【感想・ネタバレ】絶対音感のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年06月18日

絶対音感は、ものの振動数が絶対的な値であることを考えれば不思議ではない。
音叉という音合わせに使う道具は、コンピュータでも実現できる。

人間の感覚が弁別閾という相対的な処理が得意なことを考えると、
絶対処理と相対処理がどちらが得意かという問題になる。

それでは、絶対音感がある人が音楽で有...続きを読む利かという幻想を持つ人がいるので、
具体的な情報を提供しようとしていると理解している。

体内に音叉を持っていることが、どれだけ人間に取って幸福なことであろうか。
体内に音叉を持っていることが便利というだけであれば、
では物理的に音叉を持ち歩くのは嫌なことかどうかを考えてはいかがでしょうか。

事例から直接、自分や子供の教育について方針を決めるのではなく、
その子にとって、何を得意であることを自覚すると幸せかで考えて欲しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月28日

絶対音感とは音楽性と違い、手段。相対音感(調性感)が重要。音とは結局、人と人との間の空間をどれだけ大きく揺るがすことができるかという超能力の様なもの。発せられた音だけを表現だと思うのは、鑑賞者である。創り手にあっては、物理的な音現象が始まる前に、その音が欲しいという欲求がすでに自分の中で立ち上がり、...続きを読む発せられた第1音が自分に変化をもたらす。その変化が次の音を生む欲動へと螺旋状につながっていくことが、演奏という行為である。創り手が意識せずとも持っているイリュージョンが、鑑賞者の心といかに接近し、触れ合い、交差するかによって、そのメッセージが意味を持つ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

面白かった!
最後の五嶋みどりのエピソードはそうでもなかったけど、それ以外がとても面白かった!
「絶対音感」てのを探っていくと、日本の音楽教育にぶち当たるわけですね。ヤマハも出て来たし、
自由学園の音楽教育も出て来たぞ!
でも、突き詰めていくと「絶対音感」て何だかわからなくなるものなんだね。「固定…...続きを読む」と「移動…」のことも知らなかったなあ。

わたしみたいに、自分の弾ける楽器だと音がわかるという人は結構いるんだなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

絶対音感についてのルポです。
音感の付け方の本、というよりは、音感がある人はどんな世界で生きているの?とかそのような謎に向かった本です。
実際に音感がある人への取材や脳の働き、はては戦前の音楽教育の話まで様々な角度からの考察が面白いです。

音がわかるって、どんな音でも音符に直せてしまうのだろうか。...続きを読むこれは音感が無いとある人の意見。
音がわかる、というのは普通のことだと思っていたし、もてはやされるほどのことではない。これは音感のあるとある人の意見。

私は実際楽器の音くらいしか聴いて音名を当てられないのですが、でもやはり後者の意見と同じく音名で聴こえてくるのは普通だと思っていました。
そういう違うサイドの人の意見を知ることも出来るし、他にも色々な「種類」の絶対音感についてでてきたり、音感に固執する日本人のことなど、へー、と思えることが載っています。
読み物として純粋に楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月24日

本書は、若き日のパステルナークと、彼の音楽の師であったスクリャービンとの対話を記すことからはじまります。パステルナークに音楽の道を断念させたものは「絶対音感」でした。その神秘的な能力を与えられなかった者は、そのことに苦しみ、与えられた者は人びとの好奇の視線を向けられて苦しむことになります。こうした事...続きを読む実が、絶対音感について語る者の口を重くしてきました。著者は本書を執筆するにあたって百人の音楽家たちに質問状を送ったものの、回収率は5割で、なかには白紙無記名で送り返してきたものや、あなたはなにもわかっていないという手紙が添えられたものもあったといいます。絶対音感を取り巻くこうした厚い雲を晴らすことが、本書の目標の一つだといってよいでしょう。

絶対音感を追求していくなかで著者は、戦前からの日本の音楽教育にひそむ問題にぶつかり、音楽と人間の関係をめぐる大きな謎を前にしてたじろぐ脳科学者たちの姿を知ることになります。最終章は、五嶋みどりと彼女を取り巻く家族とのかかわりをえがき、あらためて人間にとって音楽とはなにかと読者に問いかける内容になっています。

「文庫版あとがき」で著者は、「本書は絶対音感を礼賛したり否定したりする本ではありません」と書いていますが、こうした断り書きがなくても絶対音感について人びとが語りあい、音楽と向き合うことのできる状況を、著者は願っていたのかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月04日

