【感想・ネタバレ】パワー・クエスチョン 空気を一変させ、相手を動かす質問の技術のレビュー

ユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

Posted by ブクログ 2013年08月02日

沈黙こそ生産的議論が必要とするプロセスなのだという点、よく腹に落としてくれた一冊。

後半ではドラッガーの思想に触れ「あなたは、どういう人物として記憶されたいですか」という問い、即ち「ミッション」を探るためにこそ質問が必要であるとしている展開は白眉。

七つの習慣で、コヴィー博士が引用している「黙り...続きを読むなさい、さもないとあなたの舌が耳を塞ぐ」というネイティブアメリカンの格言をより具体的に理解させ、良い質問は、沈黙を生みミッションの輪郭を相手に示させる。そして、本質的なコミュニケーションの基礎を築くということを明らかにしてくれた一冊だと感じました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月29日

・それから訊いてみた。「この買収はどういう点でライフ・ヘルスのミッション・ステートメントを実現する事になるのですか?基本理念に関してはいかがです?」
「それは」リックは口を開いたが、あとが続かなかった。
「私はただ」彼はまた言った。「攻めに出るいいチャンスだと思っただけなんだ。思い立ったら突き進むタ...続きを読むイプだから」
私ははっとした。「ただ…だけだ」と聞くと、反射的に頭の中でアラートが鳴るのだ(「自分の中だけで完結している人間は器が小さい」というハリー・エマソン・フォスディックの名言を思い出した)。
「どうですか、リック、ミッション・ステートメントのどこに聖フランシス病院の心臓外科を乗っ取るのが基本理念にかなうことだと書いてありますか?聖フランシスをつぶすことになりますよ。心臓外科がなくなったら、やっていけないでしょう」
「なにが言いたいんだ?」リックは訊いた。
「言いたいわけじゃない。あなたに訊いているのです」

・人間のすることに揺るぎないことなどない。したがって、うまくいっているときは極度の高揚を、逆境では極度の落胆を避けることだ。―ソクラテス

・「オフィスから叩きだしてやったよ」
多国籍企業の北米支社のCEOであるフレッドと話していたときのことだ。かつてフレッドは世界でも最大級の銀行で最高情報責任者(CIO)をつとめていた。長年のうちにフレッドを訪ねてきた営業担当者は数知れない。
「文字通り叩きだしたんですか?冗談でしょう?」
「冗談なんかじゃない」「フレッドは言った。「またあの質問をしたんだ」
「あの質問とは?」
「夜中にふと目覚めて不安になるのはどんなことですか、だ」

「理由を説明しよう。
第一に、これは特定の相手に向けた質問ではない。ちゃんと下調べしてきたとは―相手の会社を調べて、どんな問題があるか研究してきたとは言えない。なんの準備もなくてもできる質問だ。だから、怠慢だというんだ。
第二に、よく知らない相手に本心を明かす人間はいない。当然だろう。考えればわかることだ。会ったばかりの営業担当者に私が腹の中の懸念や心配を打ち明けると思うか?冗談じゃない。
第三に、CEOやトップ経営陣を相手にするには―これがいちばん大事な点だが―この質問には問題がある。私のような立場の人間は、もっぱら会社の成長と革新に責任を負っているが、運営上の問題には関わっていない。運営上の問題に関わるのは執行役員だ。要するに、私のような役員は会社を成長させ革新するために雇われているわけだ。『夜中にふと目覚めて不安になるのはどんなことですか?』と訊かれても答えられない。

先日、当社の株主総会招集通知書を丹念に読んで、役員報酬について気の利いた質問をした女性がいた。複数の選択肢がある理由を知りたがってね。楽しい議論になったよ。適切な質問をして、それとなく探りを入れてきた。私が何を心配しているか、どんな人材活用体制をつくって離職を防ぐための戦略をとっているか、よく研究していた。要するに、充分な知識と経験があることをさりげなく伝える質問をすればいいんだ。当社の競合他社をどう評価するか、業界の動きをどう見るか、自分の意見を言うといい。私を話に引き込むことだ。そうすれば、こちらも口が軽くなる。そこまで持っていったら、もう少し踏み込んでもいい。
たとえば、こんなふうに。『これまでうかがったなかで―x、y、zのなかで―どの懸案を優先したいとお考えですか?どれがいちばんの難題だと思いますか?』」

