小松正之のレビュー一覧

  • 劣勢を逆転する交渉力
    カケキンレビュー。

    世界が尊敬する日本人100人のうちの一人。

    私の会社で講演をしてくだり、本をくださったので読んでみた。

    ぬぉー、ものすごいことをやってきたんだな、この人。


    本の構成的には全体的に著者の小松さんが水産庁のときに経験した水産関係の国際会議での武勇伝が書かれている。これはちょ...続きを読む
  • これから食えなくなる魚
    [ 内容 ]
    マグロが回転寿司やスーパーからなくなる、世界的シーフード・ブームで日本の業者が魚を買いつけられなくなる等、連日報じられる魚をめぐる危機。
    しかし事態はもっと深刻だ。
    このまま手をこまねいていれば、多くの魚が日本人の口に入らなくなる日は遠くない。
    国際捕鯨会議のタフネゴシエーターとして世...続きを読む
  • これから食えなくなる魚
    世界から見た日本の漁業の実態について注意喚起を促す本。(1)FAOからみて、世界の主要な漁業資源の75%は過剰利用状態、(2)日本の漁業の生産量は2005年段階で572万t(ピークは1984年の1282万t。但し、海洋環境に伴うマイワシの大量発生による嵩上げで実態は1970年代から縮小)。(3)地...続きを読む
  • これから食えなくなる魚
    刺激的なタイトルが表すように、今後食卓に並ぶ魚がどうなっていくか現状を踏まえつつ考察した本。魚の成長を考慮せず取れるだけとってしまうことによって75%以上が取ってはいけない魚である現状の問題点や、外国との競争の厳しさ、漁業に携わる人の減少など、危機的状況にある漁業のイマがよく分かりました。農業同様漁...続きを読む
  • これから食えなくなる魚
    日本の漁業が今どうなっているか?一般に知られていない事実が次々に明かされます。(実際にはここで明かされるのではなくずっと前から議論されていた内容で、私が知らなかっただけなんでしょうが)農業では「地産地消」が定着しつつありますが実は漁業は非常にお寒い状況にあります。価格が低いという理由で豊富にとれるサ...続きを読む
  • これから食えなくなる魚
    元水産庁の筆者による。
    今の日本人の魚の趣向や世界各国との比較が分かりやすい。魚好きを謳う国でありながら実際は輸入ものの特定の魚種ばかりが好まれる日本。水産資源の管理の甘さ。獲ったもの勝ち早いもの勝ちの日本。また、漁業権のルーツが秀吉の海賊対策であったことには驚いた。
    魚にもっと関心をもつこと、安さ...続きを読む
  • これから食えなくなる魚
    確かに日常的に寿司を食べられるようになったのは最近だよなあ。魚を大量に消費することが普通になっていたけど、そのことによる歪みは考えていなかった。

    ま、ともあれ水産物の持続的な活用についての計画は絶対に必要。これだけ多方面から指摘されているのに、なんとかならんもんなのか。
  • 劣勢を逆転する交渉力
    水産庁において、タフな国際交渉をこなしてきた著者の経験を中心に、一筋縄ではいかない交渉のダイナミズムを知ることができる。

    特に印象的だったのが、200カイリ漁業水域の設定による、アメリカの排他的経済水域内での漁業権益交渉の帰結である。

    サケマス漁業のための重要な漁場であった、同水域について、日本...続きを読む
  • これから食えなくなる魚
    日本と世界の漁業の現状や資源量について学ぶために読んだ。著者は、水産庁で働き、IWCなどの国際会議に出席していた人。本書も、建前はほとんど感じられず、個人的な主張を交えたざっくばらんな語り口で書かれている。ただ、内容は表面的な印象が強かった。

    30〜50年周期の魚種交代について説明し、マイワシやマ...続きを読む
  • これから食えなくなる魚
    「多くの漁師が、たくさんいる魚を獲ろうとせず、わざわざあまりいない魚を獲りに行こうとするケースが多い。彼らが求めているのは『簡単に獲れる魚』ではなく『高く売れる魚』だからだ」。恐らくこの考えが日本の漁業を荒廃させた原因だと思います。

    著者は水産庁を経て、現在は独立行政法人水産総合研究センター理事...続きを読む
  • これから食えなくなる魚
    ★魚の名前も多く手ごろな水産政策入門★岩手出身の元農水官僚による入門書。マグロが安く食べられるようになったのはつい最近の話、取れる魚を食べろ、(このペースで減れば)22年後には漁師がいなくなるなど個別の魚をテーマに日本の水産の現状を分かりやすく説明する。日本の水産予算(2600億円)は米欧に見劣りし...続きを読む