【感想・ネタバレ】太陽がイッパイいっぱいのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年04月28日

土方のバイトを始めた三流大学の男子学生イズミは、次第に大学にかようことをアホらしく思うように。バイト先である解体業者“マルショウ”にスカウトされて、大学を休学します。

マルショウのメンツのオモロイことと言ったら。加えて、舞台が関西。芦屋に始まり、宝塚、千林大宮など、知った地名が次々に出てくるもので...続きを読むすから、なおさら話に引き込まれます。「ガテン系ナニワ青春小説」という触れ込みがピッタリ。

かくして三羽省吾の著作も「大人買い」。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月31日

「ガテン系ってイイ!」とうなる、熱気ムンムンの青春小説。登場人物達の、お馬鹿で下品でまっすぐな言動がたまらない。

夏、キンキンに冷えた缶ビールをキューッと飲みながら、一気読みしたい作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月05日

ニートニートニートで知った
三輪省吾のデビュー作
若い頃の憤りや勢いを
思い出させる
熱く面白い話だった

ニートニートニートに出て来た
あいつが出てたりして
良い感じの作品

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

久々わけも無く泣いた・・そして笑った・・
電車で爆笑しかけた・・
森見さんが京都を舞台にしたエリート大学のイッチャッた学生の青春オバカ小説なら、こちらは大阪を舞台にした3流大学(気骨あるがゆえに休学中)の学生のホントの意味で突き抜けてる汗と笑いと涙の青春モノ・・

文学系かガテン系かの違いは...続きを読むあれども、しかしどちらも比喩表現が秀逸。
でも等身大で現実的・・て意味で、こちらに共感するかな・・・
随所にいい会話いい言葉笑えるネタはあるんだけど
「とりあえず頑張っとけ・・春は来る」
この言葉がやっぱいい。
またいい作家さんに出会えた。



このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

粗野で単純で飾らない肉体労働者の青春物語・・・かと思いきや、そんな純粋な世界はないのです。今の世の中がどんなに気に入らなくたって、反抗してみたつもりでいたって、生きていくのはこの社会でしかない。それを認めるのってなんだか負けたような、流されてるような気持ちになる。けどそれって本当は強さであり潔さです...続きを読むよね。とりあえずそう、笑っとこう。笑う門には福来るってね。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月03日

自分が生まれてから20年以上過ごした町が舞台になっており、とても懐かしい気持ちで読みました。
まさに「大阪のちょっと柄が良くない町に住んでいるアホな若者」達がそのまま登場し、彼らが活き活きした大阪弁で交わす会話の随所にはさまれている小ネタがいい感じです。
最後まで決して無理に「いい話」に持っていかな...続きを読むいところも気に入りました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月17日

第5回酒飲み書店員大賞作品。

浪速のガテン系青春小説。
主人公イズミは大学に行かずに、建設現場で働き、肉体を酷使した後のビールの美味しさと、怠惰な学生生活にはない人生のリアリティを感じている。

その建設現場で働く仲間と繰り広げる涙、笑い、喧嘩、恋愛など、熱気溢れる一冊。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年05月14日

小難しいことは考えず、自分に正直にシンプル生きようとするガテン系の主人公たちを描いた小説。

自分も建設業に携わっていますが、
作業員さんたちってのは当たらずとも遠からず
思想的に非常にシンプルで、
みんないっぱいイッパイでなんだと思います。

描写がいきいきとしていて、パワーをもらいま...続きを読むした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月01日

関西ガテン系小説。
三羽センセのデブュー作だそうです。

終始テンポがよく、明るくあっけらかんとしてます。
バイオレンスやシリアスな場面もあるのですが、基本明るく楽しく(?)描かれていて、とても読みやすかったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月21日

貸してくれた本で、自分ではなかなな手を出さないジャンル。キツイ関西弁も露骨な下ネタも、くすりと笑える描写もあってテンポ良くおもしろく読めた。この作家さんの他の作品読みたくなりました。ありがとう!貸してくれたひと!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年02月17日

この人の本は初めて読んだけど、面白かった。浪花ガテン系青春小説。自分探ししてる主人公よりも、脇役・カンの魅力に溢れる一冊だった。チーマー(?)のボスとの対決辺りから俄然盛り上がる感じ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月04日

「大阪」むき出しの青春肉体労働バカいい話。下ネタを突っ込みつつ、笑わせつつ、結構「いい話」になってるのが凄い。 途中から止まらなくなった。『こんな仲間と仕事したいなぁ』と強烈に思った。これは、割と自信をもってオススメできる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月16日

カリカチュアされた登場人物。スピーディーでユーモアの利いた話の運び。大阪弁としたたかさ。面白くて一気に読みました。痛快な青春小説です。
ただ、半ば過ぎから"過剰"で"底が浅い"印象が付きまといます。最後の2章ほどで話を落ち着けて締めた分、軽薄な印象はぐっと収ま...続きを読むりましたが。
なにやら荻原浩との類似を感じます。漫画チックなキャラを設定しておいて、物語の中で自由に動き回らさせる事で、破天荒な物語を作っていく。その中で、時折しっとりした(荻原さんは"泣き"の)シーンを織り込んでいく。映像化したら楽しめそうです。
三羽さんのデビュー作であり、私にとっても初・三羽作品。その後も活躍されてるようなので、期待しましょう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

勢いがあります。男組なねたが満載だったり、ちょっと懐かしいヤンキー臭もしますがなんとなく幸せな気分で読み終わりました。忘れていたもの、忘れがちなものを思い出させてくれます。シンプルが一番です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

注目の三羽省吾。私は、もうすでに”世間に喰われて”しまっているかもしれないけれど、それでも、考えることを止めないでおこうと思いました。個人的に知ってる地名ばかりだったので、リアルに楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

三羽省吾、おそるべし!デビュー作にして、この迫力!バカみたいなタイトルのまんま、バカみたいに一生懸命に働き、悩み、考える。なんというひたむきさ!今おさえておいた方が良い人?1です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月02日

ギャグっぽい小説かと思ったら違った…。それはそれで意外と面白い。立ち飲み屋と定食屋を軸に汗して恋して飲んで悩む。ただ大企業への就職云々では消化不良気味。理屈っぽいんだかなんだかもやもや。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年05月22日

ガテン系ってこんな感じなんじゃないかな~
ちょっと下トークを交えているけれど結構面白かったかな~。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月07日

ちょっとお下品なガテン系の青春物語。この前読んだフリーター家を買う。もガテン系だったけど全然上品だったな。関西と東京の違い?イズミの今後も気になる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

大学生のイズミはアルバイトで始めた解体作業にはまる。額に汗して働き仲間と酒を飲んで寝るというシンプルなローテーションが心地よいのだ。

つきあう女友達もでき、草野球を楽しみ、ケンカに巻き込まれ……親会社から一本釣りされそうになる。
 
体で考えたことを軸に置いて頭で考えるようになったイズミの青...続きを読む春記。

鮮度がいい。

このレビューは参考になりましたか?