ノンフィクションの地道さ、堅実さ、らせん状に深まっていく真相。
こういう仕事をちゃんと待って、評価していくことが本当に大事だと思う。
当時、きっとすごく読まれたであろうけど、
最後まで読み切れなかった人もいるんじゃないだろうか。
ひとつの疑問やイメージから、丁寧に文献に当たり、当事者の声を聞いていく...続きを読む
たどっていく道筋の中に、ぼんやりと「当たり前」と思っていたことに出くわしたり、
そのたびに、最初と同じようで違う場所から同じものを見る視点が加わったり。
絶対と相対、能力と修練、技術と表現力、環境や人間の成長の時期、
物理的な楽器というものを通じて生まれる誤差、
音を文字として読める力と、文字では読み切れない情感の範囲。
コンピューター(今ならAIか)の限界と、
人間の能力の、取捨選択における膨大さと何を選ぶかという早さの凄さ。
いろいろな要素が、調べる中で目の前に出てきて、
改めて、ここまで気付かなかった不思議に直面する。
ものを調べるってそういうことで、
行きつく先も、自分の予想なんてどんどん超えて止まらなくて。
この本1冊がここで終わっても、
まだまだ追及していくテーマ、新しい方法、視点は日々生まれていく。
でもこの地道に歩いていくしかない道にしびれを切らす人は多いだろう。
分からない人は「絶対音感」というお墨付きだけもらえれば
あとはすべて上手くいくと勝手に合点してもう次へ行く。
だますのなんて簡単だ。
学ぶ醍醐味、自分の頭のスペースが一気に開けていく快感、
自分で掴まなければ得られない充実感と実感、
その人にしかたどり着けない答え。
それを知ることで、自分がかかわらないいろいろなものに対しても、
すぐに答えが出ないことが分かるし、
一面からだけでは見えないことが分かるし。
判断を保留にしたまま余裕をもって考え、
出た結果を大切に大事にできると思うんだけどね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月13日

 この本が出るまでまったく聞いたことがなかった「絶対音感」って言葉だけど、そのスジでは超がつくほど有名だったんだね(゚д゚)!
 なんと 戦前から(゚д゚)!

 霊能力やESPっぽくて「自分にもあったら面白いかも」なんて思ってたけど、本書を読み進めていくうち そんな大したもんでもないことに気がつい...続きを読むた( ´ ▽ ` )ノ
 色で言えば、赤を赤 白を白と見分けるくらいなもんで、大枠さえズレてなきゃ 素人にはぜんぜん必要ない能力じゃん( ´ ▽ ` )ノ
 味で言えば、ワインのテイスティングとか( ´ ▽ ` )ノ
 
 絶対音感ブームの火付け役でありながら 内容はむしろその熱を冷ますもの、という皮肉な結果になってる面白い本( ´ ▽ ` )ノ

 終わりのほう、テーマに直接関係のない五嶋みどり&龍姉弟のミニ伝記が差し挟まれているけど、これはこれで面白かった( ´ ▽ ` )ノ
 こんな映画みたいなエキセントリックな家族、本当にいるんだね( ´ ▽ ` )ノ
 芸術が人を狂わせるのか、狂った人が芸術に囚われるのか?……人類永遠のテーマだ( ´ ▽ ` )ノ
 独立した評伝として長編化すればいいのに( ´ ▽ ` )ノ


 しかしまあ、読みづらい文章だったな(´ェ`)ン-…
 持って回った表現が多いし、時として冗長……まるで翻訳作品みたい(´ェ`)ン-…
 あとがきを見たらごくごく普通の文章だったから、「あれが作者ほんらいのスタイルではなく、わざとああいう書き方をしたんだ」と気づき 改めてびっくり(゚д゚)!
 ひょっとして、あらかじめ外国語翻訳を前提として変則的な書き方をしたんだろうか?……(´ェ`)ン-…

 取材協力者・参考文献の長大なリストには、ただもう頭がクラクラ……( ゚д゚ )

2019/01/13

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月01日

絶対音感という言葉の意味について、また、音律や和音について、ずいぶん自分が誤解していたことがよくわかった。
非常に多くの人に話を聞き、よく調べて書いているのがわかる。

