森島小百合のレビュー一覧

  • 週末だけの花嫁
    ヒロイン14歳の時ヒーローに一目惚れ、6年後一夜を共に、数週間後…妊娠。ヒーローはすぐに結婚を口にした。
    その理由とかもなかなか良かった。家政婦さんも素敵だった。ラストの展開も好み。
  • 楽園の甘い記憶
    ロビンドナルドお得意の支配的で大富豪なヒーロー。ヒロインは婚約者と両親を相次いで亡くし、リゾートで出会ったヒーローと情事を持つが、過去を振り切れず逃げ出してしまう。そして1年半後に再会して…、の物語。
  • 情熱だけの関係 求む、妻 II
    事故でヒロインが記憶喪失になったことで契約結婚だった夫婦が愛しあう夫婦へと変わっていきます。ヒーローの愛情深さがいい
  • 愛と気づくまで
    ☆4.5
    普通のR
    プライドが高すぎて本心を見せられないヒーローがツボ。
    それに気づかず一途にヒーローを愛すヒロインも健気。

    「愛を捨てる理由」関連作
  • 復讐は愛にも似て
    叔父の会社を救うためギリシア人実業家のヒーローと便宜結婚をするヒロイン。

    ヒロインももっと素直になったり本当のことを言えよと思うけど、元々乗り気でない結婚な上、ヒーローに惹かれていることを認められなかったからこうなったのかな…
    こじれにこじれている話だった。
    しかしヒロインが飛び出さなきゃヒーロー...続きを読む
  • 偽りの愛人
    なぜヒロインと、ヒーロー義弟があんなに思わせぶりに関係を隠したのか疑問。
    兄弟であることよく考えなくても読んでりゃわかるのに、言い回しにイライラさせられる。話自体はいい感じなのだから話の持って行き方次第ですごく良くなりそうな感じがするんだけど…。
  • プリンセスの香り 古城の恋人たち III
    いつもながらドラマチックなロビン・ドナルドの作品。魅力的なプリンスに心ならずも惹かれる美しいモデルは実は国家の敵の娘だった。山あり谷ありのの恋物語。2013.7
  • 秘密のまま別れて
    いつものリン

    ただ、ヒーローがね…
    身勝手すぎて微妙
    憎んでいる(見下してもいる?)のに欲情しまくりとかついていけない
  • 愛された不思議
    自分に自信がないと相手を信じられなくなるのかな?信じられなかったためにいろいろな苦労や葛藤を抱えてしまうことになるのに・・・
  • 愛された不思議
    傲慢なヒーローに妊娠したヒロインは深く傷付けられ別居。1年後息子を楯に半端さらわれるようにヒロインは古城に連れていかれる。
    いい感じに私好みのストーリーだったけど、ラスト中盤から違和感が出て★3つにした。
    お互い自分が傷付けられてたくないから素直になれず、ますます誤解され溝が深まるのは、わかっていて...続きを読む
  • 十カ月だけの恋人
    不妊治療を受けたアンジェリーナ・キャメロンと実業家ドミニク・ピレリ。間違った受精卵が発端のHQ。アンジェリーナの離婚とか不妊治療の理由とかが曖昧のまま、スカッと何もかも解決っていう爽快感は無い。ミスター鬼畜夫キャメロンへの罰とか欲しかったかも。
  • 情熱だけの関係 求む、妻 II
    [more]見合い再婚し何不自由なく暮らすヒロインだが、事故でDV夫に殺されかけた頃ヘ記憶退行してしまい、互いへの愛に気付く
  • ティアラよりも輝く日
    ヒーローは陰謀に関与してるか調査の為とヒロインを(まだるっこしく)誘惑します。実際に関与してる弟をもっと監視したらと思う。そして終盤でいきなり愛してると告白、とっても唐突でした。
  • ティアラよりも輝く日
    普通のR
    前半、ヒーローのヒロインへの近づき方が小ズルくて好感度低
    とても「愛を知らなかったゆえに、愛に打たれた時に恐れをなした」とは思えないよー

    『愛を捨てる理由』、『愛と気づくまで』関連作
  • 愛を捨てる理由
    可もなく不可もなく。イマージュっぽいR
    過去の過ちを後悔しているヒロインがヒーローに会って前向きに生きるようになるという話。
    ヒーローは感じいいけど、ヒロインがちょっとうざい。

    「炎のドレスの誘惑」のスピン。ヒーローのタイプは炎…と似てるかも。
  • 炎のドレスの誘惑
    普通のR。ヒーローは妹の敵と付き合っているヒロインのことを最初は敵と同種の人間と捉える。その後すぐに彼女も犠牲者と気づき守ろうとする。惹かれたくないのに惹かれちゃうジレンマから守ってあげたい気分になる変化や、メロメロでヒロインを守りたくってしょうがない様子があまり描かれていなくて物足りなかった。クー...続きを読む
  • ギリシアから来た略奪者
    ジェマは、義理の姉ジャンの誕生パーティに出席していたが、ジャンに男性を紹介されるや、顔から血の気が失せ、心臓が激しく轟きだした。ルークと名乗る浅黒いハンサムな彼こそ、ギリシア旅行中に名前も知らぬままベッドをともにした相手だった。亡き夫との思い出を裏切ってしまった自分を許せず、実は既婚者だと嘘をついて...続きを読む