【感想・ネタバレ】どれくらいの愛情のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年08月30日

-20年後の私へ-
この作品は白石先生らしい福岡を舞台に社会的に自立した離婚歴のある女性の物語。
40歳を目の前に迎えて、今後このまま独りで人生を送っていくのか、それともある種の妥協の言い訳を自分に言い聞かせながらでも伴侶を得て世間一般的に普通らしい人生を送るのか…そんな分岐点に立って、これまで気づ...続きを読むいていなかった愛情に気づく…ほんと白石先生らしい展開の物語でした。100頁程の短い物語なのでそんな感動すると言うほどのものではありません。彼らしさを感じられる作品として受け止めれば良いかと思います。

-たとえ真実を知っても彼は-
これはとても面白かったです!
作家と編集者という戦争を共に戦うような仕事を越えた濃密な関係性を構築する二人と双方の妻…それぞれ夫婦としての評判は高く、一方は親子共に仲睦まじく幸せな家庭だった。作家が急逝して明るみに出た真実、ドラスティックにうねりを上げて崩壊する家族関係とどう向き合い、どう折り合いをつけるのか?そこが読み処でドキドキしながら読ませてもらった。結果、作家の残した言葉通りであったが、それまでのあらましと逡巡…結論までの持っていきかたに白石先生らしさを感じた。
-ダーウィンの法則-
白石先生による夫婦間におけるセックスレスに関する考察が非常に興味深くて、そこへ結婚という夫婦間に横たわる倫理や節操という束縛を絡めて、すでに冷えてしまっている妻や家族との生活を守る人生と結婚後に出会った人であっても息の合う人と一緒の人生と、本当に幸せなのはどちらなのか?
「運命のヒト」…白石一文先生が描く物語には常にそのテーマが潜んでいる。そんな運命のヒトと出逢ってしまった男女が見せる葛藤や苦悩のような感情を通して「今を生きている自分は」一体何をどう感じて生きているのか?諦観や妥協じゃなく自分の自然な欲求に正直に生きるって事がどれほど大事なことかを伝えていると感じます。僕が白石一文先生が好きな理由がそこだと思う。これはとても良い作品でした。
-どれくらいの愛情-
この作品では作者の言いたいことの全てを「先生」が担っていて、他者を愛するという行為、他者を思うという行為とはどういうものであるのか?…それを喝破していたように感じました。二人一緒になりたいだけなのに目の前に立ちはだかる障害の数々を乗り越えて「愛するということの意味」に辿り着く…白石先生の頭の中にうずまく想いを叩きつけたような言葉だった。とてもいい読後感です。あとがきも素晴らしかったです。この本は、おススメです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月06日

短編集だが、タイトルになった最後の話はおよそ200ページなので中編とも呼べるかもしれない。しかもこれが面白い。
著者自身のあとがきもなかなか興味深い。
『すぐそばの彼方』になんとなくタイトルが似ています。それはおいといて、
この作品は『もしも私があなただったら』と同時期に書かれた作品だそうです。
...続きを読む者は生活の糧のため、自分の書いた作品を読んでもらいたいという他に3点目に書く理由に、書くことで自分をより知りたいと書いておりました。
「~自分の考えの一端を言語化し、そのことによって自分自身がどういう人間であるかを少しでも知りたいと考えている~」
この言葉から、なぜかちょっとした感動を覚えました。著者は39歳の時にパニック発作を経験しているそうです。
この時に目に見えるものの不確かさに、目には見えないものの確かさというものがあるのだと実感したようです。
面白い。
盲目になった時に盲目になるという恐怖から解放される。
自分自身を深く知ろうとすれば知るほどわからなくなる。などなど。
『すぐそばの彼方』や『永遠のとなり』等タイトルにもとてもとても考え抜いてタイトルをつけていると感じられます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月29日

収録作品の中では「ダーウィンの法則」が一番好き、不倫の話だからストーリー的には微妙なんだけど伝えたいこと的には、もう「そうそうそう!あるあるある!」の連続だったわよ。

人は愛情がなくなったからベタベタしなくなるのではなくて、ベタベタしなくなったから愛情がなくなったんだ、とか。

スキンシップは人に...続きを読むとっていかに重要か、とか。もう、自分の思ってること「まさに!」って感じで言ってくれちゃってる。

やっぱ私は恋愛体質だ!忘れてた!恋愛しよ、そうしよ、くっつきたいなぁ、冬だしなぁ。って?