・ベンの同僚は結婚生活が破綻したことに深い痛手を負っていた。カフェを出ると、彼はベンに言った。
「一度リズに訊いてみたほうがいいぞ、子供たちから手が離れたらなにがしたいか。妻は最後にこう言ったよ。『あなたはいつも自分の夢ばかり追っていて、私の夢がなにか一度も訊いてくれなかった』」
偉大な芸術家や指導者は決して夢を捨てないが、私たちはおうおうにして夢を諦める。H・D・ソローは「夢はその人の人格の試金石である」と言った。ゴッホは友人にこう言った。「僕は自分の絵を夢に見て、夢を描く」

・常にクライアントに前もって結論を伝えておくこと。会議に出席する経営陣がひとり残らずこれから発表することのブリーフィングを受けていると確かめないかぎり、会議室に入ってはならない。

・真実を発見するためには、人間は塵のように謙虚にならなければならない。出会う人すべてから学ぶことができると信じることである。―ガンジー

・「うちは市場第一位のシェアを誇っている。品質の高さではどこにも負けない。営業担当者は最大の宝だよ―競合他社は彼らを引き抜くチャンスをうかがっている」
話しができすぎているような気がした。私は「なぜ」という疑問から始めた。
「なぜ研修会を開こうと思ったのですか?」
「それは、営業担当者たちのスキルを継続的に向上させる必要があるからだ」
「なぜ営業担当者のスキルを向上させる必要があるのですか?今でも業界の垂涎の的なんじゃありませんか」
「スキルが向上すれば、もっと効率よく新規顧客を獲得できるだろう」
「なぜ新規顧客を獲得するためにさらに努力しなければいけないのですか?」
カートは生きるためになぜ呼吸しなければならないのかと訊かれたような顔で私を見た。
「現在の顧客基盤ではCEOが設定した成長目標に達することができないからだ。新規顧客をもっと開拓する必要がある」
(これでやっとターゲットに近づいた)
「では、なぜ顧客基盤を拡充できないのですか?」
ぎこちない沈黙が続いた。カートは咳払いして、もごもごと口ごもった。私は辛抱強く待った。(生産的な沈黙はぜったいに破ってはいけない!)
「実は、減少してるんだ。毎年、20%の顧客を失っている」
「なぜ毎年20%の顧客を失うことになったのですか?」
「競合他社が数社、シェアを獲得するために価格を下げてきたんだ。だが、いつまでもやれることじゃない。あんな低価格を長期的に維持できるわけがない」
「どうして分かったんです?」私はさらに追及した。
「営業担当者からアンケートをとった。それに、2、3のクライアントからも聞いた事がある。」
(ようやく思っていたところまで掘り下げることができた)
顧客減少の原因、競合他社の戦略、顧客が自社の商品や価格設定をどう考えているか、そういったことを充分に検討してからでなければ、研修会を開いても意味がないと私は伝えた。
…私は営業担当者からも、会社が失った顧客からも話を聞いた。やがて真相が見えてきた。ドーソンの会社が価格競争に負けていたわけではなかった。それよりも、問題は製品の品質と納期だったのである。

・「覚えておくといい。クライアントから成長と利潤の一部とみなされていたら、君から学ぶことはまだいくらでもあるということだ。しかし、管理すべきコストとみなされたら、いつお払い箱になっても不思議はない。」

・「人間はなにも持たずにこの世に生まれて、なにも持たずにこの世から消えていく。永遠に失わずにすむものがあるとしたら…それは与えたものだけ。私は与えた人と記憶してもらいたい。」

・まず、全員になにも書いていない封筒を渡して、差出人住所を書いてもらう。あて先は自分にして「私用親展」と書く。切手を貼る場所には、日付を入れる。
封筒の用意ができたら、短い作文を書いてもらう。特別の作文だ。
「構文やスペルや句読点にはこだわらないで。学校で習った文法はいっさい忘れて下さい。思いつくままに書いていただきたいのです。
頭のなかを真っ白な紙にしてください。では、準備はいいですね。
あなたの余命はあと三年、今日から三年です。そうとわかったら、あなたは個人として、そして職業人として、なにを変えたいですか?なにをしたいですか?誰ともっと親密に関わりたいですか?」
友人とはあなたの魂の歌を知っていて、あなたが言葉を失ったとき、その歌を歌ってくれる人だと私は説明する。あなたの友達は誰ですか?なぜその人たちともっと頻繁に会おうとしないのですか?あなたは人生をどう変えたいですか?
作文を書く時間は15分。それ以上は必要ないだろう。私が求めているのは、ありのままの心を取り繕わずに描いたレポートなのだ。
書き終えた紙をたたんで宛先を書いた封筒に入れ、封をしてもらう。私はそれを回収してオフィスに持って帰る。それを三年後に各自に送るというしくみである。

