うるわしきあさも 阪田寛夫短篇集

うるわしきあさも 阪田寛夫短篇集

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「サッちゃん」「ねこふんじゃった」などで、世代を超えて愛される童謡詩人・阪田寛夫は、また、片隅のささやかな人生をあえかな情感と上質のユーモアで描く稀有なる小説家でもあった。脳溢血で倒れた作曲家の叔父の滅びゆく肉体を凝視しつつ、その内で鳴り続ける最後の音楽を哀惜こめて書き留めた表題作、ほか9篇。初期作「平城山」から遺稿「鬱の髄から天井のぞく」まで、「含羞の詩人」の知られざるペーソス溢れる、デビュー作から遺稿まで50年に亘る名品を精選。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文芸文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2019年10月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

うるわしきあさも 阪田寛夫短篇集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年02月22日

    表題作は生きているということの尊さが、本当にしみじみと胸に迫る作品。
    読み終わってから出始めた涙がしばらく止まらなかった。

    死を題材にとった小説、作中に人物が死に、死ぬことで大団円に向かう小説は星の数ほどあるけれど、
    誰も死なないこの一短編よりも、命の尊さについて表現しきったものがひとつでもあるか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています