「松田隆智」おすすめ作品一覧

「松田隆智」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:松田隆智(マツダリュウチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1938年06月06日
  • 出身地:日本 / 愛知県
  • 職業:中国武術研究家

「まつだりゅうち」と読む、本名は「松田 鉦」(まつだ まさし)で「隆智」は真言宗東寺派僧侶としての法名。漫画『拳児』(作画:藤原芳秀)の原作は自伝『謎の拳法を求めて』が元になっている。著書に『図説中国武術史』、『少林拳術羅漢拳 基本から戦闘技術まで』、『松田隆智の拳遊記』などがある。空手・柔術・中国武術などの修行を積んだ武術家でもある。映画『刑事物語』で武術指導も手がけた。2013年死去。享年75歳。

作品一覧

2012/10/19更新

ユーザーレビュー

  • 拳児(1)

    格闘技漫画中興の立役者

    格闘技を、拳理の視点から紹介するスタイルを確立した作品。今、読み直しても面白い。
    惜しむらくは、見開きページのスキャンが悪い。
    作品自体はオススメ。
  • 拳児(21)
    先日の原作者の松田隆智さんの他界を知って久しぶりに本棚をひっくり返して読み出しました。20年以上も前の漫画とは思えないおもしろさです。
    今でこそ八極拳も心意六合拳も知られましたが、あの当時はこの漫画が中国拳法の入門書だったとおもいます。
    渋谷に形意拳をまなんだ事をおもいだしました。
    崩拳、あまねく世...続きを読む
  • 拳児(1)
    高校の時にこれ読んで中国拳法が大好きになりました。功夫にはロマンがあります。画力があるから動きが凄く上手く綺麗で見やすい。どの編も好きですが張猛炎との戦いが一番印象的です。
  • 拳児(1)
    全20巻再読 代表1巻
    『バーチャファイター』と共に八極拳知名度普及に貢献した作品
    「中国拳法」をもっともそれっぽく(実物知らないので比較しようないからだが)描いた作品
    全体構成難あるし
    バトルもので重要な敵役がどれとっても魅力不足であるものの
    絵の説得力が偉い
  • 拳児(21)
     李書文伝。かっこいい。
     藤原先生の絵で、ダイナミズムが描けてるとは言へないのだが、
     李老師が相手と遣り合ふ際の、衒ひなく普通に相手へ入り込み拳を当てる様が、サンデーで読んだとき以来ずっと印象に残ってゐる。
     そこで語られるいろいろは多分タオの「坐忘」でいいと思ふ。

特集