「絶対音感さえあれば音楽家になれるのか」という問いが発展して、最後は「音楽って何だ」という話になっている。
それは本来のテー...続きを読むマからすれば「脱線」かもしれないが、絶対音感を考えていくと、どうしてもそこに行ってしまうのかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月28日

絶対音感、を追いながら
音楽教育の歴史、軍事利用まであったとは
わが子の絶対音感習得に奔走する親
絶対音感神話、指導者のジレンマ、
いつの間にか、ヒトの耳、脳、を経て、音楽とは、
そして科学者の挑戦へ、まで。
音にラベリングできる技術だけではなく
そのつながり、強弱、リズム、総合的に
創り上げ、奏で...続きを読む、聴き、音を楽しむと書いて音楽。
いい耳を持ちたいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月24日

広さも深みも網羅した体系的な本。絶対音感とは、に終始しないからこそ、音楽とは、という本質に迫る部分があると思う。(物理量の追求に終始してたら音楽としては非常にナンセンスだよな、という説得力があるし、そこに好感が持てた)
絶対音感とは、という点に関しては本のなかにも引用がある「あると便利でどっちつかず...続きを読む、時には厄介」という旨が語弊ないかなと思うし、それ以上踏み込みたい人は読もうねって薦められる本。
あと七章にあるバーンスタインの引用が音楽とは、という語りとして非常に優れていると思う

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月28日

絶対音感に関する、渾身のノンフィクション。歴史的な経緯に触れつつ、その日本での熱狂ぶり、問題点、絶対性のゆらぎ。五嶋家の話だけはなじまない感じがするが、組み込まれたスピンオフとしてはあり、だろう。

・丸山圭三郎:ロゴスとしての言葉は、すでに分節され秩序化されている事物にラベルを貼りつけるだけのもの...続きを読むではなく、その正反対に名づけることによって異なるものを一つのカテゴリーにとりあつめ、世界を有意味化する根源的な存在喚起力としてとらえられていた
・五嶋節:私、子どもに対して理解はないけど、反省はある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月10日

中学生のときに読んでからの再読。
当時は難しくてわからなかったことがわかるようになった。理解できることが増えた。

私は絶対音感を持っています。
ですが、相対音感もありますし移動ドで気持ち悪さを感じたことはありません。

色々な音楽家が絶対音感についてどう考えているか理解できて面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月24日

実によく歩き回った作品である。
なにげなく使っている言葉が、実はかなり深い歴史を持っていた。
「絶対音感」;その響きは、何かを想像させる。

五島みどりのおっかけストーリーを織り交ぜながら、
日本の「絶対音感」をもつ人の多いことについての考察
ヤマハそしてそのさきがけたる人物像。
「絶対音感」が、な...続きを読むくても、ある程度の演奏家になれる。
しかし、日本で絶対音感をもつことによって、
国によって、絶対音感が違ってくる。
ラ音 440ヘルツ
音というのは、ヘルツなんだよね。
○ピアノの平均率で出来ている純正律の音程
○440ヘルツ、442ヘルツ

音とは人と人の間の空間をどれだけ揺り動かすことが出来るか
無意識、あたらしいもの、自分の考えていること

「音響という物理現象が情動という心理現象へ移る接点」

「プロになるということは、
川の向こう岸に立つということです。
好きでないと出来ないけれど、
好きだけでは絶対出来ない。
誰にも頼ることは出来ない。
ソロの演奏家なら、一人で多くの人の前に
裸で立つ勇気を持っていない限りやっていけない。 
音を紡ぎ、自分を表現できる音楽家って
幸せですかねといわれますが、
紡ぐ音なんて見えない、どこにもない。

その音を探すこと頃から始めるわけだから
途方に暮れるのです。
少しも幸せではないです。
だけど、最終的にはなにかの幸せが祈られていて、
そのために生きていくのでしょうね。」

涙は心臓より出ずるものにして脳よりにあらず。
科学論 レオナルド・ダ・ヴィンチ  

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月04日

10年以上前に話題になった、氏のデビューレポを今ようやく読んだ。五島家をメインとした幼児教育論に話が始まり、各界音楽家へのインタビューねたをもとに、絶対音感について徹底調査した内容。結論としては予想通り(今の流れを知っているからかもしれないが)であるが、裏取りもしっかりとしてあり、読み応えあるものだ...続きを読むった。自分には相対音感はあるということも、本書を読んで理解できた。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年02月24日

意外と面白かった!

