老いる自分をゆるしてあげる。

老いる自分をゆるしてあげる。

作者名 :
通常価格 617円 (561円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

誰にも平等に訪れる老化。なのに目をそむけたくなるのは、その仕組みを知らないから。骨、筋肉、細胞で起きること、脳と感情と性格の変化、生殖機能がなくなっても生き続ける意味――。実は、老化は人間を新しいステージに連れていくプログラム。止められなくとも、ゆっくりにする方法はある! 変わる自分のカラダが愛しくなるコミックエッセイ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2021年08月05日
紙の本の発売
2021年08月
サイズ(目安)
33MB

老いる自分をゆるしてあげる。 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月27日

    「のうだま」でも思いましたが、とてもわかりやすい。

    「アクティブエンパシー」という言葉を知らなかったので、自分がすぐ泣くのは前頭葉の衰えで感情コントロールが出来なくなったからだと思ってました。
    とにかく、運動しなければ!です。それから好奇心を大切にします!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

幻冬舎文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング