吉田順のレビュー一覧

  • 浅田真央 そして、その瞬間へ
    真央ちゃんの2010年〜2013年シーズンの記録
    苦しいシーズンの真央ちゃん
    喜びも、悲しみもばねに常に高みを目指す真央ちゃんに感動します。
  • 浅田真央 そして、その瞬間へ
    バンクーバー五輪でフィギュアスケートのファンになったので
    この本に書かれている3年間の試合はすべて見てきました。
    文章を辿りながら当時の演技を思い出し、
    そこへ本にある浅田選手の思いや取り巻く状況などを重ねていくと、
    なんともいえない・・・感動に包まれました。
    著者を始め、いろんな方の浅田選手への愛...続きを読む
  • 浅田真央 さらなる高みへ
    高みをめざすその道には、花も咲いていれば、大きな石も転がっている。決して綺麗な景色ばかりではないのだろう。でも、その道に待ち受けている清濁すべてのものを、彼女は解っていて、それでもなおその目指す高みへと真っ直ぐひたむきに進んでいるだと思う。その高みへと到達した時の笑顔を、一ファンとしても切望していま...続きを読む
  • 浅田真央 そして、その瞬間へ
    彼女の夢が叶うその瞬間を、今まで以上に願いたくなる、そんな一冊。浅田真央という稀代のスケーターの「心の在り方」を知って、尊敬、そしてますます好きになりました。
  • 浅田真央 そして、その瞬間へ
    バンクーバー五輪以後のさまざまな苦労が書かれている。あっという間に読んでしまった。とてつもない努力の人ということと、素晴らしい恩師との信頼関係がなければここまでの選手にはなっていないのだと改めて感動した。
  • 浅田真央 そして、その瞬間へ
    ただ浅田真央選手のファンで良かった、心からそう思えた。
    彼女の演技がこれほどまでに人の心を揺さぶるのは、ただただ技術や表現といった部分だけではなく、やっぱりスケートに対する愛情やひたむきさ、魂がこもっているからなのだろうと、実感。

    バンクーバー後の、本人の言葉にもあるようにこの3年間は厳しい時期だ...続きを読む
  • 浅田真央 さらなる高みへ
    涙なしでは読めない一冊。
    バンクーバー銀メダルまでの道のりが書かれていて、表紙の写真もとっても素敵です。

    「パーフェクトな演技をしたい」

    よくこの言葉尻を捉え、「パーフェクト=ジャンプの成功」とするメディアは多いですが、そんなわかり易い言葉ではなく、全てにおいてフィギュアスケートを極めたい、真央...続きを読む
  • 大学受験らくらくブック 源氏でわかる古典常識
    なんといっても絵が美しく、丁寧。
    古文の世界に出てくるちょっとした道具や祭の解説も
    詳しく載っていて非常に分かりやすかったです。
    それと源氏物語って切ない話だったんだなぁ…ということを
    このマンガを読んで思いました。資料集の解説だけじゃいまひとつ分からない、って人にオススメです。
  • 浅田真央 さらなる高みへ
    +東日本大震災支援のために出版した「Book for Charity」の感想も。
    といいつつ読んでから間が空いてしまったので細かいエピソードがもう頭から消えかけ…なのでぼやーっとした感想です。すみません。