思わず「ダーウィンの法則」ってなんだっけって調べたら・・・「自然は自家受精をきらう」というダーウィンの学説に付せられた名称。自然界では他家受精が一般的であり、自家受精のみでは生物の性質の退化が起こるとした。

おいおい、さすがダーウィン、いいこと言うね~、昨今の草食男子に聞かせてやりたいよ。

タイトルになってる「どれくらいの愛情」はいい話なんだけど、感情移入があまりできなかったかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月22日

4編の短編集で愛がテーマとなる作品。どれも愛を追い求めるが故、たとえ歪んだ情事でも対峙しながら幸せになろうとする。世の中不倫や裏切りなど、がっかりさせられることが多いのだが、この作中の登場人物たちはそれに支払う代価が多いと感じる。器用に生きていそうで実は不器用な部分はもはや同情の気持ちさえ芽生えた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月27日

上司にお借りした本。先日著者の別タイトルを読んで、
「面白いんやけど、重かった・・・」
と、思ったので(@「私という運命について」)、同時にお借りしていたこの本を読むのはちょっと後回しにしよう、と、別の本を読んでいたのだけど、いい加減返さないとあかん・・・、ちゅうことで、連休に挑戦してみました。

...続きを読むほしたら、ビックリのイッキ読み。あっ、こっちのほうが面白いわ。
こっちのほうが好きやわ。
こちらのタイトルは「恋愛小説集」らしいねん。こんなビターな恋愛小説集って、ある(笑)?
また、並行してアルファポリスのエタニティブックスを読んでますやん。
向こうと比べると、恋愛色の薄いような、ビターすぎるような、ファンタジー感がゼロのような(笑)!

相変わらず、読むのに体力はいる。
(文章を目で追うのに体力がいるのではなく、読んで感じることが身につまされすぎてしんどくなるという意味で)
実際、この本を読み、「コンビニ人間」を、読んだあとにろくでもない夢を見てゲンナリして夜中に起きたりもした・・・(笑)。
夜中の三時にネガティブの波に飲み込まれるかと思ったよ。危ない危ない。

そのくらいなので、自分という軸をちゃんと持ってる人が読まないと、飲み込まれるんちゃうかなあと思う。
そういうことも含めて、では、感想。付箋の数はものすごいようけある。



著者の本を読んでいると、「心から愛する」ってことが、そんなに重要なん? とは、思ってしまうんだよな・・・。
重要。そこ、重要よね。

でも、安西より野上やろう!? と、思ってしまった。ここまできてプロポーズを断る!?
ちゅうか、お見合いやからしょうがないかもしれへんけど、プロポーズ早くないか(笑)!?

将来安泰、夫は自分に愛情よりも「妻という仕事」を、求めてるわけやん。
それさえクリアしていればかなり自由にさせてくれそうよ~、野上さんは。

今の私なら間違いなく野上さんを選ぶな。結婚は愛情よりもビジネスやと本気で思う。あれは、仕事だ。そう思うほうがよほどうまくいく。

(えー)

(だからあかんねんやん)

ちゅうか、相手の問題よね。私のようなものを求めて結婚する人だって絶対いてるはずだよ。
ビジネスとして重ねていけばいずれ情も移るやろう。せやけど、はなから情だけで成り立つ結婚は、どこで情を切れるんやろう。
あ、切る必要はないんか(笑)?

ほんで、エタニティブックスやったら、ここで野上さんが実は岬のことをめっちゃ好きで、結婚したららぶあま新婚生活が待っている・・・、と、いう展開になるよなー、と、思った。
そうならないのが、この本の「恋愛」の現実感がたっぷりなところやなと妙にニヤニヤした。笑

あとは、安西さんの
「幸せにしてもらおうと思うな、幸せにすると思え」
っていうあの言は、深かったわー。討たれたわー。ほんま、討たれた。私はこの期に及んで「幸せにしてもらおう」って思ってるかもしれへん。

