本田靖春のレビュー一覧

  • 誘拐
    昭和38年に発生した誘拐事件、吉展ちゃん事件を描いたノンフィクション。加害者の暗い過去など時代背景、高度成長期の影の部分がリアルな力作。

    東京オリンピックの直前の台東区入谷で発生した4歳男児の誘拐事件。警察の不手際により身代金50万円は奪われ事件は迷宮入りの様相。だが伝説の刑事平塚八兵衛らの執念の...続きを読む
  • 誘拐
    "私がまだ生まれる前、昭和38年に起こった誘拐事件。その真相に迫るノンフィクションの傑作。最後のページまで緊張感が続き、被害者、加害者、関係者、この事件に関わる全ての登場人物との距離感も絶妙。
    著者の綿密な取材、苦労とともに、書き手の文書力がなければ本作品は成り立たない。

    吉展さんのご冥福を祈り、...続きを読む
  • 誘拐
    事件ノンフィクションの古典。

    時代と言ってしまうとそれまでだが、
    戦後に起きたとても悲しい物語。(108)

    [more]
    (目次)

    発端
    展開
    捜査
    アリバイ
    自供
    遺書
  • 誘拐
    1963年に起きた「事件」である
    その次の年が「東京オリムピック」、
    高度成長期に差しかかかり始めた時代の
    「明」と「暗」を象徴している事柄である

    あれから半世紀以上経とうとしているが
    果たして、庶民の置かれている状況は
    どうなっているだろう…
    あの時代には存在しなかった
    携帯電話が普及し、イン...続きを読む
  • 誘拐
    ものすごく、面白かったです。
    文庫本368頁。
    誘拐殺人の実話なので、面白え、っていうのも若干、申し訳ない気持ちがするのですが。
    とにかく読み物としてオモシロカッタ。
    頁をめくる手が止まりませんでした(電子書籍でしたけど)。

    ノンフィクションです。
    1963年に東京都で起きた「吉展ちゃん(よしのぶ...続きを読む
  • 誘拐
    よしのぶちゃん誘拐事件をリアルに追ったルポ。なんでこんなにハラハラするんでしょうねえ。感情のはめ込み具合が絶妙なんだなあ。
  • 誘拐
    怖い…。犯人が(いつ見つかるか…いつ見つかるか…)と戦々恐々としながら2年半の逃走を続ける様が『罪と罰』を読んでいたときのドキドキ感に似ている。事件が解決してもすっきりするものが何もない読後感…。この本をもとにした番組が放送されたあとの被害者の両親のコメントに、少し救われた気がしました。
    戦後高度成...続きを読む
  • 誘拐
    貧困による悲惨な生育環境や絶えず虐げられた状況にある人々にあって、犯罪に走る者と踏みとどまる者との差はどこのあるのだろうか、そんなことを考えさせられました。犯人小原保は別件逮捕による取り調べでは徹底的に否認を続けていましたが、最後は老練な部長刑事によってアリバイが崩され営利誘拐を自白します。自白前と...続きを読む
  • 誘拐
    吉展ちゃん事件については、
    以前にテレビ番組でとりあげられていたので、
    大筋については知っていたが、
    被害者や加害者とその周辺の人々、警察の動静、当時の社会情勢が、
    画面で見たよりも圧倒的な現実感をもって肉迫し興味深かった。

    テレビ番組と書籍の情報量の違いなのか、
    人間の想像力の成すところなのか、...続きを読む
  • 誘拐
    結末もわかっているし単純な筋書きなんだけど、なぜか引き込まれるんだよね。カポーティの冷血とかに似た雰囲気。
  • 誘拐
    優しい。ジャーナリズムの本質って、こういう優しさなんだと思います。社会においていかれてしまう人に目を向けるという優しさ。短期間でこれだけの取材をしたこともすごい。
  • 誘拐
    「吉展ちゃん誘拐殺害事件」の発生は僕が生まれる約10年前。2014年の日本に暮らす身からすれば2004年はさほど遠い昔とは感じられないが、この本で描かれる1963年の世相や風景は僕の子供時代と余りに異なる。今更ながら高度成長期の時間の濃密さにたじろぐ。

    事件発生から犯人・小原保の刑死まで、時系列を...続きを読む
  • 誘拐
    吉展ちゃんのお墓は自宅から徒歩10分であり、事件の舞台も近所であることから、時代を超えて非常に生々しいものに感じた。旧作で、警察の捜査方法などもさすがに時代を感じさせるが、それでもリアリティを感じさせるのは筆力だと思う。まるでハードボイルドのような淡々とした語り口が暗い世相と犯人の悲惨な生涯を強く印...続きを読む
  • 誘拐
    素晴らしいノンフィクションの傑作。吉展ちゃん誘拐事件。東北出身の犯人の哀しい人生。容疑者として追い詰めながらも捕まえられない警察。その失態も不可解。警察、被害者の両親、特に犯人の人生を浮き彫りにした構成は読み応えがある。
  • 誘拐
    吉展ちゃん事件については、元東京新聞記者により比較的最近に出版された「誘拐捜査」を先に読んでいた。この作品のほうが同テーマを扱ったものとしては先行かつ有名。両作品のアウトラインは当たり前だが似通っている。こちらの方が、犯人である小原保に関する叙述が、生い立ちや自白後の顛末など多い印象。逆に捜査陣の内...続きを読む
  • 誘拐
    なんとなく事件名は知っていたものの詳細は全く知らない状態で読み始めた本作。読みやすく読み応えのあるノンフィクション。
  • 誘拐
    まだ営利誘拐に慣れていない時代。ノウハウ持たぬ捜査陣のあたふたぶりがよく分かる。終盤、昭和の名刑事と犯人の直接対決場面が見どころ。
  • 誘拐
    被害者、加害者、捜査の裏側等、色んな角度からの状況が書かれているのが面白かった。
    戦後直後の捜査状況等が分かるのも面白い。
  • 誘拐
     かつて、吉展ちゃん誘拐殺人事件という事件があったことを知っている。
     しかしながら、それがどのような事件かについてはほとんどを知らない。

     この本を読んで、どんな感想を言えばいいのか、適当な言葉が思いつかない。
     ただ、読んだことのない人には読んで欲しいと言いたい。
  • 誘拐
    ノンフィクションである。
    最初は知らずに読んで、嫌に本編からかけ離れた、周辺人物の兄弟紹介や描写が入るので読みづらいなと思ったが、ノンフィクションと知ってからはそのような情報も貴重な資料だなと興味を持って読んだ。
    戦後まもなく、オリンピックの前誘拐事件が起こり、容疑者を絞り込むも、犯人と断定が出来ず...続きを読む