菅直人のレビュー一覧

  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    [総理の言]未曾有の被害を引き起こした東日本大震災とそれに伴う福島原発問題の対応に当たった元首相が、当時の動きを回想した一冊です。また、脱原発を始めとする原子力、エネルギー政策に対する見解についても筆が及んでいます。著者は、第94代内閣総理大臣の菅直人。


    福島原発問題の対応に当たって、当時の総理...続きを読む
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    時の総理大臣の証言。
    事故直後の混乱の中、収束に向けて緊迫した状況が伝わってくる。
    それにしても、加藤紘一氏の仲介が実って、谷垣総裁とのサシの会談が行われていたら、入閣での協力もありえたかと思うと、残念でならない。さぞや、その後の無益な政局は煩わしかっただろうと思う。
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    官邸にアドバイスできる人がいないこと。
    そのような状況で、日頃危機管理に関して着目していないことが図らずも浮き彫りになった本だった。
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    ご本人の弁明や都合のいい解釈が含まれているでしょうから、割り引いて見なければいけないところがあるものの、当時の首相が記録に残すこと自体は一定の評価をしたいです。
    現在の日本の危機管理体制の問題点が浮かび上がっていて、その点は大変興味深かったです。分厚い報告書はちょっと読み辛いという方は、まずこの本を...続きを読む
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    3.11東日本大震災時に首相だった菅直人の直筆本です。特に地震発生時から一週間は内閣のバタバタした状況や東電とのやり取りも「事実」として臨場感たっぷりに描かれていて(言い訳じみた表現も多々ありますが…)物凄く引き込まれました。一国家の最高責任者としての行動、考えに触れられる一冊です。原発再稼働問題に...続きを読む
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    信任を失って退陣した首相の回顧録がこんなに早い時期に出版され、一般の人が読むことができるとは、良い社会だと思います。本人の主観による記述であるにしても、充分に歴史的な史料になりえるものですから、あとは我々がそこから何を学び取るか、おきてしまった事故に対して、せめて教訓となって後世に活かし、二度と同じ...続きを読む
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
     福島原発事故に対する総理大臣としての対応を時系列的にまとめたもの。一人の目で見たこと、感じたことが書かれているので、自分を弁護するような文面も見られるけど、当時の緊迫感はよく伝わってきた。”命を懸けて”とか”必死に”という言葉が頻繁に出てくるが、これほどあてはまる場面もないと思う。東京から、テレビ...続きを読む
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    管元首相の回顧録。
    3.11からの動きを当事者目線で語る。

    当時の様子がとても良くわかる書き方だった。
    もちろん、かなりのフィルターとバイアスを通した意見と味方だろうが、管さんとしても最大限の努力は払っていたことがわかった。
    特に、東電撤退、注水、ベント開放あたりはよく決断したと思う。

    SPEE...続きを読む
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    選挙の時だけ訪れる知人がやってきた、「生活の改善」を提案してきたと、信じる党の話をする。政治に無関心でないだけ、私より素敵な人だけど、「生活の改善」とは、「生活」が存在しての話だとこの本は、教えてくれる。今度の選挙には投票するよ。
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    「政治家の行動についての評価は最終的には歴史に委ねるしかない」
    という菅直人。
    地震、津波、そして原発のメルトダウンの時の総理大臣。
    その行動を、詳細に書いている。
    多分、自民党の総理では、書けないだろうなと思う。
    そういう意味では立派だが、「総理大臣」としてどうあるべきか?
    という視点で見ていると...続きを読む
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    総理大臣の視点からみた福島原発事故。想定外の事態が起きるとどういうことが起きるのか。マネージメントの点から示唆に富んでいた。
    改めて原発事故は未曾有の大災害だったのだと思った。
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    批判もあるけれど、復興はともかくとして、事故対応は、他の総理大臣だったらもっとまずかったのでは、と思うときもあった。しかしそれも、みな何らかの「情報」によるもので、たとえば斑目元原子力安全委員長の「証言」という「情報」にあたれば、菅氏は完全に悪者である。一方、ヘリからの放水を無駄だ、無知だ、という声...続きを読む
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    細野さんの本と比べると、感情が伝わってこないというか原発事故の表面だけをなぞったような薄い内容のように感じました。
    この本を読んで、その場その場での菅元総理の対応は間違ってなかったように見えました。しかし、ことさらその正しさを強調するわけでも、苦悩を語るわけでもないためこの本を読んでも菅さんという人...続きを読む
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    自己弁護的であることは否めないが、事故当時の首相である菅氏が本書を書いた意義はあると思う。驚かされるのは平和ボケし、危機管理が全く出来ていなかったこと。これは菅氏だけの責任ではなく、これまでの政権の責任が大きいと思う。
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    福島第一原発事故の時の菅さんの対応がベストだったのかは分からない。でも、やっぱりたった一回の事故で国を破滅させ、何十年も広大な範囲に立ちいる事さえできなくなるようなリスクを抱えるべきではないだろう。原発がないと本当に電力は不足するのだろうか。もし不足するとしても、むしろそれは止むを得ないのではないか...続きを読む
  • 東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと
    1章(長い)と2章はあまり良く思えなかった。「私は悪くない」と言いたそうに見えてしまって。
    事実を書いているんだろうけど、なんかね。

    しかし、3章の脱原発に関する考察は良かった。脱原発を推進しているのに、経済的な面から安易に廃炉できない点なども書かれている。
    それ以外にも、発電コストや省エネに関す...続きを読む