本田靖春の一覧

「本田靖春」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/24更新

ユーザーレビュー

  • 誘拐
     東京オリンピック開催の前年に発生した「吉展ちゃん誘拐事件」。警察にとっては度重なる初動捜査のミスによる痛恨の「大失態事件」。
     正直、あまり期待せずにページをめくったのだが…。読みだしたら止まらない。途中で止められなくなり、一気に読んだ。綿密な調査に基づいた臨場感、犯人の生い立ちに肉薄する人物像の...続きを読む
  • 誘拐
    "私がまだ生まれる前、昭和38年に起こった誘拐事件。その真相に迫るノンフィクションの傑作。最後のページまで緊張感が続き、被害者、加害者、関係者、この事件に関わる全ての登場人物との距離感も絶妙。
    著者の綿密な取材、苦労とともに、書き手の文書力がなければ本作品は成り立たない。

    吉展さんのご冥福を祈り、...続きを読む
  • 誘拐
    事件ノンフィクションの古典。

    時代と言ってしまうとそれまでだが、
    戦後に起きたとても悲しい物語。(108)

    [more]
    (目次)

    発端
    展開
    捜査
    アリバイ
    自供
    遺書
  • 誘拐
    1963年に起きた「事件」である
    その次の年が「東京オリムピック」、
    高度成長期に差しかかかり始めた時代の
    「明」と「暗」を象徴している事柄である

    あれから半世紀以上経とうとしているが
    果たして、庶民の置かれている状況は
    どうなっているだろう…
    あの時代には存在しなかった
    携帯電話が普及し、イン...続きを読む
  • 誘拐
    ものすごく、面白かったです。
    文庫本368頁。
    誘拐殺人の実話なので、面白え、っていうのも若干、申し訳ない気持ちがするのですが。
    とにかく読み物としてオモシロカッタ。
    頁をめくる手が止まりませんでした(電子書籍でしたけど)。

    ノンフィクションです。
    1963年に東京都で起きた「吉展ちゃん(よしのぶ...続きを読む

特集