松田隆智のレビュー一覧

  • 拳児2

    おかえり拳ちゃん

    懐かしいですね。
    この漫画で八極拳を知った日本人は多いのではないでしょうか?

    続編が出て松田先生も喜んでいると思います。
  • 拳児2
    わいかった拳児の面影はないけどこれはいい!あの生真面目な子が飄々とした大人になってる~!!続き出るのかな~読みたいな~ワクワクした!

    はぁ~拳児いいわあ…再読したくなったわぁ。長いんだけどねえ。
  • 拳児2
    マンガ拳児の続編が出ました!
    ううー、感動です。

    拳児は私にとって三国志と並んで人生に大きな影響を
    与えてくれた本です。

    主人公の拳児の、仁義と義侠心を大切にする
    変わらぬ姿を見てとても嬉しかった。

    省みて自分は‥?
    初心少しでも取り戻さねばと励まされた気持ちに
    なりました。
  • 拳児2

    拳児ワールド

    何十年ぶりなのに、清々しさそのままのストーリー
    短いのでコッテリとした派手な展開は少ない。
    広くダラけさせず、よく纏め上げられた作品
    売るためにではなく、作りたくて作ったであろう愛着を感じる
    読んで良かった〜
  • 拳児(1)

    格闘技漫画中興の立役者

    格闘技を、拳理の視点から紹介するスタイルを確立した作品。今、読み直しても面白い。
    惜しむらくは、見開きページのスキャンが悪い。
    作品自体はオススメ。
  • 拳児(21)
    先日の原作者の松田隆智さんの他界を知って久しぶりに本棚をひっくり返して読み出しました。20年以上も前の漫画とは思えないおもしろさです。
    今でこそ八極拳も心意六合拳も知られましたが、あの当時はこの漫画が中国拳法の入門書だったとおもいます。
    渋谷に形意拳をまなんだ事をおもいだしました。
    崩拳、あまねく世...続きを読む
  • 拳児(1)
    高校の時にこれ読んで中国拳法が大好きになりました。功夫にはロマンがあります。画力があるから動きが凄く上手く綺麗で見やすい。どの編も好きですが張猛炎との戦いが一番印象的です。
  • 拳児(1)
    全20巻再読 代表1巻
    『バーチャファイター』と共に八極拳知名度普及に貢献した作品
    「中国拳法」をもっともそれっぽく(実物知らないので比較しようないからだが)描いた作品
    全体構成難あるし
    バトルもので重要な敵役がどれとっても魅力不足であるものの
    絵の説得力が偉い
  • 拳児(21)
     李書文伝。かっこいい。
     藤原先生の絵で、ダイナミズムが描けてるとは言へないのだが、
     李老師が相手と遣り合ふ際の、衒ひなく普通に相手へ入り込み拳を当てる様が、サンデーで読んだとき以来ずっと印象に残ってゐる。
     そこで語られるいろいろは多分タオの「坐忘」でいいと思ふ。
  • 拳児(1)
    最後の方が駆け足展開で残念だった。結局この作品で言いたかったテーマが作者自身答えを出せなかったという印象。
  • 拳児(4)
    高校生になった拳児は、入学早々番長に目を付けられ相撲勝負を挑まれる。その縁から、ボクシング部に誘われ助っ人として試合に出場する。今回はボクシング編と言うことで、拳法とは異なる戦い方が興味を惹いた。拳ちゃんは相変わらず爽やかだなぁ。
  • 拳児(3)
    中学生になった拳児。ひょんなことから暴走族の喧嘩に巻き込まれ、集団との戦い方や足捌きを学んで行く。拳児が、小学生の時に比べるといきなり大人っぽくなって少しさみしい。やんちゃなところが結構良かったんだが。今回は合気柔術の達人のエピソードが楽しかった。中国拳法だけでなく、色々な武術が出てくるのもこの作品...続きを読む
  • 拳児(2)
    夏休みに祖父の家に行き、拳法の修行を始める拳児。そこに太一も合流し、共に強くなろうと努力する。太一の頑張る姿がいいね。一つのことに打ち込む姿は貴い。
  • 拳児(1)
    本格的な拳法漫画。やんちゃでまっすぐな心を持った主人公の拳児が祖父から学んだ八極拳を通じて、様々な人と出会い成長する話し。
    おじいちゃんカッコいい!
  • 拳児(1)

    最終巻まで読みました。

    最終巻まで読みました...というか、昔、読んだものをあらためて読み直しました。当時、八極拳ではないですが、中国拳法(直接打撃の組み手ありの...)をやっていたこともあり参考になることも多々あったものの、巻が進むにつれ原作者の自分は天に選ばれたから正しい先生に出会って特別な拳法を学ぶ事が出来たみたいな...続きを読む
  • 拳児(21)
    本編中、ハ極拳の大家として何度も登場していた李書文についての外伝です。如何にして強く成り、それゆえの周りとの確執と末路につて語られてます。拳児本編を読み終わったあとのサイドストーリーとして読まれると良いとおもいます。
  • 拳児2

    完結って???

    続きがでないなとおもってたら表示が完結に....打ち切り? それとも初めからこれ? 尻切れトンボすぎないでしょうかね。これが星一つの理由です。