【感想・ネタバレ】わしらは怪しい探険隊のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2017年12月27日

内容もさることながら、文章が最高。電車の中で下向いて肩揺らしてた。苦しかった(笑いをこらえるのが)。こんな仲間がいてうらやましい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月09日

行動の豪快さもあるが、観察眼、語り方の鮮やかなこと、鮮やかなこと。センスもきわめて独特。話が行ったり来たりするのにもかかわらず、なぜかスムーズに読めてしまう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月20日

椎名隊長をはじめ、個性的な仲間たちが離れ島でキャンプする。

ぐだぐだでベロベロな毎日が繰り広げられる。

あー遠くに行きたいな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月25日

【本の内容】
“おれわあいくぞう ドバドバだぞお…”潮騒うずまく伊良湖の沖に、やって来ました「東日本なんでもケトばす会」ご一行。

ドタバタ、ハチャメチャ、珍騒動の連日連夜。

男だけのおもしろ世界。

[ 目次 ]


[ POP ]
椎名誠さん率いる「あやしい探検隊」には、その道のプロが揃ってい...続きを読むます。

だから遊びも半端ではありません。

カヌー、バイク、山登り、海、川……そして何より焚き火を囲みながら食す、専属料理人林(りん)さんの激ウマ野外料理と宴会!

立派に大人の男たちが、ワハワハ、ガバガバとビールを飲みつつ、本気でバカ遊びに興じる豪快かつ贅沢な時間が詰め込まれた『わしらは怪しい探険隊』をはじめとする「あやしい探検隊」シリーズは、自然の中で読むと最高。

きっと、いつものアウトドアがさらに楽しくなるはずです。

[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月25日

昔読んでいた本を発掘したので再読しました。
椎名誠氏および仲間「怪しい探検隊」
(もしくは「東日本何でもケトばす会」)の皆様の著書も
少し読んだことがありました。

で、この本。
素晴らしいです…仲間によって仕上げられており、
挿絵が炊事班長(沢野ひとし氏)、
解説が釜たきメグロ(目黒孝二氏)とあっ...続きを読むて、
同人誌のような温かみを感じる1冊です。

アナログな時代に、更にアナログライフを目論む
皆様の珍道中(別にふざけているのではなく真実は小説より奇なのです)
は抱腹絶倒でございます。
冗談でなく、昔電車で読んでいたらブフーと噴いてしまい
あわてて閉じたことがあるくらい。

他の時期のレポも多数出ているようなので
改めて読んでみたいなぁ。
あと他の探検隊の皆様の著書もまた読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月25日

初めて読んでから、もう20数年。友人にすすめられて読み、すっかり椎名誠とその仲間たちにハマってしまった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

椎名誠氏の旅行記、怪しい探検隊シリーズ第一弾『わしらは怪しい探検隊』を再読しました。先日『わしらは怪しい雑魚釣り隊』を読み、本棚に収めたときにこの本が見あたらなかったため「ひょっとしてこの記念すべき第一書を読んでいないのではないか?読んでいないのならスグにも読みなさい。兎に角、即、確認すべし!」とい...続きを読むうとんでもない疑いを持つに至り、即購入したものだ。
書き出しを読んでみる。

「神島にしようじゃないの」
と、その年の夏、陰気な小安は早くも二級酒四合をぐびりぐびりと飲み干し、板わさ、もつの煮込み、もろきゅう、といったところをあらかたつつきおわったところでぼそぼそと陰気に言った。

おぉ!この書き出し、覚えがあります。やっぱり読んでいた。どういう経緯でこの本が本棚から消えてしまったかは謎のままである。しかし、こうして手に入ったのだから良いのだ。折角だからもう一度読み直すのだ、ということで再読しました。やはり素晴らしい。うひひ、うひひと笑いながら一気に読んでしまった。
この本は「東ケト会」(東日本何でもケトばす会)の名を日本全国に知らしめた記念碑的第一書なのである。怪しい探検隊シリーズのすべてはここから始まったのだ。
「東ケト会」=「怪しい探検隊」とは、日本の離島やキャンプ地にテントで宿泊し焚き火宴会を行うことを主たる活動とする、椎名誠を中心とした私的なサークルの名称である。本書177Pによると、当時の構成メンバーは隊長(椎名誠)、炊事班長(沢野ひとし)、にごり目、陰気な小安、木村せんせい(木村晋介)、長老(山森俊彦)、依田セーネン、ユー玉、フジケン、釜たきメグロ(目黒考二)であったようだ。ちなみに「怪しい探検隊」は後年、参加者が高齢化し自由な活動ができなくなったことを原因として、写真家の中村征夫、カヌーイストの野田知佑といったメンバーが強力メンバーを加えるなど大幅にメンバーが入れ替わり「第二次怪しい探検隊」として「いやはや隊」に発展的解消。さらに二〇〇〇年代に入っては釣りジャーナリストの齋藤海仁らをメンバーとした「第三次あやしい探検隊」として「怪しい雑魚釣り隊」に変遷している。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月15日