自分を幸せにすることを一番に考えよう。
自分を幸せにするっていうことと、子どもを幸せにするっていうことは、イコールやからね、当たり前。


そして二十年前の岬の手紙は、どうよ、と、思った(笑)。
こんなこと、書けるぅ!? いや、二十歳前後のころってこんなふうに、情熱もあって大人ぶろうとして、世界はみんな自分の味方やと信じていられるころやったかもしれへんなー。
確かに私もそうやったかもしれへんなー。
就職するまでは、狭い世界で生きていられるもんね。ほんで、二十歳間近っていうたら、その「狭い世界」ではベテラン中のベテランになってるもんね・・・。こんなふうに強気でいれるんかもな。


さて二作目の「たとえ真実を知っても彼は」は、とにかくタイトルがいいなーって思った。
ちょっと読み進めたら、なるほど、展開も読めた。けれどこれも面白かった。

突然のカミングアウトと「あなたに対する申し訳なさでいっぱいやから別れてほしい」っていう緋沙子は、エゴの塊やなっていうか、自分可愛さだけか! と、ツッこみたくなったけれど、緋沙子といい、カレンといい、そもそも市川自身がどこに落としどころを持っていくのかな、ちゅうのがこの話の一番のミソやったと思う。

男の嫉妬ってみっともないなーって思いつつ(すいません)、市川は男前やった。


さて表題作は、長いだけあってかなり面白かった。
これはもう一気読みしようと気合を入れて読んだけれど、いったりきたりしながらすごい時間をかけて読んだなー。
家で時間を作って読めてよかった。

(でも、別のタイトルも思わずバスで乗り過ごしそうになった程度には熱中した)

博多弁の応酬もなんだかよかった!
地名はわからなくて苦労するところもあったけど(初出時にはちゃんとルビがついてるのにね)、スピリチュアルな部分も濃くて、ものすごい読みふけったなー・・・。
結構、翻弄された・・・。

どうでもいいけど、短編集って収録の順番もめっちゃ大事やねんね。
最初の「二十年後の私へ」が、思うよりグッときたので読み進めちゃったし、最後の表題作に翻弄されまくったので、つまりこの本は面白かった、と、思えるんやもの・・・。
(収録される)順番が違っていたら、もう少し違う感想になったかも。


愛情かあ。
自分を満たしてくれるもの、かあ。
スキンシップな。確かに子どもとのスキンシップはめっちゃとってる。さすがにもう普段はべたべたしないけれど、ちょっとしゃべってるときに手で触れたりとか、そういうことを当たり前に続けていければいいと思う。
母親に触れていいのだと子どもなりに安心していてほしい。

(自分が、両親とそういう関係ではなかったので)

ほんで、そうすることによって私自身も安心できるんやもの、有難い話やなあ。

心配するほど相手のことを思う気持ちというのは、私はほんまに当たり前のように持ち合わせてるよ。
周囲にはその気持ちをあまり持っていない人もいる。持っているけれど、薄い人もいる。そういう相手には、こちらも薄く接していればいいのだと思っている。


■■■■


■ベーチェット病

再発・寛解を繰り返す原因不明の慢性疾患で、自己免疫疾患の一つ。


■上げ潮

満ちてくる潮。満ち潮。 ↔ 下げ潮 ・ 引き潮

物事の勢いが盛んになること。調子が上向きであること。


■凋落 ちょうらく


勢いがおとろえること。おちぶれること。 「 -の一途をたどる」 「かつての栄華は見るかげもなく-する」

草木がしぼみ枯れること。 「咲き乱れたる百花の-飛散するに譬へて/福翁百話 諭吉」

容色がおとろえること。 「鏡の中には最早(もう)-し尽くした女が映つて居た/家 藤村」

おとろえ死ぬこと。 「茶山の友人は次第に-して行くのであつた/伊沢蘭軒 鷗外」


■横溢 おういつ

いっぱいにみなぎること。あふれ流れるほど盛んなこと。


■宮台


■寸毫 すんごう

ほんのわずか。ごく少し。


■宸翰 しんかん

宸筆ともいう。天皇が書いた筆跡。


■カリエス

脊椎を含む骨組織の結核菌による侵食などを指す医学用語


■堅忍不抜 けんにんふばつ

どんなことがあっても心を動かさず、じっと我慢して堪え忍ぶこと。▽「堅忍」は意志がきわめて強く、じっと堪え忍ぶこと。我慢強いこと。「不抜」は固くて抜けない意。意志が強く、何があっても心を動かさないこと。


