阪田寛夫のレビュー一覧

  • うるわしきあさも 阪田寛夫短篇集
    表題作は生きているということの尊さが、本当にしみじみと胸に迫る作品。
    読み終わってから出始めた涙がしばらく止まらなかった。

    死を題材にとった小説、作中に人物が死に、死ぬことで大団円に向かう小説は星の数ほどあるけれど、
    誰も死なないこの一短編よりも、命の尊さについて表現しきったものがひとつでもあるか...続きを読む