【感想・ネタバレ】ひらめき脳のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年10月16日

ひらめきのメカニズムについて、これだけ科学的に、なおかつ分かりやすく書かれている本はないと思います。
ひらめきが生きる喜びをもたらすという著者の主張にも賛同できます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

茂木健一郎って人の本は何冊か持っているんだけど書いてる内容が少しむずかしい
読んでると本当に頭が良いなあと思うし、少しぶっ飛んでる感もある

この人の本に共通してるのは一方的に受け取らせるような感じじゃなくて読んでる方にも色々考えさせるような感じが強いような気がする

今日読み終わったので3周目だっ...続きを読むたけど、ある意味ニート向けに感じる
今の俺がそうだからそう感じるんだと思うけど


ひらめきやすい環境はリラックスできる環境であってリラックスできる環境とは表現を変えると退屈な時間、退屈な場所と説明してる
まさにニート
俺は思った、ニートという24時間を自分の事に使える環境だからこそ自分の人生をより良く考えるチャンスがあるんじゃないかと
何かに追われてるわけでもなければ、やらなきゃいけない環境だからこそ

後の方で思わぬ幸運に出会う能力は、行動をしてないニートには無いって書いてあるけどw


人生というものは、一瞬のうつに風景が変わることがあるということです。
その点こそ、人生最大の希望があr、幸福があり、また時には底知れぬ恐ろしさがあるのです。



漫画でもゲームでも映画でも何でも最初から結果がわかるモノに面白みはない
人生もいっしょだろって事ですね、素晴らしい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月23日

脳がひらめくとはどのようなものかを分かりやすく解説している。科学というより茂木思想に近い印象を受ける。日常、脳に対してどのように接するべきかということに対して割と体系的にかかれており、実践向き。ちなみに創造性豊かな脳を作るためには、やはりある程度の詰め込み(この作業は脳のデータベース作成に重要)は必...続きを読む要らしい。ゆとり教育大反対!!!。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年06月01日

「こうすれば必ずひらめく」というような方法でもない限り「再現性」と「普遍性」を大切にする科学研究の対象には、なかなかなりにくいのです 適切な文脈における不確実性は、それ自体が脳にとって報酬になりうる

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月01日

生活科での気付きと、ひらめきが結びついた。院に入った時に、研究で使いたい本。茂木さんの脳科学の取っ掛かりとしてオススメの本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月13日

脳がリラックスしてないとひらめかないということが
書いてあって、そうすると会議の席では良いアイディアが
なかなか出てこない理由がわかった。

リラックスできる雰囲気じゃないし。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月21日

[ 内容 ]
ひらめきは一部の天才の脳だけに起こるものではない。
すべての人間の脳にその種は確実に存在している。
突如「Aha!」とやって来て脳に認識の嵐を巻き起こす、ひらめきの不思議な正体に、最新の脳科学の知見を用いて迫る。
ひらめきの脳内メカニズム、ひらめきを生み易い環境、「ど忘れ」とひらめきの...続きを読む類似、感情や学習との関係は?
創造の瞬間を生かすも殺すもあなた次第。
不確実性に満ちた世界をより豊かに生きるために、ひらめきをこの手でつかみ取ろう。

[ 目次 ]
1 ひらめきの時代
2 ひらめきを生む環境
3 ひらめきの正体
4 脳とひらめき
5 ひらめきと学習
6 記憶の不思議
7 不確実性を乗り越えるために
8 ひらめきとセレンディピティ
9 ひらめきを掴むために

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月27日

口頭記述を文章化したものということでかなり簡易で読みやすくサクっと読めた。
内容についてはドーパミンによる学習仮説やセレンピディティなど、茂木先生の一連の本の中で語られているものと重複しているところが多かったが
・感情と理性は一体であること
・スランプに陥っているときはちょっと視点を変えて物を見てみ...続きを読むること
など、なかなか示唆に富んだ意見もあり興味深く読むことができた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月05日

セレンディピティについて知りたくて読書。

対人コミュニケーションが脳にとってはもっとも鍛錬となる。
予想外の不確実性が、実は重要な要素であること。

セレンディピティを活かすには、
1.行動。2.気づき。3.観察。4.受容。5.理解。実現。の6つだとしている。

セレンディピティという存在を認識し...続きを読むていないと、気づくことなくスルーしてしまう。

戦後の日本は、直感などの非科学的なものをGHQにより否定された影響を残したまま今日を迎えている印象がある。しかし、日本は歴史的に、ひらめきや直感などを生活の知恵としてきた土壌があると思う(迷信などもその中に含まれるかもしれないが。)。

セレンディピティを日常的に感じられる体験をしてみたい。

はじめに-「アハ!体験」は最初の2枚は、数秒で認識できるも、後半2枚は、解答を見ても全く見えてこない・・・・・。

読書時間:約45分

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年11月28日

読んで良かったと素直に思えた本です。

普段あまり意識しない、「脳」の活動についての本です。

茂木さん自信「わかりやすさ」に腐心したとのことで、専門知識のない私でもスラスラ読めました。

知ってて得する脳情報満載です。

例えば、ど忘れして思い出せないときの、あの感覚は脳にとって最高の喜び...続きを読むなんだ、とか。

読後、自分の脳と仲良くなれた感じがします。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年12月11日

人生の出来事は予測可能なものと不可能なものがある。
その不確実性に立ち向かうためにひらめきが必要であり、今最も求められているのである。
では、ひらめきをいかに手にするか。
確実な方法などないが、積み重ねが無ければ生まれない事は確かだ。
その未知への挑戦こそが脳に歓喜をもたらすのだ。
以上のように解釈...続きを読むしました。
「努力したものが全て報われるとは限らん。しかし! 成功した者は皆すべからく努力しておる!!」(鴨川源二@はじめの一歩)を思い出します。
ひらめきを内省的にアプローチした本「はじめて考えるときのように」もオススメです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月09日