教訓的だった。でも、この最後のトピックが無ければ★4つにしたと思う。これはとても素敵なセッションだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月30日

会話とは質問を考えることである、くらいのつもりで会話せよ。
パワークエスチョンがないかと考えるくらいで。

質問なしで、自分のPR、というのが最悪のトークということだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月09日

もう一回読みたい。
こういう質問をする機会なんてまぁないんだが、でも、こう言う質問に対する答えをろくに自分が用意できないことに少なからずショックを覚える。
自分のミッションって。噛み砕けばやりたいことになるんだろうけど。なんだろう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月19日

数々の場面で使える質問が豊富に、筆者の経験したその場面とともに描かれている。

自分にも思い当たる場面がいくつもあり、そういうことが質問できれば、もっとその人の深いところまで知ることができたのではないかと思うと、今後の姿勢を見直したいと感じた。

また、この本を読むことは筆者から同様に自分への問いか...続きを読むけられている気分にもなる。普段ではなかなか向き合えない自分に向き合う本であった。

何回も読もうと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月09日

アメリカのコンサルタントが様々なシーンで効果的な質問の例を34挙げている。ストーリーとして面白く読めるが、日本語にして日本人相手に使うのはちょっと違うかな、というものもありますね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年11月07日

相手との関係を劇的に改善、飛躍させることになったパワークエッションを
そのストリート共に紹介している。エピソードと一緒に語られるため、どういう場面で使えばいいか応用が利くため重宝する。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月13日

訊くことは相手を引き出すこと。産婆術がそう。教師や上司、講師やコンサルタントから言われたことをそのままやるのは訓練。教育(education)は動詞educeが意味するように引き出すこと。相手のことを引き出すパワークエスチョンを使って、より良いコミュニケーションを。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月06日

質問で会話を制するという感じでしょうか。質問を質問で返すのはどうかとも思いますが,本質的な質問で焦点を合わせるというのは有効な方法でしょう。「今日は特別の日」は実行しようと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月21日

相手が心の奥に秘めている感情を引き出したいときは、パワー・クエスチョンが役に立つ。近付きたい人と話をする時に、的を射た質問、相手を考えさせる質問をすると相手が心を開きやすくなる。哲学者ソクラテス、精神的指導者ガンジー、詩人フロストなどの言葉を引用しているのが良い。著述家ドラッガーや大手企業のCEOな...続きを読むどにパワー・クエスチョンをした際の成功例も多数載っている。内容はコンサル業界で働く人や営業マン向けなので、そういった人が読むと仕事に活かせるのではないかと思う。

p21
科学的な研究でも明らかにされているが、私たちは熱心に話を聴いてくれる人に誰よりも好意を抱く。人間には大きな二つの欲求があるからだ。認められたいという欲求、そして、話を聴いてほしいという欲求である。
その二つの欲求を満たす「君はどう思う?」という質問ほど効力のあるものはない。

話を引き出し、相手に関心があることを示すには、「あなたはどう思いますか?」と問いかけるといい。

p38
想像してみてほしい。あなたは自由を奪われた。もはや太陽の暖かさを感じることはできない。快適な住居も失ってしまった。
そきて、完全な闇に包まれた洞窟にいる。湿気は耐えがたいほどだ。温度は常に氷点下。
束の間、そういう状況を想像して、詩人のコールリッジが言う「自発的な不信感の停止」、つまり、虚構とわかっていながら信じてしまう心境にひたってみてほしい。
こんな想像だ。あなたは一生この洞窟の中で鎖につながれ、内側の壁を向いている。背後では焚き火が燃えている。焚き火が壁に光を投げかける。鎖につながれているせいで、あなたは振り向いて焚き火を見ることはできない。目の前の壁が見えるだけだ。
来る日も来る日も、あなたは背後の焚き火の前を通りすぎる人や物が壁に映る影を見ている。影は踊り、動き回る。あなたはそうした影の意味を考えようとする。動きを説明づけ、その影の実態を推測する。そうした影は、暗い洞窟の隅から見ることのできる外の現実にいちばん近いものなのだ。
そんな影だけを見続けていたら、人生からどんな結論を引き出すことになるだろう?あなたが見ているのは洞窟の壁に映る現実の影で、現実そのものではない。あなたは自分の認識がいかに限られたものか気づいているだろうか?壁につながれていて、世界でなにが起こっているか、どこまで理解できるというのだろう。
不愉快な話だと感じるだろうか?それとも、周囲の世界に対する私たちの理解がいかに不確かかを示す的確な比喩だと思うだろうか?
古代ギリシアの哲学者、ソクラテスは、これを「洞窟の比喩」として紹介している。この話はプラトンの『国家(対話篇)』の中に出てくる。『対話篇』はプラトンとプラトンの師であるソクラテスとの一連の対話を記した作品だ。ソクラテスによると、哲学者は洞窟から解放され、現実をあるがままに見られるようになった人間だという。

p42
ソクラテスの考え方を採り入れて、洞窟から抜け出そう!思い込みに疑問を投げかけよう。ほかの人があたりまえだと思っている言葉の定義を問い直そう。質問を活用して、周囲の人を探求と発見のわくわくする旅に送り出そうではないか。

p43
相手を考えさせる質問をする
相手の専門知識を引き出す
相手の経験を引き出す手助けをする
言葉の意味について質問する
解決法を相手に求める
相手の賢明さを示す
総合的に考え、全貌を見る

p47
「どんなふうに始めたのですか?」と聞かれると、どんな著名人でも、絶大な権力や富を持つ人でも、つい語りたくなるようだ。だが、この質問はどんな人にも通用する。友人でも、同僚でも、出会ったばかりの人にでも。これがきっかけとなって語られる話は、わくわくするほど興味深いものだろう。

p54
人間は過ちを許すことができる。そして、内容のある話がしたいと思っている。「最初からやり直してもかまいませんか?」と訊くことで、相手は警戒を解いて笑顔になってくれるだろう。そうなれば、もう一度始めるのが楽になる。

p60
「あなたはなぜ今の仕事をしているのですか?」

p66
「これまででいちばんやりがいがあったことはなんですか?」

いちばんやりがいがあったことを訊くと、必ずその人にとって特別の出来事にたどりつく。

p87
実力のある人は進んで周囲の人間に力を貸したがるものだ。人助けが好きなのだ。クライアントや同僚にアドバイスを求めると、相手が気をよくしてくれて、関係がうまくいく場合がある。

p89
将来について、知識に裏づけられた質問をしよう。相手の心をつかむ質問、相手の抱負や優先事項、周囲の世界をどう見るかについて訊こう。

p95
この簡単な質問、「あなたの夢はなんですか?」を使えば、相手のことを気にかけていて、その人の長年の憧れを実現する手助けをしたがっていることを伝えられる。

p116
大切なのは、相手の話を聞き反応することだ。情報を得て、撃てば響くような受け答えをすることだ。それが活発な対話ができるか否かの分かれ目である。「もっと話してくれませんか?」は、相手の考え方や経験の扉を開く魔法の鍵なのだ。

p120
私はクレアの仕事を詳しく知りたかった。ひとつひとつの要素を分析してみたかった。問題解決者として闘志がむくむくと湧き上がった。
だが、一呼吸おいた。
「クレア、どういうことかな……この部門のCEOに就任して一年以上になりますね。今の仕事を振り返ってみて、なににもっと時間を充てたいと思いますか?逆に、かける時間を減らしたいと思うことは?」

p133
ロバート・フロストは、「行かなかった道」という詩の中で、人生の岐路にさしかかったときの心情を美しく歌っている。広く愛されている詩だ。黄色い森をさまよっていると、道が二つに分かれていた。どちらも同じように落ち葉が降り積もっているが、片方は人があまり通った跡がなかった。フロストは重い悩む。どちらに進むべきだろう?どちらが正しい選択だろう?
詩はこんなふうに終わっている。

森の中で道が二つに分かれていた、そして、私は……
私は人があまり通った跡のない道を選んだ
そして、それが人生を大きく変えた

この詩は人生を変えることになる選択をするのがいかに難しいかを物語っている。二つの道はさほど違わないように見える。そして、あとになって、私たちは自分の選んだ道が正しかったのだと信じたくなる。

p134
「紙を配りますから、一時間以内に自分の死亡記事を書いてください。地元の新聞に載せるため生前の略歴です。どんな記事にしたいですか?どんな人生を描きたいですか?では、始めて」

p135
二〇歳の私が自分の死亡記事を書いた
それはとりもなおさず人生設計を描くことだった。

p157
自分の計画ばかり話してはいけない。相手のために計画を立てて、それを押しつけるのもよくない。まず、こう訊こう。「あなたの計画を話してくれませんか?」

聞き上手になりたければ、次の三つの原則を守ることである。
・謙虚さ
インドの精神的指導者、マハトマ・ガンジーは、こう語っている。「真実を発見するためには、人間は塵のように謙虚にならなければいけない。出会う人すべてから学ぶことができると信じることである」
・好奇心
人は年齢を重ねるにつれて好奇心を失いがちだ。
どんな状況にも強い好奇心を抱いて挑めば、熱心に耳を傾けることができるだろう。
・自分を知ること
先入観や偏見にとらわれていると、人の話を聞くことができない。

p206
どんな地位についていても、どんな人生を送っていても、ほとんどの人にはまだ果たしていない夢があるものだ。だが、その夢を訊かれることはまずない。

p207
「まだかなえていない夢がありますか?」

p211
個人的なミッション・ステートメントでは、以下の質問に答えること。私はどんな人間なのか?なににいちばん価値を見出しているのか?身をもって実現したいことはなにか?一生のうちになにを成し遂げたいか?身近な人にどう接すればいいか?そして、どう接してもらいたいか?人生の目標はなにか?
よく考えてみよう。そして、それを書き出してみる。ミッション・ステートメントをつくると、自己を知り、私はこういう人間なのだと宣言して、宣言したことを実現できるだろう。
個人的なミッション・ステートメントを書き終えたとき、あなたはこの地球に生を享けた理由がはっきりわかるはずだ。ヘミングウェイの言葉を借りるなら、「自分について知っていると思っていたすべてのことを剥ぎ取られる」。

個人に置き換えると、あなたが誰と時間をすごしたいか、意識してはっきりさせるわけだ。どんな人とつき合いたいたいのか?その人たちは価値観や興味をあなたと共有しているか?あなたのエネルギー源となり、刺激を与えてくれるか?

p212
個人レベルでは、友人や家族や同僚にとってなにが大切かを理解しなければならない。彼らの目標や優先事項はなにか?そして、あなたとの関係でなにを大事にしているのか?

周囲の人はあなたがなにを期待しているかちゃんとわかっているだろうか?そして、そうした相手があなたになにを期待しているか知っているだろうか?どうしてほしいか彼らに訊いたことがあるだろうか?

あなたは自分のミッションを明らかにし、身をもって実現したいことを確認した。時間とエネルギーをかけて関わりたいのはどんな人かもわかっている。そうした相手がなにに価値を見出し、なにを大切にしているか理解しようと努めた。そして、相手もあなたになにを期待できるか、あなたがなにを期待しているか知っている。
そこまでできたら、あとは今後の計画ーめざすゴールにたどりつくための短期的、中期的、長期的行動計画を立てればいい。計画を立てないと、どこにたどりつくかわからない。どこにもたどりつけない場合もある。

p214
個人生活におけるピーター・ドラッカーの五つの質問の活用法
1あなたのミッションはなんですか?
2時間とエネルギーをかけて関わりたいのはどんな人ですか?
3あなたの身近な人の重要な目標や優先事項はなんですか?
4周囲の人になにを期待していますか?そして、彼らはあなたになにを期待していますか?
5どんな計画を立てていますか?

あなたの中に潜んでいる可能性を引き出そう。心の水位を下げて、水面下にあるもの、あらわになった土手にあるものを観察しよう。偶然に支配された人生と、意識的に計画し選択した人生と、あなたはどちらを選ぶだろう?

p225
実行を公言すると、実際に実行できる確率が高くなることは、社会科学者も実証している。実行したいことを書くのも、それを心に刻みつける効果があるはずだ。
ただし、内容はよく考えたほうがいい。実現する可能性はかなり高そうだ。

p233
人を励まし、発想のヒントを提供して、最大限に能力を発揮してもらう手助けをしたと思ってもらえたら最高

的を射た質問が相手の心を開き、その人にしか語れない答えを引き出す力がある

パワー・クエスチョンを活用すれば、生き生きとした会話が続けられる。

相手が心の奥に秘めている感情を引き出したいとき、パワー・クエスチョンはあなたの最強の味方になってくれるだろう。適切なときに使えば、会話の質が変わること請け合いである。

p251
否定的な態度は禁物。相手の言ったことはなんでも真剣に受け止めること

判断を下してはいけない。判断を下すと、そこで共感がとぎれてしまう。あくまで相手がどう思うか訊ねること

相手の話を言葉を変えて確認すること。相手の話をそのまま要約するとうんざりされる。表現を変えてまとめたほうがはるかに効果的

p256
ご指摘いただいて助かりました。この件についてまだほかに問題はないでしょうか?