■ファインブリュー

サントリー株式会社が販売していたノンアルコール飲料。2002年発売。


■徒広い だだっぴろい

ばかに広い。やたらに広い。むやみに広い。

(2017.05.06)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月27日

作者は白石一文です。
とても心に残る、力強いメッセージが伝わる小説でした。
恋愛小説(短編)が3つ入っています。
女性が好きそうな本だと思います。(多分)
この作者の本をはじめて読みましたが、
なんとも色々な人物が描かれていて、作者の幅を感じます。
特に表題作でもある「どれくらいの愛情」はとても良い...続きを読むです。
陳腐な言い方ですが、愛に満ちた話だなと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年10月06日

読み応えありました。
4作の恋愛小説集。
はじめの「20年後の私へ」は合いませんでした。
薄っぺらくて、都合がよくて、面白くないなあ〜と思って読み始めたのですが、
2作目から一転。深い深い。
あとがきでも書かれているように目に見えないものの確かさを必死で探していく感じで、
いつもはどんな小説を読んで...続きを読むも、自分の既存の価値観に基づいて小説の言葉を理解していきますが、
この小説を読みながら「わたしはこう思ってあってるのだろうか」と思いながら読みました。
一番好きなのはダーウィンの法則で知佳の思考を物語を通して追えるところです。
恋愛小説というのは感情や偶然みたいな見えないものがそれこそ集まって物語がなしていくんだろうけど、
白石さんはそれを現れているように、しっかりと掴んで物語が進んでいくので読んでいて本当に楽しかったです。
表題作のどのくらいの愛情を読んで思ったことは素直に自分にもこの世の中に片割れがいればいいと思った。
そんなひとと仲良く百歳までうきうき過ごせたら幸せだと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月23日

下記を今朝登録したのだが、時間が経つにつれ、段々印象が上向いてきたので、評価星ひとつ増やす。

『絶望した側が、戦いに勝つことがよくある…』

『辛いときこそ、心のエネルギーを失ってはならない。人間は幼い時からその体に太陽エネルギーをたくさん蓄えてきたのだから、苦しいときこそ、それを放出して、自分の...続きを読む内部や周辺に渦巻いている暗黒のエネルギーを吹き消せばよい。少なくともそうイメージすることで、人間は溌剌となれるのだ…』

今、手元に本がないので、語句、文章は正確ではないが、そのような内容だった。
なぜか、その2点がじわーっと込み上げてきて、思わず修正。



表題作のほか3編。
博多弁が面白い。
表題作の『どれくらいの愛情』以外は何とも心に残らなかったのだが、4編目のこれだけは、しんみり読めた。
宗教的な匂いもするのだが、その言葉は結構印象に残った。


としても…私はなぜこの本を買ったのかしら。
その時はそういう気分だったのかなぁ。
ワカラン。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月05日

大人の愛にはいろいろな形があるけれど、目の前の相手を幸せにしようとしたり、離れていても相手の幸せを願うことが大切。そんな気がする。

4作ともよかったのですが、ラストの表題作「どれくらいの愛情」が一番しっくりきた。導入部分の『解夏』の松村達雄のセリフ(あなたは本当に失明した瞬間に、その失明の恐怖から...続きを読む解放されるのです)が最後まで効いている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月10日

初期の作品よりも小説の質が上がったな、というのが第一印象。

どの作品も、根源的な心の動きについて、問いかけてくるものが多かった。
特に表題作で、主人公と晶についての関係について先生が言ったことが、心の中に染みた。
喪失の恐怖は、喪失するかもしれない状態で起こるもの。喪失した瞬間に恐怖は消えて、心の...続きを読む中に永遠に残る、といった内容だったと思う。
また、「20年後の君へ」で出てくる安西くんの優しさと強さに心打たれた。読み終わってから和んだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月14日

短編集。不倫の話ばかりなのが嫌なんだけど、はっとさせられる台詞が多い。舞台が福岡だから、色々想像できていい。何度も読み返してしまう本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月04日

たくさんの考えさせられる言葉が出てくる素敵な作品。

この人は愛する人を探しているのではなく、妻となるべき人を探しているのだ。

お前がその人に幸せにして貰いたいと思っているのなら認めない。その人のことを幸せにするために。

自分に何ができるか真剣に問いかけてみる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月03日

運命論を信じている訳ではないけれど、塞翁が馬ということは実際あり得て、渦中では気づかないがあとあと思い返せば「あのときはあれで良かったのだ」という体験は少なくない。

