【感想・ネタバレ】小説 あらしのよるにのレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年07月01日

絵本版を全て読み終わったあとで、「この小説だけに、本当のラストが書かれている」との著者のコメントを読んで気になって読んでみた小説版。
そもそもの絵本版の原作が「何故このような深い話を絵本で出版してしまったのか……?」と首を傾げるような子供向きとは思えない内容だったし、あとがきで著者が媒体に合った表現...続きを読むがある、と記している通り小説版は小説ならではの描写の豊かさで、絵本では省かれていた部分も丁寧に拾い上げている印象。スピンオフの絵本で語られた設定も本編中で反映されていて、個人的にはこの小説版が完全版だと思う。

賛否両論あったという絵本版のラストだけれど、私は7巻は蛇足に見えてしまってハッピーエンドとは受け取れないタイプの読者。だけど小説版で付け加えられたエピローグを見たらすとんと腑に落ちてしまった。ふたりがようやく再会して、これから幸せな時間が始まるよとはとても思えなかったので、悲しい結末ではあるけれど私は少し安心してしまった。短いエピローグだけどあの場面が語られる媒体があってよかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月11日

大好きな名作絵本の小説版。本来のラストが描かれており、涙を禁じえません。純愛…だけど彼らはオオカミとヤギ。本来なら捕食者と餌の関係なのに強く惹かれ合った二匹は、多くの犠牲や試練との引き換えに友情と愛情を育みます。この障害だらけの異種間愛、葛藤から生まれる絆が、安易な恋愛モノと大きく一線を画す傑作へと...続きを読む昇華させています。絶賛を浴びた絵本版、日本アカデミー賞優秀賞を受賞した映画版、そしてきむらさんが存分に描き切った小説版。どれも素晴らしい傑作です。(ガブもメイも雄というのがまた痺れるw)

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年10月10日

あらしの夜出会ったヤギとオオカミの友情物語。

オオカミにとってヤギは「白くてふわふわした美味しそうなもの」でしかない。
ヤギにとってのオオカミは野蛮で自分たちを食べる天敵。

そんな二匹 ”オオカミのガブとヤギのメイ” が嵐の吹きすさぶ夜に避難することになった小屋でお互いの姿が見えない中、何の先入...続きを読む観もないまま、ただ会話から相手が自分と同類と信じ再び会う約束することから物語は始まる。

ガブが目の前のメイを「おいしそう」と感じながらも常に友情を感じ、愛しく思う。「ヤギなんて食べたことがない」と言い張り、追手を逃れて逃避行?の途中ではメイに見つからないよう夜中にネズミを食べに出て空腹を満たすところなんか、その言動ゆえ彼を愛しく感じてしまう。

人間の世界でも、自分と何か違う、見た目が違う、違和感がある等、さまざまな思い込みで摩擦が起こりうる。知り合った時・場所で相手に対する態度に差別がおこる。
最初から異質なものとして出会ったら友情が生まれがたい。

この物語の、オオカミとヤギの関係はそういう事とは真逆で、先入観なしの出会いから「知りあえて良かった」になるまで、ただ相手にひたむきに向き合ってよく知ることで生まれる友情というものが伝わってきた。

オオカミだからって臆病だっていいし、「食べられるかも」と心配しながら隙をみせずに虚勢をはってオオカミを味方につけるヤギがいてもいい。
決められた役割を果たさなくても、分かり合える友達がいれば幸せなのだと言うことか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月27日

いしいしんじのトリツカレ男を思い出した。これは童話なんだから、ライトすぎるとか、それを言うのは野暮ってもん。
これでいいんですよ。



感情移入して、ウルっときた。本を読んで泣くことなんて、滅多にないのに。相手を思いやるのは、難しいよね。愛することは、素晴らしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月12日

後半は、この二人がどうなるのか、話がどんどん展開していって、夢中になって読みました。沢山泣きました。

お互いの違いを、みないふりではなく、理解し認めるというのは、本当に難しいことだと思う。
それさえも越えれるほどの愛ってどんなのかなぁ。この先出会えるのか。

終わり方はとても切なく、けど、心温まる...続きを読む終わりだと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月06日

小学生の頃に授業で読み聞かせとして、この作品と出会った。悲しい物語でたまに泣いてしまうが、無償に読みたくなる作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月17日

素敵な話でした。なぜか気が合う狼とヤギ…種類は違うけどお互いのことが大好きでずっと一緒にいることを決めた。私はこの話は人間の男と女に当てはまるんじゃないかなぁ。と思った。男の人と女の人は違うけどその中で自分にぴったりな人がいる。その人とならどんなことでも乗り越えられる気がする。そう思えるなんて素敵な...続きを読むことだな。と思いながら読んでました。子供が小学生になったら勧めてみようかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月02日

映画を観て、小説が読みたいと買った本。昔から何度も読み返してほっこりしてる。本当に心の底から好きな人っていうのは、を考えれた本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月26日

動物を題材にしてるけど、ロミオとジュリエット的な恋愛小説です。
ありがちなシチュエーション、展開ですが、文章も素直な感じでスラスラ読める。
絵本で小さな子が読む話としては、すごくいい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年12月04日

これまで、なんとなくタイトルは聞いたことはあったけれど、内容の詳細は知らず、今回機会があったので手にしました。
もとが絵本だったということもあり、最初は内容に入り込めず、なかなか読み進めることができなかったのですが、ヤギとオオカミそれぞれの群れに、秘密がばれたあたりから、お話にひきつけられて、最後ま...続きを読むで一気に読んでしまいました。
種族を超えた、ましてや肉食動物と草食動物の友情(愛情?)は、もどかしさと辛さ以上に喜びがあって、良かったです。
あとがきで、この物語の真のラストは絵本や映画にはなく、小説版だけ、とのことでしたが、最後はなるほど、らしい終わり方に思えました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月30日

