杉山小弥花のレビュー一覧

  • 明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 6
    未だ江戸情緒残る御一新直後。開化の蜜を享受する者、世の変容に戸惑う者。西方より不平士族どもが不穏にざわめく。そんな時代。
    先進的開化婦人・菊乃と元隠密・清十郎の恋物語です。菊乃のトラブル体質も清十郎のネガティブ思考も変わらず。
    でもようやく清十郎の覚悟が決まったようです。恋の感情の荒波に立ち向かうっ...続きを読む
  • 明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 5
    ここまで史実を調べている少女漫画も珍しいです。明治の庶民の暮らしとか政治の流れとかよくわかります。楡さんとかもそうだけど薩摩、土佐、それぞれの方言とかかき分けが細かいです。菊野は清十郎へ好きと認識したあとの巻ですが、まだ迷いがあるので進まなーい。清十郎から動くことはたぶんないから彼女次第ですよね。
    ...続きを読む
  • 明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 5
    相変わらず字が多い。(褒め言葉)1ページの情報量多くて、読むの大変だけど、知識欲もみたせて一石二鳥。時代背景、当時の生活、流行りものなんかがドタバタ劇の合間にするすると入ってきます。
    やっぱりこの作者さん好きだなあ。
  • 明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 3
    新しい時代の開化人たらんとする菊乃も女を捨てきれず、後ろ暗い過去を持つ捻くれ者の素人童貞・清十郎は恋を知らない。
    心情を語る前に理屈を捏ねる。欲に流されずに己を省みる。合理的に考えた結果が結婚っていう飛躍が凄いなぁ。
    焦れったいです。ふたりの関係がなかなか進展しません。でもそこが面白い。
    その恋物語...続きを読む
  • 明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 4
    柘植さんの忍びらしくない一面がこれまでよりもストレートに表現された巻で若干戸惑うところもあるものの、面白かった。
    巻末収録の「冷蔵庫の中に象」もいよいよ物語は佳境に。220-284の友愛数、使ってみたいですな……(´・ω・`)
  • 明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 2
    江戸の香り色濃く残る明治初期。
    戦乱の記憶もまだ新しく、時勢にのれず戸惑う人々の姿あり、不平士族の暗躍あり。
    女学生になった菊乃と鬱屈忍者清十郎の稚拙な恋の駆け引き…というか、気になる女子をついイジメたくなっちゃう小学生男子的な??…なかなか焦れったいですね。
  • 明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 1
    商家の娘、菊乃と忍びの末裔、清十郎の恋物語を軸に、江戸から明治への変革期の渦中にある市井の人々を描いた漫画....ですかね?
    西洋文化を受け入れ時代の恩恵を享受する人、武士の矜持を捨てられず時代に取り残される人、そんな時代の熱気ともの哀しさを描こうとする意欲が感じられます。
    キャラ造形もかなり好感...続きを読む
  • 明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 1
    幕末直後文明開化直前のお話。江戸時代の男と開花された文明の女のどちらもその時代には生き辛い男女の恋愛。でもギャグテイスト。
  • 明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 1
    作者は理系なのか?
    とにかく物凄い頭のまわる人なんだろうな、という感想。
    脇役だけど、警官さんの九州弁?が非常に細かく再現されていて、方言萌えとしてはそれだけで、ご飯三杯。
  • 明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 2
    女学校生活が楽しいな!
    幕末の勢力関係で色々あるのもこの時代ならでは。

    あと絵が一巻より良くなってる気がします。特に主人公がちゃんと美人。
  • 明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 1
    面白かったです。

    待合室にあった雑誌で中途半端な回だけパラパラと見て、これはコミックスで全部読まねばとタイトルを控えて、買いに走りました。

    明治の世に変わってお役御免の忍びと、おてんばなお嬢様、主役二人組の関係がとても微笑ましい。

    個人的には薩摩出身ポリスなあの人も好きです\(^o^)/
  • 当世白浪気質 3 ~美少女こそ我が悦び~
    洒落のきいたお話でした。昭和20年代、戦後復興で政治の思惑・庶民の変化などを下敷きにしながら、すれた男と一途少女がきったはったの恋愛喜劇。

    なんだろう、面白いというよりも、独特ーという感想で…
  • 当世白浪気質 3 ~美少女こそ我が悦び~
    3巻で終わり!

    昭和20年代の混乱期のお話。

    千越(ちお)とトラの珍道中。
    トラの博学に脱帽です。
    マンガとはいえ、かなり勉強させられます。面白いです。
    途中から人の情が入ってきて物語を盛り立てる。

    お姫様な千越はステキだわ。
    村から出てきて、1巻ラスト前にて髪の毛を切る事になりま...続きを読む
  • 当世白浪気質 3 ~美少女こそ我が悦び~
    完結。陽気な(でも歪んでる)美術品泥棒・虎之助と元生神の霊感少女・千越のどたばた話。時代設定が昭和20年代東京!なのがいいです。
  • 当世白浪気質 1 ~東京アプレゲール~
    戦後日本×小悪党×美少女と好きなモノがこれだけ揃われちゃ買わない手はない。面白かったです。5話のラストにきゅーんとしました。
  • 当世白浪気質 1 ~東京アプレゲール~
    戦後の日本が舞台。神がかりな少女を生贄から救ったころから主人公の青年と少女の暮らしが始まる。主人公の青年は骨董商品ばかり狙う泥棒なんだけど骨董にまつわる事件にいろいろ巻き込まれながらもちょっとずつ二人がお互いのことを知っていくようなわからなくなっていくような。微妙な関係が楽しい漫画です。
  • 当世白浪気質 1 ~東京アプレゲール~
    こういう空気大好きデス。

    まずこの時代が好きなんです。戦争が終わって、日本にアメリカの手が入って、街が混沌としているけれど、人々は元気にその混沌を飲み込んで生き抜こうとしてるっていうのがたまらなく魅力。
  • 明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 5
    冷蔵庫の中に象が最終回。好きな話だったからもう一波乱でもうちょっと続いて欲しかったのに残念って事で星3。
    本編の方は、清十郎さまにはまだ隠された過去があるって匂わされるから続きが本当に気になる。隠された誰かって誰?この商売身分がある者はしませんってどういうこと?清十郎さまの出自はどこやねん。
  • 明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者 5
    いいコンビ。
    少し二人の距離感が変わりましたけど、いい感じ。
    清十郎様好きですが、実際付き合うとなると面倒臭そうだなぁ☆
    やっぱりこの二人だからこそ、です。
  • 当世白浪気質 2 ~美少女は悪党の愉しみ~
    タイトル買いした本。
    耽美系の印象でしたが、中身は至ってほのぼの。
    気の強い少女に大人が振り回されるのが好きな人にはオススメです。