【感想・ネタバレ】聖者の異端書のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年06月15日

結婚式の最中に消えた王子を探しに世界中を旅する王女の話。
世界観的には、中世ヨーロッパのような世界で、「王女が一人で出歩くなんて論外」の世界で繰り広げられる冒険譚。
タイトルの意味は最後まで読んでようやくわかる。
基本的に淡々と進んでいく話。すごい盛り上がりはないが、テンポが良くて、話の端々でじんわ...続きを読むり暖かい気分になる様な所が良い。
最後の追記と、教皇の覚え書きがグッと来る。
自分はとても好きな話です。
次作品にも期待します。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年05月29日

友人から借りました

 ファンタジー。目まぐるしく、あちこちに行く、お姫様の話。

 弱き者、汝の名は女。
 という言葉で始まるこの物語。
 姫の一人称で、進む。
 この世界の女に名前はない。誰々の娘、誰々の女、誰々の妹と呼ばれるだけ。
 北の地の、さして裕福ではない領地の姫として生まれた主人公は、...続きを読む南の地の従兄王子と結婚することになる。「橙(食べ物)」につられて(笑)。
 が、王子は攫われてしまう。姫は果敢にも、王子を探しに行く。坊様見習の乳兄弟を伴い、近くの国の王子様も巻き込んで。

 けっきょく、彼女は冷静に世界を見詰め続けて、自分というものがどうであり、世界が求めるものが何かわかっていて、神様を盲信しないがゆえに、この宗教社会のただ中で、自分の中の神が遠くなり、ついには殺してしまうことになる。
 でも、老いて死ぬ間際に、息子に一連の旅の手記を託して、乳兄弟に届けさせる。
 乳兄弟は聖人となり、教皇の座についていた。
 彼は覚書をしたためる。
「死んだ後、愛した男のいる天国に行きたいから、神を殺してしまった姫様のために、私に祈れ、というだね。私の分の祈りはすべてあげるよ、姫様」と。
 優しい物語。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月12日

名前のないお姫様の冒険物語。淡々と話が進んで行くのがいい、と私は思うけど、好き嫌い分かれそう。最初に読んだのはもう何年も前だけど、でもやっぱり今でも好き。全1巻

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

面白く一気に読めた。個人的に好みのタイプの主人公だったのが大きいかも。
勇敢で知的な女主人公が好きだったら、素直に楽しめる話だと思う。
脇役もそれぞれ人間味があるというか一癖ある感じで、それもまた良し。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

C☆NOVELの『煌夜祭』がとても面白かったので、同じく賞をとっているこの本を読んでみました。なかなか面白い語り口で楽しめた。結婚式の日、式の最中に夫となるはずのパルジファルが消えてしまった…。そこからパルジファルを探して旅に出るお話。上下巻に分けられるくらいに、もう少し詳細に展開されれば☆5つだっ...続きを読むたかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

第1回C★NOVELS特別賞受賞作。
非常に特異的です。主人公もそうなら、語り口も。私にとってはこれがハマりでした。
結婚式の最中に行方不明になった夫を探し出すために幼馴染を連れて旅に出た主人公の「わたし」。そこには数々の謎が……。
賞の選考では賛否両論だったようですが、確かにそうでしょう。すべての...続きを読む人に受け入れられるタイプの作品ではありませんが、私は面白いと感じました。
次の作品が待ち遠しいです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

最初は面白いのだが、最後になるにつれて精神的、思想的、宗教的な話になり、つまりそこに重点をおきたいがために、最初と最後の話の流れが作業的に思えてしまう1冊。でも、面白いです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

盛り沢山。200ページなのがもったいない。大幅に加筆して600ページくらいあれば良かった。冒頭で「オリジナルは散逸した」風な事を書いてるので、シリーズ化もあるかも。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年03月29日

んー…なんやらよくわからんかった…
何度もこれなんだったっけ、あれなんだったっけ、と行きつ戻りつしながらようやっと読んだ。斜め読みしてるからかもしれないけど。
「大変、終生請願をしなきゃ」ってところが??となってしまって。大事らしいのにあんまり触れられてなくて(後に書かれるけど)置いてけぼりになって...続きを読むいた。
最後の方の問答もなんでこの子こんなこと言い出すの?と頭にハテナが飛びかった。
オチもよくわからんかった。結局なんで皇帝に結婚誓うのかわからなかった。ただ、「わたし」がマンフレートとアルジュナの誘いを断ったのはすごいなと思った。普通の流れならマンフレートになびいて良さそうなのに。
登場人物がたくさんいすぎて混乱したのかもしれない。
そしてコメントとあとがきが嫌だった。完全に個人的な事情です。この方、この一冊だけなのかな?あまり名前を聞かないような。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月03日

淡々とした性格のお姫様の一人称で進む物語。お姫様の性格が面白かったけど、ストーリー自体はまるで出来の悪いRPGのようでした。どこそこに行って誰誰に会って来いの繰り返し。全体的な雰囲気は悪くないだけに、ご都合主義が目立ったのが残念。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月02日

最後まで読み終わって初めて、その意味がわかる。

主役の王女に名前はないが、姫様なので支障がないというかそれほど意味はなかった。情緒に欠けるので王女に向いていないと自己分析する、妙に冷めた姫様なのが珍しい。結婚式の最中に掻き消えた夫王子を探しに、乳兄弟の坊主見習いのイーサンを連れて旅に出る。また共に...続きを読む旅する北方の王子マンフレートはちっとも優しくなく、王女と憎まれ口を叩きあう。恋が生まれる期待はもてそうにない雰囲気だが。

旅の道中の出来事は、少々ご都合主義と言わざるを得ない。登場人物の背景も性格も面白いのに、再登場するパターンは少なく、活躍シーンもないのが残念。祖父はくせ者ぽいし、父親もキャラクターが面白いのに、後半放置なのが物足りなく感じたし、王子マンフレートはイラストもイケメンで「黒衣の王子」なんてカッコいい紹介文なのに、姫のピンチに抜刀して駆けつけるなんて最高の見せ場なのに、シーンはそこまでとか、ほかにもいろいろ「もっと書いてほしい」と思う部分が色々と(どんだけ分厚い本になるのか)。

最後に添えられた手記は良かった。みなのその後がわかる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

全体的にあっさり。神様みたいなのとの対話とかは面白いのに、あんまりどきどきはらはらしない。
2009/7/16

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

2007.11.22。後半になればなるほど読まされてる感が強くなりました。前半はおもしろかったんですが。世界観の設定は結構引き込まれた部分があったんですが、ページ数が少なかったか話がざっくりすぎたか。展開が淡々としていて膨らみがなく、冒険譚としては物足りなかったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

結婚式の最中に消えた夫を取り戻すため、わたしは幼馴染の見習い僧を連れて城を飛び出した――封印された手稿が語る「名も無き姫」の冒険譚!第一回C★NOVELS大賞特別賞受賞作。 読みやすい訳でなく。読みにくい訳でもなく…。少し物足りなさを感じた作品。キャラは良かった。…【2007/10/06】

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

封建時代のヨーロッパちっくな世界観をベースにした、ファンタジー小説。
結婚式の当日に魔法でさらわれた旦那(王子)さまを探しに出かけるお姫様が主人公。そこへ幼馴染の坊主とか、口の悪い隣国の王子とかが従者として絡んでくる。
ストーリーテリングをするお姫様の語り口調が面白くて、すいすい読める。すいすい読め...続きを読むすぎてRPGのゲームみたいな話。淡々と簡単に進んで終わる。
最後の『教皇の覚書』のところで、ちょっとじんわりくる。

このレビューは参考になりましたか?