歌舞伎、ビデオを見てから小説を読んでみた。
ビデオとはほぼ同じストーリー。絶対あり得ないお話だけど、動物って可愛いいなぁ、とつくづく感じる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年08月06日

カブとメイ。狼とヤギ。決して仲良くなれない関係?実際人間に置き換えたらどうだろう?既成の価値観と容姿に囚われ本質を見ようとせず、唯、他人に合わせ闇雲に同調や否定をする。本当につまらない。自分もその一人だ。色の入っていない眼鏡をかけて、自分の心に耳を傾け行動できるような人間になりたい。そう思わせてくれ...続きを読むたガブとメイに感謝したい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月13日

小学校の教科書かなにかに載っていて
続きがあるとは知らないまま出会いました。
おおかみとひつじの友情に心を打たれました。
泣けます。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月25日

ある嵐の夜、山小屋でヤギとオオカミが出会う。
暗闇の中で話をしているうち、また会う約束をする。
まさか、天敵だとは知らずに。
ここからは、どうぞお読みください~。
幸せな嘘を読んでから、きむらゆういちさんの他の本も読みたくて、
この「あらしのよるに」を買いました。
買って、大正解でした。
忘れていた...続きを読む、温かい気持ちを思い出しました。
子供ができたら、絵本を一緒に読みたいな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月12日

嵐の夜に出会ったヤギとオオカミの関係は
人間の世界の側面を鋭く象徴したような関係です。
強い者と弱い者。群れ(社会)の掟。掟に背いた者の運命‥。
原作者が自ら書き下ろしたこの長編小説版は
大人でも充分読み応えがあります。

ヤギのメイに対して最後まで敬語を使って尊重し、
必死に欲望とたたかうオオカミ...続きを読むのガブの心情が
悲しくもせつないく胸をしめつけられます。
温かいぬくもりが伝わる秀作です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月03日

ある嵐の夜に、ヤギのメイとオオカミのガブは暗闇の中で天敵同士ということも知らぬまま、心通わせ再び会うことを約束する。
明くる日、お互いの姿を知った二匹であったが既に惹かれた心に偽りはなく、周囲には秘密のまま幾度となく出会いを重ね交流を深めていく。
しかし、とうとう二人の関係が群れの知るところとなって...続きを読む・・・

 読んでいるとなぜこの二匹がそこまで惹かれ合うのかというのが正直なかなか分からない。
その点に注目してみると釈然としない思いにも(特に前半)とらわれるのだが、二人が川に飛び込むあたりまで読み進んだ段階で、とにかく二人は愛情なのか友情なのかはわからないけれど信頼し合い惹かれあっていて、理由はどうあれそれが分かっていれば十分なんだと思って読むようになっていった。
そうするとそこから先は信頼し合う二匹が微笑ましく見え、またすれ違う姿にはやきもきさせられ、そして最後には込み上げるものを感じることができた。

映画も絵本も知らなかったけれどあとがきでの作者曰く「作者の思いは全てこの小説の中にあり、そしてこの小説だけに、絵本にも映画にもない、本当のラストが書かれているのだから」ということなので映画や絵本を見た人も一読の価値はありそうな作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月11日

最後のエピローグはいらないでしよ。
なんでせっかくいい話だったのに殺す必要があったのかなぁ?
普通に幸せになりましたで良かったと思うけど。
「この小説だけに本当のラストが書かれている」って言う作者の意図が全く理解出来なかった。
エピローグを読むまでは面白かったのに残念。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年12月21日

歌舞伎を見て、ストーリーは納得いかないながら、月夜のダンスのめいの開き直ったような自信に溢れた表情に何か心打たれた。というわけで本も読んでみた。やはりストーリーはあり得ないご都合主義と切り捨てればそこまでだけど、人が人を好きになるときの誰にもばかにできない心の動きが秀逸。みんなが気味悪がる外見が自分...続きを読むには素敵に見えたり、話をするのがただ楽しかったり、相手が自分を思う気持ちが嬉しかったり。それが狼とヤギの話だからなんかメルヘンでそれも楽しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月23日

『ぼくらはみんな生きている、生きているから食べるんだ』

なんとなく、敬遠していた作品だった。大勢の人がいいというものは大体、少数の人間を傷つけるようなものばかりだからだ。だから、この本が古本屋で売られているのを見たとき、どんなに素晴らしい人の心を打つ大作もいつかは消費されるということに感動して購入...続きを読むに至った。

哲学をしようとか、そういったことをこの本にはあえて求めなかった。やりたいことはわかるし、言いたいこともわかる。終わり方もとても好きなものだった。だけど、なにがそんなに人を惹きつけたのかがわからなかった。

ここでそれを引き合いに出したくはないのだけど、ズートピアを見てきたのだ。私には良さがわからなかった。人間は時々自虐的なものを移したがるなと思う。悪く言えば自分を棚に上げてと、私は常に思う。

どうでもいいことだ、どうでもいいことだと何度も繰り返してみても、虚しさは消えなかった。ヤギの肉を食べるのはオオカミではなくて私たちではないか?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月15日

子供向けの絵本みたいなテイストで書かれていますが、内容はとても深くて、色々と考えてしまうポイントがありました。

このレビューは参考になりましたか?