【生きるということは、何か起こるかわからない不確実性にいかに向きあうかということが本質なのです。】

今までになかった視点に気がつく。
やっぱりひらめきって気持ちいい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

脳というものは、本当に神秘的で、面白いと思う。人がひらめく瞬間に、脳で何が起きているのか、興味津々である。どんどん、報酬系の細胞を刺激して、いい気分になりたいと思う。幸運とは、準備ができている者に、味方するのだ。とにかく、行動を起こそうっ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

創造は体験×意欲なんですと。
体験をいっぱい積まないと素材が集まらない。意欲がないとひらめきを掴むことができないそうです。
脳にとっての快感=ひらめきを掴むことが楽しいことなんでしょうね。
ところで、英国の社会心理学者が国連やWHO、シンクタンクなどの調査を分析して国民の幸福度を調べた結果、デ...続きを読むンマーク、スイス、オーストリア、アイスランド、バハマ、フィンランドの順だったそうです。ちなみに日本は90位。結果を学者は「小規模な国では国民に共同体としての意識が強く、国の美観を保ちやすいことが、生活への満足感につながっているのではないか」としています。どうなんでしょうか、、、。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月18日

茂木健一郎のひらめき脳を読みました。人間の脳が創造性を発揮するには、ひらめきが発生するには、どのような準備が必要か、ということを解説した本でした。詰め込み教育は良くないという考え方があるが、そもそも十分な知識が詰め込まれていないとひらめきが発生しない。ひらめきが発生するにはリラックスした状態でないと...続きを読むいけない。人間の脳は適度な遇有性のある刺激を快く感じる。論理と感情は相反するものではなく、協同して働くものである。というような主張を興味深く読みました。セレンティビティなど、「脳」整理法と関連する話題が多かったですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月03日

ひらめき(「アハ!体験」)と脳の関係について、さまざまな角度からわかりやすく解説している。

あとがきからもわかるように、一般の人向けに、茂木氏の考えをわかりやすくまとめた一冊。テレビ番組(「世界一受けたい授業」など)での茂木氏の話をそのまま本にしたような内容。脳科学の難しい話は置いておいて、「ひら...続きを読むめき」とはどういうものか、脳の中では何が起こっているのか、日常生活との関連などを説明している。

ちなみに、私は3枚目の「アハ!ピクチャー」だけは答えを見てからも暫くわからなかった。やっとわかったときでさえ、スッキリ感はなく、「えーっ、これかよー」という感じ…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月10日

この本は、脳の仕組みが説明されていて・・わかりやすかった。
的が絞ってあるのがよかったのかもしれない・・・

『ひらめく』のは、なぜか?

記憶を呼び戻すという行為とひらめきがにている・・
前頭葉と側頭葉のリレーによって、記憶が呼び戻される。

『大脳皮質の前頭葉というのは、「私」という自我の中枢で...続きを読むす。
その「私」の中心が、側頭葉に対して、
「これに関する記憶をよみがえらせてくれ」
とリクエストしている。』70p

『ひらめきや創造性は、記憶の働きから生まれる可能性が高い。
記憶というのは、覚えたことをただ再現するのではなく、
編集されていく。
この編集する力こそが、ひらめきを生む原動力につながる』

この記憶が編集されるというのが、
人間の脳の一番重要な働きかもしれない。
記憶の編集技術が、どういうシステムでできるのか・・
興味が深いですね。

『編集力がないということは、つまり体験から学ぶことができない。』130p
ということは、・・・
編集力をなくした脳を、『サヴァン能力』という

この脳の編集能力を十分効果的に使う方法と・・
編集能力の差が、個人差として生まれてくるということかな。

ペンローズはいう
『想像することと記憶することは似ている。』

『ひらめいた瞬間に驚いているのは、
自我の中枢である前頭葉だけです。
前頭葉にとっては驚きでも何でもなく、すでに知っていること』

私の脳の中で、私という部分と私と違う部分が存在している。
私の違う部分が、知っていても、私は知らない・・
私は、脳の中では、分裂しているようだ。

脳の90%は、使われていない・・・という俗説を信じていたが、
どうも違うらしい・・アハ!

●追記 『脳の中の人生』より・・・
記憶は、編集される・・ 

『人間の脳のなかでは、記憶は一度定着されても・・・
長い時間をかけて、編集され続けるようなのだ。
その編集過程で、人間は世界について、
新しい意味、新しい見方を獲得していくらしい。』

『記憶の編集プロセスを通して、
私たちは、自分自身の生き方について、世界のあり方について
さまざまな新しい見方を獲得していく。』

『中途半端』という言葉が、激しく揺れ動き・・
そのなかで、さまざまな思いが編集される・・。
そして、ひとつのまとまりになっていくというのは・・
脳の編集能力なんですね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月18日

脳についてのウンチク本。
茂木さんの本は以前も読んだことがあるのですが、なかなかページが進まず読み終わるのに時間がかかったことがあります。
この「ひらめき脳」はさらりと読めました。
「理性と感情」の関係性、「セレンディピティ」についての記述が面白かった。
毎日の生活のなかで「ひらめき」があらわれてく...続きを読むれることを待つのも楽しいかもと思わせる本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月05日

今更ながら、初★茂木健一郎。
アハ!ピクチャーが未だに解読できない。
答え見ちゃったのに…(^_^;)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月06日

知識を詰め込んでいないとひらめきは起こらない。
勉強は必要だということだと思います。
そしてやっとアハピクチャーが分かった。

このレビューは参考になりましたか?