こんなことになって申し訳ありません。現時点でどういう対応をお望みでしょう?

お知らせいただいて本当に助かりました。

それまでにまたなにかございましたら、お知らせいただけますか?

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年06月19日

実用的な良い質問が多い。本に書いてある通り、妻に「あなたの夢は何ですか?」と聞いたら、まさに本に書いてある通りのリアクションが来た。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月14日

即効性は素晴らしいが、著者のなんともアメリカンな思考回路に引っ掛かりを覚える。足元を見ず、収奪によって成り立つ成長、収益を最優先とする人々。そのルールによって成功した人が人間的に最も優れているという考え方。
というわけで、ドライに使えるとこだけ拾う。

製品を買う四条件
・解消すべき問題があるか
...続きを読む問題を自分のこととしてとらえているか
・現状提供されているものに不満があるか
・自分を信頼してくれているか

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月02日

仕事の成果も、人生も、質問で決まる。あなたはどれほど「パワー•クエスチョン」を放っているか? さまざまな事例から、質問の大切さを説く。

「質問が大切だ」という主張は賛成。ただ、いかにも翻訳本っぽい、細切れのエピソードを集めた編集は反対。事例があるとわかりやすい、というのはわかるけれど、結局理解が深...続きを読むまらないと思う。「こんなときはこんな質問を」というケーススタディが、実際にどれほど役に立つだろうか? 主張が明確でエピソードも面白いだけに、序盤は良かった。それがずっと続いてしまったことに食傷気味。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月23日

「いい質問は安易な答えに勝る」が今作のテーマ。
冒頭のあるCEOの発言が、質問の重要性を端的にまとめている。

「コンサルタントにしろ、銀行家にしろ、弁護士にしろ、どういう質問をするか、
そして、こちらの話にどれだけ熱心に耳を傾けるかで、その人間の経験と
洞察力がわかる」(P7)

こうした観点から...続きを読む、問題の本質に切り込んだり、相手との関係性を深めたり、
はたまた自分自身を振り返るのに使える質問(パワー・クエスチョン)を
33(事例付)+293(質問事項のみ)個紹介している。

本書が特に優れているのは、「使うべきではない質問」を紹介しているところ。
たとえば、「(新しい地位に着任してから)想定外だったことはなんですか?」、
三度イエスと言わせてから本題に入る、、、など。

掲載されている質問のカテゴライズは、質問事項のみ掲載されたパートの
キリが分かりやすいので、ご参考まで引用。

・最初の会合を実のあるものにする
・ニーズを発掘する
・願望や目標を理解する
・提案を論じる
・クライアントに会う前に-自問すべきこと
・個人的な関係をつくる
・相手の願望を理解する
・相手に共感する
・仕事関係でフィードバックをもらう
・人を指導・指南する
・危機的状況や苦情に対処する
・上司と円満な関係を保つ
・部下と円満な関係を保つ
・会議を改善する
・寄付を募る
・新しい提案や着想を判断する

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年09月16日

人を変える、動かす、伸ばす、という何かを伝えて行動まで結びつけるためには、レクチャーをするのではなく、問いを投げかけ、考えさせることでしか効果は薄い。
この考え方はよくわかる。しかし、そこには、問いを投げかける側の人間と投げかけられる側の人間の関係性が重要なファクターとなると実感している。
下の人間...続きを読む(実際はともかく、そう投げかけられる人間が見ている人間)から問われてもそういう状態は起こりにくい。
本当にそうか?それを凌駕する質問力はないか?
と探してたどり着いた。
が、それほど具体的シチューエーションで生きるというより、経営コンサルという領域において知っておいた方がいい、という内容。
応用可能な質問もあるが、もう少し原理原則が知りたかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年07月27日

パワー・クエスチョンの実例が
うまく行き過ぎている印象を受けるが,
全体としては良書だと思う。

よく言えば,具体例が豊富とも言える。
悪く言えば,くどい。

問題に対する多角的な視点を持っている人ならば,
自然とパワー・クエスチョンができるのではないか?
そういう人には,本書は不要であろう。

...続きを読むかし,パワー・クエスチョンが苦手な人にとっては,
よいキッカケになるのかもしれない。

アンチョコとしても使うのもアリでしょう。

ただ,本書にあるパワー・クエスチョンを使いまくると,
自分の頭で考えない人と思われてしまうかもしれません。

安易な質問は,
思考の放棄にも繋がってしまいますから。

このレビューは参考になりましたか?

「ビジネス・経済」ランキング