【感想・ネタバレ】秋の街のレビュー

価格 649円 (税込)
4.0
3件

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月07日

短編集なんですが、心にぐっと来るような話ばかりでとてもよいです。
自分が年取ったときに読んだら、また違うんだろうなと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月12日

比較的初期に書かれた吉村昭の短編小説集。怜悧だけど静かな熱を帯びている筆致は、やはりさすがの一言に尽きる。これなんだよなぁ、吉村昭の小説のかっこよさは。『秋の街』『雲母の柵』『さそり座』がオススメ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月27日

「秋の街」吉村昭
ヒューマンドラマ短編集。無彩色。

昭和の時代の、職業人としての市井の人々の姿を描くオムニバス。
切々と過ごす日常を、今風に言えば「リアルに」描き出しながら、
全体に漂う退廃的な色合いに吉村昭の世界観を感じます。

監察医助手の卵の短編が、若いにも関わらず、むしろ若いが故に“死”に...続きを読む淡々と向かう姿を鮮やかに描き、印象深かった。
昭和の生活を感じられるという点でもおすすめ。(3)

このレビューは参考になりましたか?