白石さんの本はまさにそう言ったことの連なりで、人生模様を描いているようです。若干スピリチュアルだから、万人受けはしないだろうけど読み...続きを読む物としては面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月26日

四つの短編。白石作品の中ではとても読みやすかった。

生と死、愛、親子。
ままならない人の心、人生、愛情。
行きつ戻りつしても構わない。恥ずかしいことじゃない。
人の行動の真意は、本当のところは誰にもわからない。

木津の正平への説教には納得いかないな。
屁理屈こねて開き直ってるだけじゃないのか。
...続きを読む
四つのうち三つは博多が舞台。
表題作だけ、登場人物が博多弁をしゃべる。
表題作がやっぱり好きだな。
舞台となった博多の街を思い浮かべながら読み進んだ。
晶と正平すれ違ったのはあの辺りかな、とか。

うーん、ぜんざいが食べたくなったな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月14日

中編の表題作を含む短編集。いろいろな形の愛について。

うまく言えないけど、大事なヒトを幸せにするために、そばにいたいなぁと思わせる作品。好きなら触れていたほうがよいそうです(≧∇≦)。

読後感はよい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月23日

いろんな形の恋愛があって、そのどれもが平穏なものではなく。
傷つけて傷つけられて、それでも大切なものがあって。
愛ゆえの嘘がたくさん出てきた気がします。
嘘をつくってよくないことではあるけど、相手のためを思った優しい嘘は、きっと二人には必要なものだったんだろうなと。
私は『20年後の私へ』が好きでし...続きを読むた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月02日

あとがきで「世界の完全性」ということに言及している。小説の中ではある意味わかりやすい象徴的な人物が出てきているが、確かに「世界の完全性」なるものはあるのかもしれない。あると信じて、探求していきたいとも思うし。そんなあとがきを読んでいて思い出したのは「一般意思2.0」。いろいろなものが自分の中でつなが...続きを読むっていく小説だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月30日

『二十年後の私さん。心がくたびれて、なにもしたくなくなったり、誰のことも好きになれないような気がしたら、どうか、この私のことを思い出して下さい。私はいま、あなたのことを心から応援しています。そしてあなたが素敵な人と出会い、幸福な人生をこれからも送っていくことを心から願っています。父や母、いやそれ以上...続きを読むの強い気持ちで、私はあなたの幸せを祈っています。あなたは決して一人ではありません。こうして今も一生懸命に生きている私がいます。これからも一生懸命に生きていく私がいます。そういうたくさんの私が積み重なって、いまのあなたがいるのです。だから、あなたは決して一人ではありません。一人だと思ったときは、二十年前のこの私を、いまから一年後の私を、二年後の私を、三年後の私を…どうか思い出して下さい。そういうたくさんの私を決して忘れないで下さい。そして、そのあなたのそばには、きっとあなたのことを心から愛してくれる人がいるはずです。私はそのことだけは絶対に信じています。そう信じてこれから一生懸命に生きていくつもりです。二年後の私さん。あなたが歩んだこの二十年の人生に、私は精一杯の拍手を送ります。本当にご苦労さま、本当にありがとう!では、二十年後のいつの日にか、あなたに会えるのをいまからとても楽しみにしています。』

『お前が、その人を幸せにする自信があるのなら、俺は身を引く。ただし、お前がその人に幸せにして貰いたいと思っているのなら俺は離婚は絶対に認めない。こんなやり方をしておいて、誰かに幸せにして貰おうだなんて余りに虫がよすぎるからね』

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年05月01日

白石一文らしい穏やかな恋愛小説。
---
5年前、結婚を目前に最愛の女性、晶に裏切られた正平は、苦しみの中、家業に打ち込み、思わぬ成功を収めていた。そんな彼に突然、電話が。再開した男と女。明らかにされる別離の理由(表題作)。目に見えるものだけでは分からない「大切なもの」に気づくとき、人は感動に打ち震...続きを読むえる。表題作の他3作を収録した傑作恋愛小説集。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年01月13日

目に見えるものだけでは分からない”大切なもの”かぁ。「なんとなく」深いなぁと思うところはあるのだけど、私にはまだ早いのかもしれない。きちんと理解が出来ていない気がする。歳を取って読んだなら、また違う感想になるのかな。

このレビューは参考になりましたか?