余談ですが著者は関西学院大学出身、
「東京大学応援部物語」も書いている彼女の
母校の応援団の思い出はというと

試験前に当時の団長にノートを貸せと言われ
顔は知ってるもののろくに話したこともないので
断ると、俺を誰だと思ってる的な発言をされた

らしい…(もちろん最相さんは吹奏...続きを読む楽部でもない)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月22日

音を聴いて、その音名を言えるという「絶対音感」。

音楽に関わるものには非常に便利な能力。
だけど、絶対音感を持つ者には周り中の音が全て音名で聞こえてきてやっかいなものだとも言われる。

私には絶対音感はない。
だが、相対音感はあるし、絶対音感に近いものは持っていると思う。

その中途半端な音感が身...続きを読むについた理由がこの本である程度明らかになった。

私は4歳からバイオリンを習い始めた。
そして和音の音名を言う練習もさせられ、15前後の和音を区別し3つの音名を言えるようにはなっていた。
ただしドイツ語で。
「ドミソ」なら「ツェーエーゲ」と言うように。
もちろん子供の私にはその意味は理解出来ない。つまりそこでドミソの和音を聞いても「ツェーエーゲ」とは答えられるが、ドとミとソの音の合成音だとは認識しなかったのである。そのため、脳内で音と音階のラベリングができなかったのだと思われる。

そして、もうひとつの理由。
それは鈴木メソッドでバイオリンを習ったこと。
これは音を音名ではなく指番号で覚える。脳内で音と指の位置がラベリングされてしまったのだ。
つまり音を聴いたら音名はわからないが、どの指でどこを押さえれば同じ音が鳴るかがわかるようになった。

ソルフェージュなんてしてないものだから楽譜は読めない。だけど、曲を聴けば弾けてしまうということができるようになったのは、この訓練のせいだと考えられる。

あと、バイオリンの音で開放弦の音(E,A,D,G)であれば絶対音感は身についていると思う。(ピアノもある程度はわかる)
ただしAの音を聴いてAの開放弦の音だとは認識できても「ラ」だとは認識できない。

こういう音楽教育を小さい時に受けてきたので、このような音感の持ち主になったのだということがこの本のおかげで分かった。

この中途半端な音感で役に立ったことと言えば、カラオケでキーを外さずに歌えるってことかな(そのキーが出せればだけど)。
逆に不便に思ったのが演奏とボーカルのキーがほんの少しでもズレてると気になってしょうがないということ(はっきり言えば下手に聞こえてしまう)。特にライブの演奏などは気になってしょうがないってことかな。


子供の頃からの音楽教育によって絶対音感を身につけることは可能だろう。だがそれが本当の意味での絶対音感ではないことをこの本で教えられた。

■この本を知ったきっかけ
 BS11『ベストセラーBOOK TV』で紹介されてた
■読もうと思ったわけ
 絶対音感に興味があったため。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

サイレンを音階で歌う人は私です、更に五嶋母のニ長調も勿論私です(爆)。
いや、音って全部楽譜になっちゃうよ。それがしばし不便なのでありますが、ってとこまでは書いてないか、この本には。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

絶対音感というものを持つ人を目の当たりにしたとき、結構驚いた記憶がある。
相対音感はあるけれど、絶対音感があったらどんな感じなんだろうという興味はいまだ尽きない。
あったらあったで、やっかいな部分もあるみたいだけど、やっぱりうらやましい。
そんなことをぐるぐる考えて読んだ本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月21日

何について論じているのかが分かりにくくて、読みにくい。
ノンフィクションとはこういうものなのかもしれないが、もう少し要点を端的に書いて欲しい。
興味深いエピソードはいくつかあった。
絶対音感は絶対ではない。
最終章の五嶋家族の物語は蛇足。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月01日

絶対音感について、ものすごく詳しい取材と分析が書かれているけど、読み終わってもやっぱりわからない。よく、すべての音が音階に当てはめて聞こえるっていうけど、でも本当に音感のいい人は440Hzと442Hzの違いがわかるのだろうから、厳密にいえば、周波数が大きくずれている音は、音階にはハマらない音に聞こえ...続きを読むるのが正解じゃないのだろうか。

このレビューは参考になりましたか?