【感想・ネタバレ】神智学のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年03月07日

高橋巌さんの翻訳は
私は読みやすいです。

いま、読みこなせなくても
手元に置いてスタンバっておいていい本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月13日

この本は過去に少し流行ったらしい。旦那が言っていた。そして、ワタシは幼稚園で知ったシュタイナー。旦那はスピリチュアルな人だと思ってたので幼稚園あるなんてビックリしてた。神智学とは、人間はどういった存在なのかといった話しです。人間はただ生まれて人生終えてハイ終わりってワケではない。体に宿った魂が肉体を...続きを読む通して生を体験する。魂には霊がついていて、霊は神聖な存在で人間の業や感情とは無縁のものだそう。霊は魂が体験した人間の営みを間接的に経験する事で精進し、より良い霊になっていくのだそうだ。なので人間が思考している存在が魂って言う事なのかな?霊と言うのはハイヤーセルフ(高次の自我)のようなのかもしれない。魂はまた転生して人間の営みってヤツを経験し霊を昇華させる。魂だってどんどんレベルアップしていくそうだ。やっぱり難しいんだけど、この3冊目は理解度がアップし、読んでて面白くなってきた。でも読むのに時間が掛かります…あとはオーラの話しや、人間が霊的に精進する為の話しなど。シュタイナーの本はまだまだたくさんあるので、前著読破し、再読しようかと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

はい、ラスボス級の本を1冊。しかし、ラスボス級ですが、ラスボスではありません。笑。さて、これをいかに卒論にしていくか。

このレビューは参考になりましたか?