本間洋平のレビュー一覧

  • 家族ゲーム
    ドラマは見ていません。
    ただ、CMとか聞いた範囲で過激っぽかったので原作もそうなのかな?と思ったんですけど…ドラマのようじゃなかったです。
    内容的には、私の家に近いものをだったのでいろいろ考えさせられました。
    きっと子供視線では「そうそう、親ってこんなだよ」と共感し、親視線では「子供の為なんだ」「親...続きを読む
  • 家族ゲーム
    映画やドラマに幾度となく映像化される、その原作がどんなものか知りたくなり読んでみました。その骨格となるストーリーは意外なほどにシンプル。沼田家の兄弟、慎一と茂之。弟茂之のもとにやってくる家庭教師。強弱の差はあれど、かれが謎の無性格者であるところが物語の共通項であり、その他のところはかなり自由。今回原...続きを読む
  • 家族ゲーム
    解説でも書かれてるように主人公はほぼカメラ役で
    他の4人の人間模様を描いている作品
    物語後半、教師の面倒くさそうな対応がリアル
    面白かった

    ※ちなみにイケメンは登場しません
  • 家族ゲーム
    みんなのレビュー読むと、「ドラマと違ってガッカリ」ていうのが多いね( ´ ▽ ` )ノ。
    ドラマは知らないけど、映画は見てた( ´ ▽ ` )ノ。特にラストは全く違ってるし、主人公なんて「出てたっけ?」てほど映画では影が薄いし、松田優作演じた吉本は原作より人間味がないし、等々( ´ ▽ ` )ノ.....続きを読む
  • 家族ゲーム
    第5回すばる文学賞受賞作。自分の将来を定めようとする時期の兄弟が、家族や家庭教師や学校から影響を受けて、何もかも決めあぐねてしまっているもどかしさが、葛藤と共に描かれている青春小説。自分の意志を持って何かする前には、他者を真似たり手助けを受けたりするものだが、それが伴わず足踏みしてしまっている。そこ...続きを読む
  • 家族ゲーム
    長渕剛や櫻井翔のドラマは見ていないけど、松田優作の映画は観たことがある。あれは衝撃的だった。特に家族が横一列に座って食事をするシーンは不気味だ。

    長年それぞれの役割を演じてきた家族の中に吉岡という闖入者が加わった事でそれまで保っていたバランスが崩れる。そもそもこの家族はお互いに向き合って暮らしてい...続きを読む
  • 家族ゲーム
    映像化された同名の作品には全く触れなかったので、変な先入観を持たずに小説版『家族ゲーム』を楽しむことができた。(「ドラマ版と全く違う」といったレビューが多かったので、ラッキーだったのかも。)

    そこはかとない息苦しさを感じる作品だった。
    その要因は移動が極端に少ないからであろう。この物語の中心は語り...続きを読む
  • 家族ゲーム
    ドラマ化されていると聞き、読んでみた。スパルタ家庭教師とできない弟。
    けれども成績が上がっても行ける学校へ行きたがらない。大団円で終わらない結末。
  • 家族ゲーム
    先日終わったドラマと違い、全く救いのない結末にビックリ。
    いかにドラマが原作を膨らませて作ったかが分かった。
    私としては断然ドラマのほうが好き。
  • 家族ゲーム
    ドラマとは違うけど、だからといって「期待はずれ」という感想しか抱かないひとはもったいない。本とドラマを同じ尺ではかるのがまず間違ってる。
    読んだあとゆっくり咀嚼すると希望があります。
  • 家族ゲーム
    ドラマを見て、一体何が言いたいのかさっぱり分からず原作を読んでみようと思った。原作の吉本先生はあっさり撤退する。結局家庭の中で親に与えられた役割をロールプレイングゲームよろしく演じているだけでは変われないよ、という事だと思う。ドラマでは今日、櫻井翔演じる吉本先生が「悔しかったら、ちゃんと家族になって...続きを読む
  • 家族ゲーム
    これはレビューを書くのか難しい。すごく身につまされることもあるからかも。
    これを読んで、救いがないと思う人もいるだろうし、これが「家族ゲーム」かとある意味納得するかもしれない。読後その両方の想いが綯い交ぜになっている気がする。
    ここに登場する家族は、非常に家族への依存度が高く、「ぼく」も弟も友達がほ...続きを読む
  • 家族ゲーム
    正直、なめてかかった。ドラマ化されて人気なのは何故だろうと思いながら読み、これはあまりにもリアルな現実じゃないか!とラストで驚いた。ドラマを見て居ないからわからないが、ドラマで綺麗に終わらせないで欲しいと願う。
  • 家族ゲーム
    今やっている櫻井翔版ドラマ『家族ゲーム』が、あまりに素晴らしい。今のところ(5話目終了時点)平均視聴率が12%程度であることが不思議なほどだが、あの展開についていけるほどの積極的姿勢がテレビ視聴者にないというのも、わからないではない。その原作本が本作である。

    だがそもそも文庫本で180ページほどの...続きを読む
  • 家族ゲーム
    ドラマも観ているので、初めは・・・予想もしなかった兄の目線で書かれていたことに驚きました。
    結局は自分が変わらなければ何も変わらない・・・って事ですね。
  • 家族ゲーム
    話題に便乗して読んだ本。
    そのページ数は少ないものの、ぎっしりと作者の考えが詰まった良い作品だった。
    家族関係と教育。それは子供の人格形成に深く関係してくる。
    子供の自主性を育てるにはどうすれば良いのか。対して常識とマナーとモラルを強いるにはどうすれば良いのか。
    少なくとも自らがそれらを身につけてい...続きを読む
  • 家族ゲーム
    前に買ってあったが確か途中挫折してしまった気がする‥
    時代の流れか、今の時代ではあり得ない話しかな?
    弟くん、多分今の時代であれば施設か病院で相談を受けるのが先だと思う。
  • 家族ゲーム
    この物語の主人公はいったい誰なのだろう?
    慎一でもあり、茂之でもあり、吉本でもある。
    進行役である慎一の目線から語られているシーンもある。
    だが、茂之や吉本の心情が語られることはない。

    ・長男 慎一
    地域で一番の進学校に合格。
    母や父に期待され、うっとうしく思いながらも優等生としてふるまい続けてき...続きを読む
  • 家族ゲーム
    櫻井翔くんのドラマと(今となってはうる覚えですが)こちらの小説というか原作は全然話が違いました。

    私は、原作の方が好きだなぁって感じました。

    多分、原作では家庭教師でも弟でもなく兄が主人公なんだとは思いますが、主人公じゃないってぐらいちょっと影の薄めの主人公で本作での彼を表している気がしました。...続きを読む
  • 家族ゲーム
    今の若者にひしひしとくるフレーズがあるのでは

    すばる文学賞受賞シリーズ。
    第五回の受賞は1981年12月掲載なので、もう35年前の話。

    ですが嵐の櫻井翔さん主演でドラマにしていたのはなんとなく記憶に新しい。

    優秀な僕にグズな弟、という設定が新しい・・・!と感じます。
    大体、兄弟に劣等感持ってい...続きを読む