    これは涙が出ます。感動した。浅田さんの心意気には頭が下がるばかり。
    周囲のサポートにも泣けま...続きを読む
  • 浅田真央 さらなる高みへ
    真央ちゃんの生まれその時から生き方が書かれた本。
    何回も泣きました。
    パーフェクトをどんなときでも目指す彼女をただただ尊敬します。
    なかなかパーフェクトという言葉をはっきりと口に出せる人って少ないんじゃないでしょうか。
    よく耳にする言葉は全力を尽くした。
    最高の最善の状況にしましたって自信を持ってい...続きを読む
  • 浅田真央 さらなる高みへ
    お友達から借りた本です。
    内容はとても読みやすく、真央ちゃんの軌跡が書かれた本。
    真央ちゃんの努力・・・といっても熱血な感じではなく楽しみながら努力しているところ、本当にスケートが好きなんだなというところ・・
    たくさん伝わってきます。
    それと同時に支えあっている家族が表現されている。
    とくにお姉さん...続きを読む
  • 浅田真央 さらなる高みへ
    天才と呼ばれ、想像を絶するプレッシャーの中で滑り続ける浅田真央。その素顔を丁寧に描写した、感動の一冊。年相応のかわいさや弱さもそのままに、だからこそ気迫のこもった演技のすごさがわかる。読んだあとで浅田真央の演技を見たら、きっと何かを感じるはず。
  • 大学受験らくらくブック 源氏でわかる古典常識
     『源氏物語』桐壺〜幻(雲隠)までのあらすじと共に、古典常識について解説されている。
     これまで機械的に覚えさせられる授業を受けてきてために、古典があまり好きでないという人も、本書のように漫画という媒体であれば少しは馴染みやすいかと思われる。重要な用語は赤字で書かれており、また、当時の文化について分...続きを読む
  • 浅田真央 そして、その瞬間へ
    バンクーバーが終わってからの3年間の真央ちゃんを追った本。真央ちゃんとは羽生くんを追った本は玉石混交なんだけど、この本はかなり読み応えのあるものでした。

    東日本大震災の年に真央ちゃんはお母さんを亡くして、スケートをイチから見直して、本にはその点は書いていなかったけれどマスコミや世間からものすごく追...続きを読む
  • 浅田真央 そして、その瞬間へ
    彼女がどんな状態でもただひたすらに応援をすると決めている、浅田真央選手の大ファンです。ただ、フィギュアスケートに詳しくないので、彼女の魅力的な演技が、何が素晴らしくてこんなに美しいのか、具体的にわからないでいました。それが、この本には書かれていて、テレビの解説を聞いているだけではわからない浅田真央選...続きを読む
  • 浅田真央 そして、その瞬間へ
    フィギュアが好きで昔から見ていたが、このての本は初めて読んだ。
    よくまとまってる。どれだけ努力の人なのかよくわかる。
    ふりがなもあり小学生から対象。
    欲を言えば大人読者としてはこの倍量の内容(密度)があっても良かった。
    シーズン中は、コーチや選手のインタビューを探してよく読むので
    その時、受けていた...続きを読む
  • 浅田真央 さらなる高みへ
    フィギュアスケーター浅田真央さんの誕生から、2010年春バンクーバーオリンピックで銀メダルを手にするまでの、サクセスストーリが詳細に書かれています。

    著者の思い入れもあると思いますが、真央さん本人、家族や関係者の取材のもと、決してTVでは表に見えない部分が緻密に描かれています。

    これまで出場した...続きを読む
  • 浅田真央 さらなる高みへ
    スケートにそんなに詳しくなかった頃から、落ちても必ず浮上してくる浅田真央はすごい!!と思っていた。五輪直前もスランプで大変だったのに、バンクーバーで3アクセルを3回も決めた真央選手は、やっぱり本当にすごい! 同じ時代に生きれて、彼女の演技を観ることが出来て幸せだ。

    「真央が『究極のスケーター』にな...続きを読む
  • 浅田真央 さらなる高みへ
    まさか真央ちゃんの自伝的な本書で、小塚崇彦選手のお父様である小塚嗣彦さん、鈴木明子選手を育てた、長久保コーチが出てくるとは!
    真央ちゃんが復活したのは、スケートに対する真摯でひたむきな熱情だけではく、
    誰からも愛される彼女の資質も要因だったのだと分かった。
    より、浅田真央という一人の女性が好きになっ...続きを読む
  • 浅田真央 そして、その瞬間へ
    ソチ五輪前に、真央ちゃんの軌跡を復習。ソチでは、彼女が追求してきた理想の演技をしてほしい、させてあげたいと、切に願う。