岡本螢のレビュー一覧

  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 千と千尋の神隠し
    映画『千と千尋』の、カラー漫画版。特に絵の美しさが堪能できます。映画とは違う新しい見方ができて面白い。
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 魔女の宅急便
    ジブリの中で自分が好きな物語を手元に置いておきたくて。
    何度も見たはずなのに、途中の場面とか覚えのないところもあった。13歳で修業に出るなんて魔女は大変だなぁ。
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック となりのトトロ
    ジブリ展に行った記念に購入。
    やっぱりトトロの物語はいいなぁ。田舎生活、子どもにしか見えないトトロたちとの出会いやメイ探し。きっとサツキとメイはステキな大人になるだろう。
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 魔女の宅急便
    スタジオジブリの第4作(監督・脚本/宮崎駿)で、1989年に公開した同名のアニメ映画の全シーン・全セリフを載せた、文庫版のコミック。2014年に、文春ジブリ文庫/シネマ・コミックの第5弾として刊行された。
    原作は、角野栄子が1985年に発表した児童文学。
    映画は、前3作を大きく上回るヒットとなり、『...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック となりのトトロ
    スタジオジブリの第2作(監督・原作・脚本/宮崎駿)で、1988年に公開した同名のアニメ映画の全シーン・全セリフを載せた、文庫版のコミック。2013年に、文春ジブリ文庫/シネマ・コミックの第3弾として刊行された。
    映画は、『火垂るの墓』(原作/野坂昭如、監督・脚本/高畑勲)と2本立てで上映された。
    ...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 千と千尋の神隠し
    【カオナシ 白 マックロクロスケ】
    興行収入日本一!好きなジブリ映画だけど、でもナウシカとラピュタは出てくるのが早すぎただけだと思う…。

    初めてジブリを映画館で観た思い出。今、中国でリバイバルされているらしい(トトロに次いで)…中国版ポスターが秀逸。
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 風の谷のナウシカ
    フルカラーのフィルムコミック。

    絶望と希望のディストピア。

    【巨神兵 ユパさま 王蟲】色々今の自分の癖にささる
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 耳をすませば
    文春ジブリ文庫シネマ・コミック第9弾

    正直「耳をすませば」(映像作品)は、中学時代に観て、
    ジブリなのに恋愛に終始していてみていてドキドキしないというか、まわりがワーキャー言うのがおもしろくなくて、ずっと敬遠していたところがある。
    はっきり言ってそんなにおもしろいかと思いながら過ごしていて、奥さん...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 天空の城ラピュタ
     これまた、私ごときがレビューするまでもない、「天空の城ラピュタ」です。
    文春ジブリ文庫から、全セリフを網羅した文庫版のコミックです。

     ラピュタ自体を観たのは、ずいぶん昔。 初めて見た当時、虫のように羽ばたいて飛ぶ飛行機の発想に、ずいぶん驚いたのを覚えています。
    子供が生まれてから、DVDを購入...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック となりのトトロ
    今更、何の説明も必要ないですね。ジブリ文庫の「トトロ」です。

    驚きは、全セリフが入っていること。

    文庫の割に、値段が高く「愛蔵版」の扱いらしいですが、我が家では娘達の取り合いが容易に想像され、それなりに痛んでいく事必至。

    まあ、それもアリだと思います。ナウシカとラピュタも揃えねば。
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 風の谷のナウシカ
    平和を口にしながらも、生きている限り
    1番平和に遠く、地球や他の生物にとって
    最も有害な生き物である人間。

    自分ももちろんその一人として、平和にボケてしまわず
    すべての命に感謝し大切に思えるように
    1つでもできることをしていかなきゃと、
    ナウシカを見るたびに"生きていく"ということの
    意味の深さと...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 風の谷のナウシカ
    名作「風の谷のナウシカ」の映画のコミック本。
    映画自体が原作の漫画の連載中に製作されたため、
    原作とは異なる内容になっている。
    本作は映画の方を文庫コミック化したもの。

    もちろん大きいほうがいいと思うけど、
    ナウシカの作品の世界観とキャラクターの母性には原作漫画にしろ、映画にしろ感動する。
    また映...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 風の谷のナウシカ
    本映画は、スタジオジブリ設立前にトップクラフトによって制作された作品(監督・原作・脚本/宮崎駿)で、1984年に公開された。本書は、同名のアニメ映画の全シーン・全セリフを載せた、文庫版のコミック。2013年に、文春ジブリ文庫/シネマ・コミックの第1弾として刊行された。
    映画は、『アニメージュ』に連載...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 天空の城ラピュタ
    スタジオジブリの初制作作品(監督・原作・脚本/宮崎駿)で、1986年に公開した同名のアニメ映画の全シーン・全セリフを載せた、文庫版のコミック。2013年に、文春ジブリ文庫/シネマ・コミックの第2弾として刊行された。
    物語は、青い「飛行石」のペンダントを持つ、ラピュタ王族の末裔の少女シータと、鉱山で働...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック もののけ姫
    アシタカ、カッコいい。ジブリ男子で一番。
    この映画で宮崎駿ジブリ作品には必ず「の」が入るという豆知識も得ました。

    そして美輪明宏さんは唯一無二の役者だ。シャンソン歌手だけど…

    追記。なんと、ネット上でカヤはアシタカの婚約者との考察が。婚約者からもらった短剣をサンにあげちゃうってどゆこと?!妹とし...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック ハウルの動く城
    千と千尋の次の宮崎監督作品。ハウルがナルシスト(笑)今までにないキャラです。
    ハウル@キムタクという…この作品からメインの声に有名人を採用する流れができてきた印象があるんだけど。
    宣伝には効果的かもしれないけど、たとえばハク(千と千尋)や節子(火垂る)のような逸材が生まれるチャンスが減ってしまうのは...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック となりのトトロ
    好きな子ほどいじめるカンちゃんが親身になってサツキと接するところ…ギャップ萌え。

    普段はキャラに自己投影なんてしないけど、家族構成が同じなので、昔は重ねてみていたような気がする。バカなメイちゃんが私だよ…
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 魔女の宅急便
    トンボをダサいと思っているようではまだまだだなぁ~とあの頃の自分にいってやりたい。

    ジジとは喋れなくなる=大人になる準備。という解釈で良いのかな?ちょっとビターなところも素敵な作品です。
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック 魔女の宅急便
    13歳の満月の晩、魔女のキキは修行のために相棒の黒猫ジジを連れて旅に出る。たどり着いたコリコの街で、“空飛ぶ宅急便屋さん”をはじめるキキ。人々との出会い、交流を経て、悩みながらも少女は成長してゆく―。宮崎駿監督作品ならではの飛行シーンや、美しく繊細な背景美術もじっくりと楽しめる完全新編集の文庫版コミ...続きを読む
  • 文春ジブリ文庫 シネマコミック となりのトトロ
    病気療養中の母親を空気のきれいな家に迎えるため田舎へ引っ越してきた草壁一家。そこでサツキとメイの姉妹はトトロやネコバス、マックロクロスケなど“おばけ”達と出会う―。昭和30年代の田園風景を舞台にした大人気作品が完全新編集によって1冊のコミックに。本作から参加した男鹿和雄の繊細な美術も堪能できる愛蔵版...続きを読む