【感想・ネタバレ】本朝金瓶梅 お伊勢篇のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年01月02日

時代小説は苦手ですが、これはサクサク読めました。
下ネタ満載ですが、いやらしさはありません。
なんだか笑えちゃうんですよね。そこが林真理子ワールドかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月01日

お気楽に読める。按摩の話は、ランディのコンセントみたいだなあ。全編下ネタワールドだけど、武松との束の間のデートはなんだか胸キュンだった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月21日

おきんと慶左衛門の色情続編。時代小説は苦手な私でも、これはスラスラ読めてしまう。官能とまではいかないけれど、下ネタ満載のエロエロ時代小説。昔独特の言い回しや隠語がなんとも痛快。「閨(ねや)の楽しみ」「こんな時、大奥の女だったら張形というのを使うのだろう」だとか、「魔羅(まら)と陰茎(まら)」「女陰(...続きを読むほと)と女陰(ぼぼ)」を要所要所で使い分けているのもツボ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年08月06日

全編を通して下ネタオンリーなのだけど、
作者の巧さに助けられサクサク読めちゃう。
内容の良し悪しではなく、文体の面白さで読み進める本だ。
小説の内容としての評価は、まぁ普通ではあるが、
まだ続きがあるような終わり方だったので、
たぶん、続編にも手を出すだろう。

このレビューは参考になりましたか?