中丸美繪のレビュー一覧

  • オーケストラ、それは我なり 朝比奈隆 四つの試練
    尊敬するマエストロ、故朝比奈隆の評伝である。

    1990年頃だったか渋谷のオーチャードホールでのブラームスチクルスは
    全曲聴いた。とりわけ第二番が宇宙的で素晴らしかった。

    本書はマエストロの生い立ちから晩年まで精髄をあますところなく
    描ききっている。たいした筆力である。

    しかし、読まずにいたほう...続きを読む
  • オーケストラ、それは我なり 朝比奈隆 四つの試練
    音大出ではないが、苦労人。指揮フルトヴェングラータイプ。よって斉藤秀雄とは対極的でライバルとされていた。録音には否定的で、ホールで連続的に表現するのが音楽であり、切りバリするために演奏するのではないと常々主張していたとのこと。音楽のためなら、人脈はフルに使え。それが支持されて活動になる。がポリシーで...続きを読む
  • オーケストラ、それは我なり 朝比奈隆 四つの試練
    日本屈指に有名な指揮者の評伝
    芸事の中で指揮者は
    生前に評価を得なければ
    形として物が残られない
    ところから役者俳優演技者に近いものがあるのかもしれない
    指揮棒を振っている背中は評価されないので
    自分が演奏していない音にどれだけ自分の名前をこすりつけられるか
    という点で
    評伝にするには興味深い題材で...続きを読む
  • オーケストラ、それは我なり 朝比奈隆 四つの試練
     楽団員が去ったホールに呼び戻され、ステージのすぐ下で拍手する聴衆に軽く頭を下げる朝比奈隆の写真を何かのきっかけで見た。そんな光景は見たことがなくて憧れた。「95歳まで舞台で上がる」と言い続けたのを初めて知った。他の国では生まれえないし、これからの日本でも決して生まれないだろうマエストロの来歴と音楽...続きを読む
  • オーケストラ、それは我なり 朝比奈隆 四つの試練
    大阪フィルの朝比奈隆の評伝。
    大阪フィルは大阪人にとっての誇りであり、文化の一つであると思うのですが、今は窮地に立たされているのは間違いないかと思います。
    大阪フィルと共に歩んで来た朝比奈隆さんの評伝は、これからの大阪フィルに大きなヒントをもたらすのではないかと思います。
  • オーケストラ、それは我なり 朝比奈隆 四つの試練
    2008年9月に文藝春秋から出た指揮者・朝比奈隆(1908-2001)の評伝の文庫化。

    朝比奈隆という日本を代表する指揮者の生涯は、とてつもなく長い。
    すでに戦前から京大オケ、大阪中央放送局オケさらには上海、ハルビンのオケと指揮者としてのキャリアをスタートさせていた。
    そして、戦後にあっては大フィ...続きを読む
  • 日本航空一期生
    表紙カバーが昔のスチュワーデスの写真だし、本編もフライトガール1期生に会うところから始まるし、著者もかつての日航スチュワーデスだし、書題も書題なのでスチュワーデス物語かと思ったら、意外と骨太な日本航空草創期の物語だった。占領下で航空関係の産業が許されないなか、何とか日本独自の航空会社をつくろうと頑張...続きを読む