一部抜粋)
第1章 鈍感な世界に生きる「敏感な人」とは
・5人に1人がHSP(とても敏感な人)
・HSPは生まれもった気質
・HSPの能力1 一度に多くの情報を吸収できる
・HSPの能力2 音やにおいなどの微細な違いも察知できる
・HSPの能力3 ゆっくり、深く多角的に考えられる
・HSPの能力4 とても慎重で、危機管理能力が高い
・HSPの能力5 共感力が高く、気配り上手
・HSPの能力6 誠実で、責任感がある
・HSPの能力7 想像力が豊かで、内的生活が充実している
・表面的にはHSPに見えない人もいる
―外向的なHSP・刺激を求めるHSP
・タイプ分けすることの利点と難点

第2章 「敏感な人」が抱えやすい心の問題

・HSPが抱えやすい心の問題1 自分自身に高度な要求をしてしまう
・HSPが抱えやすい心の問題2 罪悪感と羞恥心に苛まれてしまう
・HSPが抱えやすい心の問題3 恐怖心を感じ、憂鬱になりやすい
・HSPが抱えやすい心の問題4 怒りをうまく放出できない

第3章 「鈍感な人たち」とうまく付きあうには
・方法1 周囲の人に自分がHSPであることを伝える
・方法2 自分の限界点をはっきり伝えておく
・方法3 休憩や散会の時間を事前に約束しておく
・・・など11の方法をご紹介

第4章 「敏感な自分」とうまく付きあうには
・方法1 HSPの能力を楽しむ機会をつくる
・方法2 五感から過度に刺激を受けないための対策をとる
・方法3 過度な刺激を受けたら、じっと自分の内側に集中する
・・・など8の方法をご紹介

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
ページ数
232ページ
電子版発売日
2016年10月22日
紙の本の発売
2016年10月
サイズ(目安)
4MB

鈍感な世界に生きる 敏感な人たち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月11日

    HSPな自分を知る為に読みました。HSPへの理解を深めるのに良い本で、セラピストのセラピーを受けているような感覚になります。HSPのパートナーを持つ方にもオススメです。
    ひとつ気になったのは、HSPじゃない人=「鈍感な人」っていう表現がちょっと乱暴だなと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月31日

    HSPの特徴、抱えやすい問題、他人と、また自分もの付き合い方についてもとてもわかりやすく描かれていた。
    落ち込んだ時、自分に悩んだ時にまた読み返したいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月14日

    自己診断をしてみてわずかながらだが、HSPの可能性があるようだ。昔から自分は敏感(神経質)な人間だと思っていた。店やパートナーがかける好みでない音楽に過剰に拒絶したり、自分の発言が嫌な思いをさせてしまったのではと深く考えたり。
    本書ではHSPとは何かに始まり、日常で苦労しそうな場面、鈍感な人との付き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    HSP。

    kkkkd 2020年06月03日

    小さい時から生きにくい自分。
    でも、厳しい母の下、泣き言は許されず55までずっと人知れず悩んでいました。
    それが!
    これだ!これだから生きにくかったんだ、と納得。
    心の整理がつき、生きる気力がでてきました。

    状況はかわらないけど、気持ちは別人になりました。
    340人のお客様がこれが役...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月30日

    自己診断によると私はHSP。これまで生きづらいと意識したことは無かったけれど、読み進めるにつれ、無意識の生きづらさを回避する方法を自分なりに見つけて今があるのだと確認。また、自分では気付いていなかったHSPの特性に気付かされた部分も多く、癒され緊張がほぐれていく感覚を覚えた。繊細さや敏感さは、自分の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月29日

    なぜこんなに音・におい・相手の表情が“気になってしかたがない”のか?「交友関係は狭いけれど深い」「競争や諍いは苦手だからしない」「ゆっくりだけど深く考える」…5人に1人が該当するHSP(とても敏感な人)が生きづらい世の中を“敏感さを武器”に強く生き抜くヒント。

    HSPの人が自尊心を高めるために有効...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月23日

    HSP関連の本は初めて読んだけれど、まさに自分だった。

    人にはうまく伝えられない、もはや自分でも理解しきれていないこれまでの悩みや苦しみを言語化してくれ、なんだか心が軽くなった。

    一方で、まだ自分が直面していない事象に関して、「HSPは〇〇ができない」との記述があり、少し悲観的になってしまった。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月06日

    こんな自分でもいいんだと初めて考えることができた。

    この本でインタビューされている人の話が
    すごく共感できて、こんな想いを抱えている人は
    たくさんいるんだと気づいた。

    自分を責め続けた人生だったけど、これからの人生はそんな自分も含めて少しずつ愛してあげたいと思った。

    こんな性格の自分にも良いと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月16日

    9割くらい「自分のことじゃん…」って思いながら読んだ。違うのは創造性がなくて共感性も高くないところなので、HSPの悪い特性だけ持っていて世知辛い。
    ただ、特に後半の解説策パートに外国風の言い回しが多いためあまりスッと頭の中に入っていかない。ふわっとした理解で終わってしまう。翻訳本だから仕方ないのだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月27日

    近頃よく耳にするHSPについて知ってみたく、一番まとまっていそうだったので読んでみた。毛頭自分が「敏感な人」であるとは思っていなかったが、まさに自分に当てはまることが沢山書いてあり驚いた。少々偏った書き方には感じたが、生きるのがしんどい理由や、幼い頃からの悩みや違和感について少し理解できた気がする。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています