【感想・ネタバレ】ひなのころのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年10月04日

主人公の少女、風美ちゃんの4歳、11歳、15歳、17歳の子供ながらの悩みと成長を描いた物語です。
少女が年齢を重ねるとともに、同居する祖母をはじめ、家族も当然歳をとっていきます。そんな中でただひとり、歳をとらない登場人物(?)、それが稲子ちゃん。彼女は風美ちゃんの叔母にあたる、12歳でこの世を去った...続きを読む女の子。
やさしくて、せつなくて、ちょっと不思議で、なんだか懐かしい気がする小説でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

4つの章からなり、ひとりの女の子の四歳の春、十一歳の夏、十五歳の秋、十七歳の冬が連作で描かれている。
時の移ろいとともに少女が成長していき、取り巻く世界も変化していく。
ノスタルジックな風景、三河弁で話される台詞、あのころ感じた気持ち、、読んでいたら懐かしさでいっぱいになった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月12日

序盤なんだか梨木さんっぽいなぁと思ってたら、中盤から後半でぎゃー!というか、身もだえしてごろごろしたくなるような展開に。
そうだよね、女の子の反抗期ってみんなこうかもなー的な。
それとなんとなくとなりのトトロも思い出してしまいました。
こっちは口の悪い弟だけど。
いろいろと揺さぶられる小説でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

こどもってほんとーに、うまいこといかない!
いってやりたいことの2割も言えない!

でも、あのときの方が負けず嫌いにスジガネ入りで、
知恵のない意地だけで切り抜けようとして、
たくましい自分がいたような。

ひなのころ、はやさしい小説やファンタジーや家族愛や懐かしい小説じゃなくて
誰にでもあったこど...続きを読むもの時の思考回路です。

このレビューは参考になりましたか?