この本に出会って。椎名誠さん知って。から。ハマッタ。テント買って。チャリンコ買って。バイク買って。リュック買って。地図買って。トモダチ誘って夢中になって旅した。けっして豪華な旅とはいえなかったけど。楽しかった。旅の魅力がわかったのはもうちょっとあと。遊ぶだけの楽しい旅だけじゃなくほかもあるんだって。...続きを読む船に揺られて沖縄の果ての米粒みたいな島に着いたとき。おばあの話を聞いたりおじいの後をついていったり。なんとなくわかった。何でもケトばす会。一度参加してみたい。ゴミ拾い担当でいいから。すっげえキレイにしたる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

人気シリーズ、「怪しい探検隊」の記念すべき第一作。豪快な椎名氏と、個性あふれるその友人たちのキャンプ生活。テントと自炊、そして男気(稚気とも言う)あふれる宴会。女を徹底的に排したその姿勢は立派。幼い頃男の子とばかり遊んでいた私には、なんとなくなつかしい光景に思えて仕方ない。でも女だから入れてもらえな...続きを読むいのよね。残念。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月06日

最近、思うことあって、
椎名誠を全制覇しようと心密かに誓ってしまった。

この本は、1980年3月発行。
椎名あやしい探検隊最初の記念すべき傑作探検本。
何がいいって、裏話ネタが椎名誠、旅する文学館に書いてあるけど、沢山の離島探検を行っているが、
全体的に行き当たりばったり旅で、そこがドキドキ感が出...続きを読むて面白い。行く場所を決めるのも、飲み屋の会議で決めたとあるが、実は椎名の独断だったとか、行き先も当初予定した所には、キャンプする場所が無くて、見える島に移動してキャンプしたとか、もう、めちゃくちゃ。
面白い。
これは、あやしい探検隊の全体に共通するところである。
まだまだあるぜえシーナワールド!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月08日

中学生の時に初めて読み、あまりの面白さに声を出してゲラゲラ笑いながら読んだ。
内輪だけで盛り上がっている事柄で読者を釣りこむのは苦労する気がするが、作者は見事に成功している。
仲間内で行くキャンプという究極の内輪ネタを、
そのエッセイストとしての腕によって見事なエンターテイメントに仕上げている。

...続きを読む今でも読み返すとニヤニヤが止まらない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月11日

いい歳したおっさん達が 若者特有の熱い心もなく、だらりだらりとキャンプしたり蚊の大群に襲われたり、真剣勝負を途中放棄したりする話。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年04月25日

 初めて椎名誠にふれた作。テント、酒、焚き火。新入りはドレイ。別名、東日本蹴飛ばす会(東ケト会)。ここが原点というべき。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年03月16日

椎名誠の孤島でもどこへでも行って、どこへでもテント張って、仲間達と焚き火を囲んで酒飲んで騒ぐという内容のドタバタワハハ集。(かなり強引な説明だね)
椎名誠が主催するこの怪しい団体、通称"東ケト会"(東日本何でもケトばす会)に入隊を希望する者です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

08/2/25 ★★★☆
ナンダナンダと知らぬ間に椎名誠に引き込まれるキッカケになった本。
こんなアウトドアをしてみたい!

椎名誠の本は、食べ物でいえばスナックみたいなもんだと思う。
スナックが食べたい時もある。
僕が椎名誠を愛読するのはそういうことだ

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月06日

椎名誠のエッセイ。
一年に一度、おじさん連中だけで離島でキャンプ生活を送る「東日本なんでもケトばす会」。この「東ケト会」メンバーが三重県の神島へ行った時の顛末記。彼らの緩い離島体験談が、昭和軽薄体と呼ばれた砕けた語り口で書かれている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月08日

読み始めて直ぐに思いました。こりゃ駄目だって。
どうも文体が合わない。ズルズルとした口語調長文で苦手。こりゃ挫折だな。
しかし、読み続けるうちに気にならなくなりました。というより、なんとなくこういった話には、合っている文章かとも思えてきました(決して好きではないけど)。
というわけで、最期まで...続きを読む読み終えました。なんとなく中年男の悲哀なぞ感じながら。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月24日

著者を隊長とする「東日本何でもケトばす会」略して「東ケト会」のメンバーたちが、三重県の神島でおこなった10日ほどのキャンプ生活の顛末を描いています。

目黒考二の「解説」によれば、1970年の時点で最年少のフジケンが12歳、最年長の長老でも32歳というから意外。もっとオッサンだと思っていました。いい...続きを読む大人がバカ騒ぎをしているという雰囲気は、著者の昭和軽薄体の文章に負うところが大きいのかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月24日

在りし日の「体育会系文学」の金字塔!? 

再読。二十数年ぶり?! 「硬派」などというコトバがまだかろうじて世間に残存していたその当時、これはその極右的一冊として書店の片隅で鈍い光を放っていたものである。ところが「草食系」が全盛(?)の現在、あらためて読み直してみると、かつて「硬派」といわれた人びと...続きを読むは、もはや「ちょっと変わった趣味をお持ちの方々」といった風に見えてしまうあたり、時の移り変わりを痛烈に感じさせられたのだった。そして時代は、「肉食系女子会文学」へと向かうのだろうか……?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月21日

式根島をお供した一冊。
行く前に少し読んで、キャンプ中にもちょいと読んで、帰りの船で読み終えた。炊事班長にあこがれた。
満足度6

このレビューは参考になりましたか?